FC2ブログ

FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター
・日本のワインを愛する会

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


所用で都内に伺って、久々にこのお店を来訪。夏場は季節限定の冷やし担々麺もありますが、私の好みはレモンそば。

外観

ちょっとピンボケですが、お店は昭和レトロそのものの異空間です。入口の扉を開ければタイムスリップできます。

冷やし担々麺

ありふれた街の中華屋さんと思ってはいけません。総じてお値段は場所柄お高めですが、ユニークなメニューもあります。

椎茸丼

中華のお店はドライ系のビールを置く所が多いのですが、このお店は昭和時代を彷彿とさせるキリンビールがメイン。但し、この秋は季節商品の「秋味」を前面に押し出しています。コンビニやスーパーではよく見掛けますが、飲食店ではレアかも。

秋味

続きを読む »

スポンサーサイト



牛骨らぁ麺の超人気店『マタドール』に行きました。

看板

看板には「みそ専門店」とありますが、実は塩味もあります。

メニュー

夏季限定の冷やしもあります。

冷やし

続きを読む »

私は20代の頃に近くに勤務していて、当時は毎日のように通っていました。その後に転勤して以来うん十年振りの訪問です。昔のままの場所で、昔のままの店構えで存在していました。まるで、タイムスリップしたかのよう。

外観

ランチメニューは、お得なセット物が多し。

メニュー

店舗側面のテイクアウトコーナーも昔のままです。

テイクアウト

続きを読む »

所用で柏に行き、このお店に寄りました。目に止まったのが「冷やし煮干しそば」。私は暑くても冷やし中華や、つけめんは好みではなく、あくまでスープヌードルとしてのラーメンが好きなんです。

外観

最近は「家系」を始めとして豚骨ラーメンや「濃厚」なスープを売りにするおお店が多いのですが、私は東京で生まれ育ったので、サッパリ系が好みです。煮干しラーメンのお店は、なぜ濃厚を謳うお店が多いのでしょうか?過ぎたるは及ばざるが如し。

煮干し

こちらのお店では、いわしと飛魚(アゴ)のダブル使い。当然の事ながら動物系の出汁がメインでしょう。魚系の出汁として鰹節とは違うテイストをプラスします。

続きを読む »

正面

今年6月26日の開店。あの有名店のAFURIが辛麺に特化したお店をオープン。事前に開店の情報はキャッチしていたものの人気店だけに行列を警戒して、ようやくの訪問。12時前に着店して幸いにすぐに入れました。

内観

看板メニューは「柚子辛紅らーめん」のようですが、この日は胡麻味の欲求が強くて「担々麺」をチョイス。後で気付いたことですが、「柚子辛紅らーめん」なら辛さが10段階で選べます。価格はいずれも1,000円前後と高めの価格。

メニュー

客席のレイアウトは、厨房をぐるりと取り囲んだカウンター咳のみで10席ほど。

内観

ラーメン店らしからぬオシャレな内装ですが、BGMがガンガン掛かっていて、個人的にはうるさい。若者がターゲットなのだろうが、逆にJAZZでも静かに流せば良いのになと思う。

続きを読む »

久し振りの訪問。餃子中心のチェーン店としては「餃子の王将」などが有名ですが、「ぎょうざの満州」は新所沢に本店があり、西武線沿線を軸としたローカル色の濃いチェーン店ですが、関西にも店舗を展開しています。店舗は全て直営店で、フランチャイズ制を敷いていないのが特徴。

満州


「餃子の王将」が国産素材に注力していることに対抗してか、「ぎょうざの満州」でも国産の材料にシフト。国産の小麦や国産の豚肉を使用。低コスト至上主義ではなく、安心安全を企業メリットとして訴求する。

変わった


続きを読む »

たまたま百貨店のレストラン街に入っているこのお店のメニューに目が止まりました。えっ、ビーガンらあめん❗️
九州じょんがらと言えば豚骨ラーメンの有名店。私は根っからの関東人なので、豚骨ラーメンは苦手。若い頃に試しに一度行ったきりです。

入口

私がこのお店を初めて認識したのは、1993年に開店した原宿店です。もう30年近く前になります。それ以来、てっきり豚骨ラーメンの専門店とだと思っていましたが、最近では関東風の「東京ラーメン」や「ビーガンらあめん」などメニューの幅を広げているようです。

看板

東京ラーメンまであるのは驚きです。

東京ラーメン

続きを読む »

最近、餃子をメインとしたお店は増えていますが、焼売をメインとしたお店は珍しい。私は、焼売が大好きなんです。

看板

焼売は専門店らしく、6種類が用意されています。

焼売

焼売の他に単品料理や定食、麺類もあります。

料理

続きを読む »

目的の蕎麦店に振られて、こちらのお店に。以前からお店の前は何度も通っていましたが、白湯系は苦手で入店していませんでしたが、期間限定で清湯スープの案内が出ていたので入りました。

