FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


中野『かき小屋』

前々から気になってこのお店を訪問しました。最近、焼き牡蠣のお店が増えていますね。中野店は、2013年11月のオープン。他の店舗は、ほとんどが網焼きのBBQスタイルですが、中野店と高円寺店では鉄板焼きスタイルです。予約制で食べ放題も実施しており、牡蠣を思いっきり堪能したい人には魅力的ですね。

IMG_1729.jpg

何と、禁断の食べ放題。

食べ放題

テイクアウト、食べ歩きも可能。でも、カキフライの食べ歩きって、どうよ?

テイクアウト

続きを読む »

スポンサーサイト
久し振りに入店。信州の日本酒、ワイン、クラフトビールが味わえる立ち飲み形式の楽園。

外観

ワイン

続きを読む »

12月12日に高円寺にオープンした「チカヨッテ横丁」にあるこのお店に行きました。江古田店からの移転となります。場所は駅から至近の高架下、高円寺ストリート地下1階(旧ラーメンストリート)です。

江古田店は独立店舗でしたが、高円寺店は同じフロアに3店が入居し、通路脇のフードコート的な雰囲気です。

エントランス

甕

江古田店は店内禁煙でしたが、高円寺店は分煙となり、店舗の奥側に禁煙コーナーが設けられました。立飲みスタイルから一部を除いて椅子席に変更になりました。

禁煙席

続きを読む »

2016年6月29日の開店。5か月が経過しました。

あちらこちらで日本酒飲み放題のお店が増えていますが、こちらのお店は、フードアナリスト仲間でもあるご主人が経営されている独立店です。唸るような地酒を70種類以上も揃え、飲み放題の上に時間無制限。心行くまで堪能できます。(飲み過ぎ注意!)

IMG_9931.jpg

店名の『壺の中』は、中国の故事に由来しています。

店名

立ち飲みスタイルですが、店内のレイアウトは広くてゆったりとしていて客層も比較的若い人が多く、マナーの良い方が多いようです。

ごあんない

続きを読む »

女優利き酒師である福山亜弥主催のほっこり利き酒会に久々に参加させていただきました。亜弥さんのご結婚・出産のためのお休みに加えて、私も仕事の環境が変わって忙しくなり、暫く振りとなりました。

ほとんどの利き酒会は夜に開催されますが、たまに昼に開催されることがあり、今回も昼に四谷の『ビストロW』が会場となりました。

案内

毎回、違う蔵元にスポットを当てて代表の方をお招きして、造り手のお話を直接お聞きできる貴重な機会です。今回は千葉県の「木戸泉」さんです。千葉県産「 総の舞」を使い、独自の高温山廃仕込みを行い、吟醸酒は造っていないという個性的な蔵元さんです。

うさ

いつもどおり、亜弥さんお手製のお品書き。お酒とお料理のマリアージュを楽しみます。今回は洋食です。

お品書き

お酒のラインナップ。日本酒バーに行ってもこれだけ同じ蔵の利き酒を出来る所はないでしょう。こうして、水平・垂直に飲み比べるとその違いがよくわかります。

お酒

瓶

今回は、ほっこり利き酒会お初、冷や酒は2種類のみで、大燗酒大会です。

湯煎

冷や酒は、こちらの2本。

冷や酒

カラフェ

洋食をお箸でいただくようです。

ナプキン

オープニング前には、蔵元さんの酒造りの様子が流されています。

プロジェクター


続きを読む »

週後半の出張が取りやめとなり、中小規模の生産者と首都圏の消費者のマッチングをしている『PaRs』で、日本ワインのイベントがあると知って駆け付けました。

パルズ

開始時刻の少し前に会場に赴くと他の客はまだ来ておらず、「うさ」がお出迎え。

うさ

続きを読む »

7月30日(土)に渋谷の「デリスドキュイエール」にて、福山亜弥さん主催の第68回ほっこり利き酒会 復活祭が開催されました。
福山亜弥さんは、ご結婚と産休を経て、約1年振りの復活利き酒会となりました。

今回の蔵元さんは、紀土(平和酒造)さんです。

外観

黒板

ラインナップ

日本酒と洋食のマリアージュです。

お料理

うさ

続きを読む »

フードアナリスト仲間の石堂さんが、日本酒飲み放題のお店をオープンされました。

ビル

ノスタルジックなビルの3階にお店が在ります。

案内板

古びた階段を登ってゆくと、素敵な異空間が待ち受けています。

エントランス

続きを読む »

中野の『雛家』の2号店として、6月8日、江古田に新規開店しました。場所は江古田駅北口から徒歩3分。ゆうゆうロード沿いに在ります。江古田周辺のお店は古くからの既存店の閉店が続く中で、新しく開店する店もあり、新陳代謝が進んでいます。

