FC2ブログ

FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター
・日本のワインを愛する会

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


旅行嫌いの私ですが、片道4時間を掛けて八ヶ岳までイベントに出掛けました。私が敬愛してやまない「ウスケボーイズ」のひとり、ボウペイサージュの岡本英史氏にお会いするためです。

ディーゼル車

北陸新幹線の佐久平で乗り換えて、JR小梅線の野辺山駅へ。うん十年振りにディーゼル車に乗りました。

野辺山駅

イベント会場の最寄り駅である野辺山は、JR線で最も標高の高い駅です。線路の沿線には山が見えて川が流れ、高原野菜の名産地でもあるので、車窓からは広いキャベツ畑も見えたりと実に素敵な景色でした。

標高

野辺山駅からは送迎バスで、会場の八ヶ岳ヒュッテへ。向かう車中、私は嬉しくて嬉しくて、感極まって泣き出しそうでした。こんな非日常の世界へ。

ヒュッテ

続きを読む »

スポンサーサイト



所用で都内に伺って、久々にこのお店を来訪。夏場は季節限定の冷やし担々麺もありますが、私の好みはレモンそば。

外観

ちょっとピンボケですが、お店は昭和レトロそのものの異空間です。入口の扉を開ければタイムスリップできます。

冷やし担々麺

ありふれた街の中華屋さんと思ってはいけません。総じてお値段は場所柄お高めですが、ユニークなメニューもあります。

椎茸丼

中華のお店はドライ系のビールを置く所が多いのですが、このお店は昭和時代を彷彿とさせるキリンビールがメイン。但し、この秋は季節商品の「秋味」を前面に押し出しています。コンビニやスーパーではよく見掛けますが、飲食店ではレアかも。

秋味

続きを読む »

牛骨らぁ麺の超人気店『マタドール』に行きました。

看板

看板には「みそ専門店」とありますが、実は塩味もあります。

メニュー

夏季限定の冷やしもあります。

冷やし

続きを読む »

新橋駅前のSL広場で開催された「ふくしま酒まつり」に行ってきました。福島県は、全国新酒鑑評会で金賞受賞数を7年連続日本一で受賞している酒どころです。

ポスター

ふくしまの52酒蔵の美酒とおいしいおつまみが用意されています。

52蔵

唎酒師の資格を持つ芸能人の方も参加して、特設ステージでイベントを盛り上げます!

イベント

幸い天候にも恵まれて、イベントのオープン前から大勢の人が集まって大盛況です。

続きを読む »

先日、常磐線の佐貫駅前の路麺店で初遭遇した「龍ヶ崎コロッケ」。同駅には、構内に「コロッケMAP」が掲示されています。
コロッケMAP

龍ヶ崎市民の熱愛グルメであるそのコロッケが自宅近くのスーパーで、冷凍食品で売られていたので購入してみました。

冷凍

地元の高橋肉店が製造元のようで、豚トロコロッケ、常陸牛コロッケ、おコメのクリームコロッケなどのバリエーションがあるようです。繁華街ではないのに、多い時には1日に1000個も売れるというから驚きです。

裏ラベル

続きを読む »

外観

塩ダレのつゆを出す蕎麦の専門店に行きました。蕎麦は一般的には正油味か胡麻だれですが、珍しい塩味のつゆで食べさせるお店です。私は塩も蕎麦も好きなので、これは猫にマタタビ状態。以前に池袋店に行ったことがあります。

説明

珍しい塩味の上に、つなぎを使わない十割蕎麦です。

にんにら

卓上には、普通の蕎麦屋では見掛けない調味料が。もうひとつ「かつお塩」なる物も。

かつお塩

続きを読む »

私は20代の頃に近くに勤務していて、当時は毎日のように通っていました。その後に転勤して以来うん十年振りの訪問です。昔のままの場所で、昔のままの店構えで存在していました。まるで、タイムスリップしたかのよう。

外観

ランチメニューは、お得なセット物が多し。

メニュー

店舗側面のテイクアウトコーナーも昔のままです。

テイクアウト

続きを読む »

所用で柏に行き、このお店に寄りました。目に止まったのが「冷やし煮干しそば」。私は暑くても冷やし中華や、つけめんは好みではなく、あくまでスープヌードルとしてのラーメンが好きなんです。