外観

野方と言えば、かの有名店の『野方ホープ』を始めとして駅周辺はラーメン店、チェーン店、中華料理店がひしめく激戦区です。

淡麗

通常メニュー

続きを読む »

カップラーメンにもなって気になっていた蘭州牛肉麺のお店に行きました。一般的なラーメンは、豚骨やチャーシューなど豚肉を使いますが、蘭州牛肉麺はスープにも具にも牛肉を使っています。イメージ的にはスープはベトナム麺のフォーを連想させますが、麺はライスヌードルではありません。

外観

初訪問ですが、中華系のお店としては珍しく「赤星」がありました。

赤星

麺の種類は、極細から幅広まで6種類が用意されています。

麺

続きを読む »

牛丼の松屋が運営する同店を訪問しました。1Fには同チェーンが経営する回転すしの「すし松」もあります。松屋は牛丼の専門店だけでなく、多業態の外食産業を目指しているようです。

外観

調味料を吟味し、麺はラーメン業界で信頼が厚い三河屋製麺を使用。

こだわり


続きを読む »

六本木ヒルズのイベントに参加する前に腹ごしらえ。蕎麦の更科堀井を目指したのですが、既に店の外まで行列が出来ており、時間の余裕がなかったので近くのこのお店へ。何度もお店の前は通ったことがあるのですが、中華系とは知りませんでした。

外観

案内

ランチメニューが出ていました。いずれも1,000円オーバーですが、セットになっているので内容は充実していそうです。

ランチ

続きを読む »

外観

今月11月19日に開店したばかり。鶏でも豚骨でもない、鴨をメインの食材にしたラーメン屋さんです。メニューは「鴨ラーメン」と「鴨チャーシューめん」のみで、麺の量で、並・中・大があります。アルコールはなし。

立て看板

鴨

ゆず大好きです。日本蕎麦の鴨南蛮にも欠かせませんね。柚子胡椒や柚子入りの七味も美味しい。

ゆず

続きを読む »

無性に餃子が食べたくなってランチタイムに訪問しました。

外観

ランチメニューはこちら。定食も餃子付きのセット選びたくなりますが、皮が小麦粉なので炭水化物ダブルですね。中国人に聞いた話では、ピザと同様に餃子は主食なので、ライスとのセットはあり得ないそうです。ちなみに関東人は汁物代わりにラーメンライスは定番ですが、焼きそばライスはあり得ません。

ランチメニュー

このお店のキャッチフレーズは「餃子とビールは文化です!」。瓶ビールはないので生ビールを注文。プレモルです。

プレモル

続きを読む »

久し振りのラーメン店訪問です。小麦アレルギーになったわけではありませんが、日本は小麦のほとんどを輸入小麦に頼っており、遺伝子組み替え作物は極力口にしたくないという理由で、一時はビールさえ控えていたほどです。

でも、どうしても味わってみたいお店の情報をキャッチ。麺はは「純手打ち」で、スープは塩味のみだという。日本蕎麦の新店は手打ちが当たり前ですが、ラーメン店では機械打ちの自家製麺ですら珍しく、手打ちは稀有。コストや時間的な制約が関係しているのだと思われます。

置き看板

外観

続きを読む »

数年前から私は糖質ダイエット&グルテンフリー食を実践していて、大好きなラーメンもパスタもずっと控えて来ましたが、テレビ番組で実に魅力的なラーメン店を知って、どうしても訪問したくなりました。

そのお店のテーマは燻製。麺も具も調味料までも燻製にしています。スモークサーモンやいぶりがっこなど燻製食材が嫌いでなかった私は興味深々。個々の食材ではなく、トータルのラーメンとしてはどんなバランスに仕上がっているのか?

外観

ランチ

燻製



続きを読む »

先日、そば屋2軒に振られて偶然に店の近くを通りかかりました。最近はやたら派手な看板を出している店が多い中で、まるで寿司屋ような清楚な店構え。

店頭の提灯には「支那そば」と書かれており、更に品書きには「煮干し支那そば」となっています。どうやらサッパリ系と踏んで暖簾をくぐりました。

入口

品書き

続きを読む »

1月3日。まだ営業を開始している店が少なく、チェーン店に足を運びました。
気になっていた「新日本ラーメン」を味わうために。

餃子の王将では、2014年10月に餃子・麺の国産化に踏み切っていました。
http://www.ohsho.co.jp/ingredient/141008production_info.html

日本は小麦粉の消費量のほとんどを輸入に頼っており、その主要生産国はアメリカで、ほとんどが遺伝子組み換え作物です。日本国内では商業的な栽培は禁じられていますが、パンやラーメンなど実際に口にしている小麦製品は遺伝子組み換え作物というのが実態です。

新日本ラーメン

餃子の王将では、チェーン店として「安い・うまい」だけではなく、安心・安全を利用者に訴求しています。

続きを読む »