最近は、わけのわからない色水のような何チャラサワーを頼む客が多い一方で、しっかりとした地酒を置く店も増えて嬉しい限り。

地酒

松の寿

続きを読む »

今年で8回目になる日本ワインのイベントに参加させていただきました。
去年は仕事の関係で参加できず。

IMG_7147.jpg

会場は、神奈川新町駅近くの運河沿い。正にボートハウス。昔懐かしいデッキシューズを履いて出向きました。

ボートハウス


8th



続きを読む »

ユニークな漬物ワインバーで、九州の震災被害を支援するイベントが開催されたので参加させていただきました。
九州の熊本・大分・宮崎・福岡のワイナリーから9種類のワインが用意されました。

泡

漬物とワインのマリアージュを提唱しているこの店。色とりどりのご自慢の自家製の漬物。
これが、この店のメインディッシュ。

メインディッシュ



続きを読む »

日本ワインを出しているお店を探してこちらへ飛び込みました。予約なしでも大丈夫か不安でしたが、一人だったのでカウンター席に案内していただけました。

UDO

黒板

続きを読む »

日本酒飲み放題で人気の「KURAND SAKE MARKET」のイベントに参加させていただきました。日本酒と、何と珍肉のマリアージュ。珍肉とは何か?一般的な精肉店・レストランでも食べられない珍しい肉。

私はこれまでジビエを始めとして、鳥類ならスズメから野鴨や雉、ダチョウに至るまで食し、獣系は鹿や猪、トドや熊に至るまで味わっています。野趣溢れる香りや味わいに惹かれてます。

人類の根源的な原始食への憧れとでも言いましょうか。

看板

全国各地の100種類の日本酒が客を迎えます。

リスト1

リスト2

酒庫

樽

酒燗器

燗酒

続きには珍肉ゆえのショッキングな映像が含まれています。心臓の弱い方は閲覧をご遠慮ください。


続きを読む »

東京ワイナリーでは、午後1時から「昼飲み」と称した試飲が出来ます。ワインとそれぞれのテイストに合った小さなおつまみ付き。

外観

昼飲み

黒板

続きを読む »

この所、度々訪問している裏原宿ガーデンで開催されたロゼワイン会に参加させていただきました。

ロゼ

裏原宿ガーデンは、住宅街の古民家を再生していくつかのショップが参加する集合施設です。

古民家

続きを読む »

酒販店『藤小西』に併設されているワインバー『プチコニシ』。毎月、満月の夜に催される「坂上ムーンライト」。この日のために特別に用意されたワインと料理が訪れる客を魅了します。

外観

この店のテーマは、自然派と日本ワイン。

自然派

その優しい一言に心が寄り添います。

そのままの

続きを読む »

このところ何度か訪れている「裏参道ガーデン」に、日本酒バーが在ります。カウンターだけの小さなお店ですが、個人的にサプライズが。

最近は若い女性の間で日本酒ブームが来ています。利き酒会にも女性の姿が多い。この店も若い女性がサービスを担当。
日本酒は数はそう多くないものの、厳選された地酒が揃います。

その中から「鶴齢」をチョイス。最近の流行でしょうか?冷酒はワイングラスで提供。香りが開きます。

ワイングラス

グラス

鶴齢

続きを読む »

4月15日、アトレ恵比寿の西館がオープンしました。早速、気になるお店を訪問。このアトレー西館は、飲食店をレストランフロアーに集中すのではなく、各階に分散配置。

私は一番気になる4階へ。このフロアーはお酒を提供する店が多い。大変な人出で賑わっています。

4階

酒販店の君嶋屋はスタンディング・バーを併設。

君嶋屋

スタンディング・バー

花輪

あの成城石井がプロデュースするバルも出店。

成城石井

デパートのレストランフロアーは家族客をターゲットとした大手資本のチェーン店が多いのですが、この西館は個性的な店が多く、「お一人様」でも楽しめるようです。

続きを読む »

出張帰りに東京駅から丸ノ内線で、ぶらり途中下車の旅。もつ焼きと煮込みで人気のこの店の暖簾をくぐりました。

加賀屋の1号店は昭和40年に板橋駅前で創業。その後、立ち退きによって一時浦和に移転した後に本郷三丁目再移転。
この店こそが現在は都内に50店近くを展開する加賀屋の総本店なのだ。

加賀屋

ホッピー

黒板

続きを読む »

4月10日(日)に開催された日本ワインの試飲会に参加させていただきました。

外観

店舗の向かいにイベントスペースがあります。

会場

今回のラインナップ。日本ワイン好きにとっては垂涎の品が揃う。

ラインナップ

続きを読む »

目黒川沿いの桜を見てから、久し振りにこのお店に寄りました。
いつも大繁盛で人出が多いこの日は満員を心配していましたが、比較的早い時間帯だったので、入店出来ました。