外観

最近は「家系」を始めとして豚骨ラーメンや「濃厚」なスープを売りにするおお店が多いのですが、私は東京で生まれ育ったので、サッパリ系が好みです。煮干しラーメンのお店は、なぜ濃厚を謳うお店が多いのでしょうか?過ぎたるは及ばざるが如し。

煮干し

こちらのお店では、いわしと飛魚(アゴ)のダブル使い。当然の事ながら動物系の出汁がメインでしょう。魚系の出汁として鰹節とは違うテイストをプラスします。

続きを読む »

再び佐貫に所用があり、しかも早朝に出向くことになったので、朝食に「絶品たまごかけご飯」にトライしてみることに。青唐辛子を漬け込んだ自家製ダレというのが、辛い物好きの私としては気になります。

やみつき

これが自家製の特製ダレです。そうか、只の醤油ではなく、蕎麦つゆに使う返しに青唐辛子を漬け込んでいるようです。

特製ダレ

蕎麦が少なめの朝食セットや普通サイズの蕎麦セットもありますが、卵かけご飯単品をチョイス。サイドメニュー的な感じかな?

続きを読む »

所用があって常磐線の佐貫駅前の路面店に初入店。都内の駅構内・駅前の店はNRE系の店に席巻されてしまいましたが、このお店は店構えからして明らかに異なり、しかも「自家製麺」の表示があります。

外観

自家製麺に加えて、卵かけご飯が看板メニューらしい。

TKG

ねこぶだし?+青唐辛子醤油漬け!「何じゃ、こりゃ〜!」。

二つ

蕎麦のライナップはこちら。

蕎麦メニュー

蕎麦

これは只事ではない。

ばら天

続きを読む »

定年退職を迎えて東京から離れることになったので、通い慣れているこちらのお店へ。旧店名は『大平庵』で、今も入り口上の看板は以前のまま。改名前から長年お世話になりました。

店構え

まずはビール。グラスがキンキンに冷やされています。ビールをうんと冷やして飲むのは、日本人とアメリカ人だけと言われており、常温で飲む国も珍しくない。冷やし過ぎると香りや味覚が鈍くなります。

ビール

お通しに少量の枝豆が出されました。

続きを読む »

正面

今年6月26日の開店。あの有名店のAFURIが辛麺に特化したお店をオープン。事前に開店の情報はキャッチしていたものの人気店だけに行列を警戒して、ようやくの訪問。12時前に着店して幸いにすぐに入れました。

内観

看板メニューは「柚子辛紅らーめん」のようですが、この日は胡麻味の欲求が強くて「担々麺」をチョイス。後で気付いたことですが、「柚子辛紅らーめん」なら辛さが10段階で選べます。価格はいずれも1,000円前後と高めの価格。

メニュー

客席のレイアウトは、厨房をぐるりと取り囲んだカウンター咳のみで10席ほど。

内観

ラーメン店らしからぬオシャレな内装ですが、BGMがガンガン掛かっていて、個人的にはうるさい。若者がターゲットなのだろうが、逆にJAZZでも静かに流せば良いのになと思う。

続きを読む »

久し振りの訪問。餃子中心のチェーン店としては「餃子の王将」などが有名ですが、「ぎょうざの満州」は新所沢に本店があり、西武線沿線を軸としたローカル色の濃いチェーン店ですが、関西にも店舗を展開しています。店舗は全て直営店で、フランチャイズ制を敷いていないのが特徴。

満州


「餃子の王将」が国産素材に注力していることに対抗してか、「ぎょうざの満州」でも国産の材料にシフト。国産の小麦や国産の豚肉を使用。低コスト至上主義ではなく、安心安全を企業メリットとして訴求する。

変わった


続きを読む »

代々木上原の本店には何度か伺った事があります。六本木店は今年4月13日、けやき坂通りにオープン。本店ゆずりの大きな暖簾が掛かり、雰囲気は似ています。

外観

季節メニューは、こちら。まだ梅雨も開けていませんが、夏向きのメニューですね。

季節メニュー

昼の訪問でしたが、瓶ビールを注文。毎日が日曜日になり、時間に関係なく飲めるようになりました。

黒ラベル

続きを読む »