関東でも梅雨が明けましたね。昼間は耐えられないくらい暑い。
北海道ラーメンの店の前を通ったら、冷やしつけめんのメニューに誘われて入りました。

店構え

冷やし

続きを読む »

馴染みの同店で、春期限定メニューの「ゴマらは」を食べました。

いつもと同様、店頭にはジャマイカ国旗が風にたなびき、店内はレゲエのBGMが流されています。何ともユニークなラーメン屋さん。

店構え

つけめんバージョンやラーメン店としてはユニークな豆腐のトッピングも用意されています。

ゴマらは

続きを読む »

数日前に訪問。小龍包の専門店として有名なこの店は、1997年に台湾の台北市で最初の店を開店。日本では2005年に恵比寿に日本1号店を開店。現在は東京や川崎などに9店舗を展開。今後も年に1店舗のペースで出店する予定だという。

コンセプトはずばり「小龍包カフェ」。美味しくて、カジュアルな雰囲気を目指しているという。

お茶

注文は、ご自慢の小龍包と坦々麺のセット。冷たいお茶のポットサービスと小龍包用の生姜が出される。中華系の店では、高級店はお茶はサービスで出される事が多い。料理のお値段は多少高めでも、インテリアやサービスでの満足度が高い。

ランチタイムで暑かったので、ビールでを。日本1号店が恵比寿に在るからでしょうか?私的には、エビスが嬉しい。

エビス

調味料は「白酢・醤油・黒酢」。白酢という表記が珍しい。

調味料

前菜は、葱の下に隠れた小海老が載った豆腐と春雨のマヨネーズ味サラダ。

前菜

続きを読む »

2階でラーメンバーガーを食べた後に、1階の『さいころ』で中華そばを食べました。私は小食な方なのですが、折角の機会なので、ラーメンバーガーはセットで頼まず、単品を注文。

『さいころ』では、チャーシューの量が多い、肉煮干し中華そばが看板メニューですが、チャーシューが少なめの基本の中華そばをセレクト。

IMG_8980.jpg

ガッツリ食べたい方には、ご飯物もあります。

ご飯物

この店は、私としては嬉しい事に店内禁煙です。

禁煙

続きを読む »

5月3日の開店。そろそろ落ち着いた頃かと思い、出向きました。
中野駅南口から徒歩で数分。人気ラーメン店『さいころ』の2階、元製麺室だった場所に開店しました。経営は株式会社地雷源

IMG_8975.jpg

看板

RAMEN

続きを読む »

もう一年近くも糖質ダイエットを続けていて、朝夕は炭水化物をほとんど摂っていない。好きな麺類も夜はご法度だ。酒だけはやめられないので、量を控えたいとは思っているが実践出来ていない。

店構え

ワイン会の帰りに、まさかの酒の後のラーメンを食べてしまった。看板に書かれていた”昔ながらの東京らーめん”というキャッチフレーズに掴まってしまったのだ。しかしながら最近のラーメン界の事情は違う。若者世代には、豚骨ラーメンなどのガッツリ系でないと受けないようだ。

欲ばり

続きを読む »

昼下がりに訪問しました。

店構え

この店の売りは、天然かんすいによる自家製麺。

天然かんすい

続きを読む »

久し振りに、煮干し中華そばの店を訪問。煮干しと言えば、一般的にはカタクチイワシやウルメイワシが主流ですが、こちらの店では様々な魚種の煮干しを使用。その時々で種類を変えてそれぞえの味を楽しむ。

暖簾>
置き看板

この日は、あご(飛魚)煮干し。九州でよく使われる素材で、甘みのある出汁が特徴。

あご煮干し

煮干し

続きを読む »

本日(4月1日)が、リニューアルオープンとの情報を得て訪問しました。昨年末からオープンはしていたものの、池袋の客層に合うラーメンを模索していたらしい。
池袋は学生が多いと同時に風俗街でもあり、深夜に仕事を終えた女性の一人客も多いらしい。学生向きにはインパクトが強い超濃厚系、女性向きにはもう少しマイルドなラーメンの2種類を提供する事に決めたそうだ。

あさひ家

いやはや、何とも派手な店構え。これくらいにしないと通り過ぎてしまうらしい。

超濃厚

麵箱

太麵


続きを読む »

全国の人気ラーメン店を期間限定で出店している、東武百貨店のレストラン街スパイスの諸国ラーメン探訪区。

外観

その11代目が、札幌ラーメンの『白樺山荘』です。

探訪区

白樺山荘




続きを読む »

フードアナリスト仲間の投稿で、この店の事を知りました。店主が昔食べた食堂やおばあちゃんの味を再現したくて開いたという。

スープは、無化調(化学調味料不使用)らしい。

IMG_6939-20150303.jpg

置き看板


続きを読む »

新宿の歌舞伎町に2月20日、新しいラーメン店がオープンしました。茗荷谷にある「らー麺とご飯のたかぎ」が移転し、店名も変えてリニューアル。

店構え

看板

食券機

オープン

続きを読む »


Powered by FC2 Blog