外観

ワインも料理も実に種類が多くて、しかも工夫を凝らしたメニューが多い。

黒板表

黒板裏

続きを読む »

お店のFacebookに北海道のドメーヌ・タカヒコのワインが出ると知って駆け付けました。売り切れが心配で、途中の誘惑を振り切って一目散に。

すると驚いたことに先客なし。しかも出迎えてくれた馴染みのスタッフは「今日は四恩の泡が出てますよ」とサジェスト。その名はクレマチス。

橙

昨秋に仕込まれたばかりの新酒。今年は泡立ちが豊かだという。

IMG_5641.jpg

ワインに合わせて、まずは魚介系の前菜を。旬のホタルイカとたまねぎのマリネ。

マリネ

ソースに透明感の魚卵らしき小さな粒が入っていて、スタッフに素材を訪ねると「飛びっこです」とのお答え。回転寿司でよく目にするオレンジ色のものとはまるで次元の違う鮮度。この店の料理のレベルの高さには、いつも感嘆させられます。

ホタルイカ

続きを読む »

裏参道ガーデンの2階に在る「蔵がろう」で、蔵元の方を招いての利き酒会が開催されました。私は2日続けての訪問。

エントランス

栃木県宇都宮酒造の「四季桜」です。足利一茶庵が栃木県に在るため、同じ県内のこのお酒を置いている蕎麦屋さんが多い。

普段は本醸造の「はつはな」や「黄ぶな」を飲む機会が多いが、この日用意されたのは新酒のしぼりたて、純米大吟醸の「花宝」、もう1種類の純米大吟醸の三種類。

四季桜

続きを読む »

先月オープンした『裏参道ガーデン』の2階にイベントスペースが在り、この日は主にインバウンド向けに利き酒処が開かれていました。

利き酒処

酒マップ

その時々で全国から蔵元さんを呼んで飲み比べが出来る日本酒好きには嬉しいお店。

外観

エントランス

続きを読む »

3月2日にオープンした古民家を改造した集合所業施設で、気になるお店があります。
そろそろ落ち着いた頃かと思って出向きました。

ガーデン

そのお店が「○郷」。シャトー・マルゴーをもじっているようです。でもフランス産ではなく、日本ワインと漬物のマリアージュを提案。せれは普段、私が自宅で日常的に行っていること。辛口の沢庵や塩らっきょうに白ワイン、奈良漬や柴漬には赤ワイン。それに我が家には糠床があるので季節の野菜を漬けている。

一つのフロアーに複数の店舗が入り、仕切る壁は無くて他の店が見渡せて交わす言葉が聞こえてくる。

「○郷」はカウンターのみの小さな構え。ワインは1杯700円から。3杯で1,500円のお得な飲み比べセットを注文。赤・白複数の銘柄から好みで選べます。3種類のワインは白だけでも赤だけでもミックスでもOK。私は白白赤でチョイス。

飲み比べ

続きを読む »

銀座のフレンチレストラン「Restaurant MASA UEKI」で開催されたビュッフェランチと上越産品マルシェのイベントに参加させていただきました。和の素材を巧みにフレンチに仕立てる鬼才と言われる植木シェフは、新潟県上越市の出身。

ビルの5階に美食の殿堂が在ります。

ガイド

受付

続きを読む »

ある店のリサーチに出向いたものの、予約で満席。失意の内に彷徨って、この店に辿り着きました。
「ワイン食堂」という看板がカジュアルな雰囲気を出しています。

ワイン食堂

店舗は地下のようですが、エントランスは良い雰囲気。近付いて見ると「ワイン4種1,000円」。これは惹き付けられます。服飾店の目玉商品のようなものでしょうか。

黒板

続きを読む »

去年、自宅近くにオープンしたこちらのお店に伺いました。オイスターバーは都心ではあちこちで見掛けますが、繁華街ではないベットタウンでの開業は珍しい。経営的にどうか心配していましたが、他店とは一味違った独自戦略で盛業中なようです。

外観

オイスターバーですから、牡蠣は当然ながら多種類を揃えていますが、ワイン・日本酒の大吟醸が300円~と格安!これはお酒が進みそうですね。

黒板

続きを読む »

毎月、満月の夜に開催されている「坂上ムーンナイト」に伺いました。この日のために用意された特別なワインがグラスで味わうことが出来ます。

外観

ムーンナイト

続きを読む »

フードアナリストの仲間と日本ワインの会を開催しました。

お店の在庫からスパークリングワインと白ワイン。

泡

我が家のストックから赤ワインを6本。全て日本ワインです。

赤ワイン

パーティールームを贅沢にも貸切りにしていただきました。

テーブル

続きを読む »


Powered by FC2 Blog