前から気になっていたいた焼肉店ですが、週末などはいつも長蛇の列なので今まで入店の機会がありませんでした。平日の12時前に到着して、ようやく入れました。

看板

1頭買いという焼肉店は他にもありますが、「信州牛」の文字が気になります。

信州牛

信州のりんごを食べて育った牛だそうです。

信州牛生産販売協議会
http://www.shinshugyu.net/

続きを読む »

急に沖縄そばが食べたくなって、同店を訪れました。お店の場所は西武池袋線の江古田駅近く。日大芸術学部の正門前です。

外観

ランチメニューはこちら。

ランチ

続きを読む »

千葉県市川市に在る千葉商科大学がクラウドファンディングを通じて取り組んでいる「CUC100ワインプロジェクト」のリターンとして開催されたガーデンパーティーに出席させていただきました。

案内板

この大学は、ソーラーパネルによる再生可能エネルギーの日本初となる「自然エネルギー100%大学」を達成。それを活かした学生発案による複数の地域貢献プロジェクトを進行中。そのひとつが学園内の敷地でブドウを栽培してワインを作ろうというユニークな企画です。

プロジェクトの説明に続いて、担当教授・学長・醸造担当会社の講演がありました。

続きを読む »

以前から気になっていた羊肉の専門店を訪問しました。羊肉=ジンギスカンというイメージがありますが、このお店のメニューは実に多彩で、羊肉を使った麺類もあります。これなら1人でも気軽に伺えます。

辰

羊肉はクセがあって、食べ慣れていない方は「嫌い」という人も多いのですが、欧米では牛肉以上に上等とされ、外国からの来賓を迎える宮中の晩餐会でも羊肉が度々使われています。現在は、第3次ジンギスカンブームとも言われています。

メニューボード

続きを読む »

数年前にTV番組のいきなり黄金伝説「激せま三ッ星店」として、私の企画でご紹介した庶民派天ぷらの超人気店「天すけ」に行きました。ランチタイムは、開店前からいつも行列が出来ています。

外観

開店時刻になって行列の後尾から入店しましたが、案内されたのはカウンターの一番端、三角形の激せま席です!

激せま席

平日の昼間からビールを注文。それが許される立場になりました。

ランチメニュー

このお店の看板商品が玉子の天ぷら。玉子天丼、玉子ランチが大人気です。天丼は玉子の天ぷらだけが丼に載り、他の具材は随時揚げ立てを別盛りで提供します。今回は玉子抜きのBランチを。

続きを読む »

6月27日まで開催中のイベントに行って来ました。日本各地の地酒日本ワイン、それに合うおつまみが一堂に会しています。呑んべいには何とも魅力的な企画です。

ポスター

催事場の入口には呼び水のように、こんな展示が。

微発泡

古酒

いやはや、あれもこれも飲みたし。

低アルコール

続きを読む »

たまたま百貨店のレストラン街に入っているこのお店のメニューに目が止まりました。えっ、ビーガンらあめん❗️
九州じょんがらと言えば豚骨ラーメンの有名店。私は根っからの関東人なので、豚骨ラーメンは苦手。若い頃に試しに一度行ったきりです。

入口

私がこのお店を初めて認識したのは、1993年に開店した原宿店です。もう30年近く前になります。それ以来、てっきり豚骨ラーメンの専門店とだと思っていましたが、最近では関東風の「東京ラーメン」や「ビーガンらあめん」などメニューの幅を広げているようです。

看板

東京ラーメンまであるのは驚きです。

東京ラーメン

続きを読む »

川むらは、明治5年創業の都内でも屈指の老舗。以前は、神田まつやのような趣のある木造の店舗だったが、数年前に以前の趣を残しつつ建て替えられた。この日は雨降りだったので、外観写真は撮れず。

内観

建て替え前よりもゆったりとしたテーブル配置になり、調度品が新調された。谷中墓地の真ん前に在り、いわゆる門前蕎麦屋であり、週末には墓参の客で行列が出来る繁盛ぶりだ。

品書き

品書きは、メニューブック以外に壁に掲げられた木札がおなじみ。季節の素材を使った限定メニューや天ぷら系が秀逸だ。

木札

続きを読む »

5/26にオープンしたばかりの馬肉料理の居酒屋さんに行きました。馬肉は刺身やユッケなど生食で提供するお店が多いのですが、このお店は馬肉を使った料理のバリエーションが実に豊富です。

外観

目玉商品が、黒板に書かれている「10円馬唐」!(1人1皿限定)

黒板

席に案内されて、まずは瓶ビール。珍しくキリンのクラシックラガーだ。

ビール

続きを読む »

更科の総本店に伺いました。週末には行列が出来る人気店ですが、時間が自由になったので平日の昼時に訪問できました。

外観

まずは瓶ビール。生ビールではなくて、私は瓶派。瓶ビールは開栓するまで工場から出荷したベストな状態がキープされる。しかもビールは注ぎ具合、泡の立ち方で味が変わってしまう。機械や他人に任す気にはなれない。

瓶ビール

つまみは、あれこれ考えた末に蕎麦屋では欠かせない具材でもある「板わさ」に。このお店では刻み海苔付き。

板わさ

続きを読む »

練馬駅近くで、偶然に日本ワインの専門店を発見しました。この近辺では居酒屋は数多くありますが、ワインバルは少なく、特に日本ワインを扱っているお店はほとんどありません。

外観

日本ワインのみとは、思い切った選択です。私的にはとても嬉しいのですが。

日本のみ

ちょい飲み

ワインに合いそうなおつまみも各種用意されているようです。これは結構!

おつまみ

続きを読む »

無性にとんかつが食べたくなって、こちらのお店へ。ブランド豚を生産している平田牧場の直営店です。

外観

ランチタイムに訪問。えっ、ランチタイムに希少な金華豚ですか!

金華豚

金華豚は、三元豚と並ぶ平田牧場のブランド豚です。三元豚は、3種類の純粋豚を掛け合わせた良い所取り。一方の金華豚は「幻の豚」とも呼ばれる中国浙江省金華地区原産の希少な最高品種で、世界三大ハムの一つに数えられる中華の「金華ハム」の原料豚として知られています。

三元豚



続きを読む »

どぜう料理の老舗を訪問。冬場に行く機会がなくて季節メニューの「なまず」を食べられなかったのが残念。どぜうは、鰻以上のスタミナ食だという。魚体が小さいから骨ごと食べられるし、どうしても骨が嫌いな方には「骨ぬき」もある。

白暖簾

時間を自由に使えるようになったので、昼下がりの空いている時間帯に訪問。週末には行列が出来る。外国人の来客も増えている。

品書き

続きを読む »

今月は定年退職を控えて、有休消化に入りました。週末は雨の日でも行列が出来る人気店で、平日の空いている時間帯に昼酒を楽しむのが長年の夢でした。

暖簾

店内は、およそ5割以下と思える状態でガラガラ。まずはビール。大中小のサイズがあり、大瓶はサッポロの赤星だ。

赤星

いつものように、お通しはおなじみの自家製の蕎麦味噌。これだけでお銚子の1本くらいは飲める。

続きを読む »

来月に定年退職を迎えることになり、行き付けのお店へご挨拶。今年になってから他の会社へ週何日か派遣業務で田町に通っていました。最近オープンした副業施設「ムスブ」のレストラン街に入っています。都内に数店舗があり、雰囲気は昭和レトロなノスタルジックな大衆酒場です。

看板

この大きな商業施設とオフィスを備えた複合ビルに大衆酒場の同店が入居したことは驚きでした。
「ちょっと、イメージが違うかな?」と。

提灯

場所柄、営業は夜だけでなくランチも出しています。

続きを読む »

自分の中では数ヶ月振りの訪問かと思いきや連休中の休業で振られたこともあり、実に1年以上も入店していませんでした。このお店は、季節の素材を使った天ぷらが秀逸です。

白暖簾

この日の旬の食材は鮎。稚鮎か大振りな1本物か?

鮎天

最近は水も出さないお店が増える中で、嬉しい温かいそば茶。

そば茶

野菜がメインの天ぷらもあり。

茄子

続きを読む »


Powered by FC2 Blog