FC2ブログ

FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター
・日本のワインを愛する会

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


会場

牛久駅前の商業施設に「いばらき自慢」という小さな物産館があります。

お酒

茨城産の日本酒やワインが満載です。

カッパ

新星の牛久醸造所のカッパワインも並んでいます。

続きを読む »

スポンサーサイト



外観

ハンバーグとステーキ料理のチェーン店「ビッグボーイ」を訪問しました。ビッグボーイは1977年にダイエー系列のレストランとして設立して現在は全国にグループ店を約300店、都内ではロードサイドを中心に19店を展開しています。サラダバーやスープバーを設けるなど、営業形態としては同業のフォルクスやステーキ宮と類似しています。

マスコット

日替わりメニューはこちら。表示されている価格は料理のみで、ライス(カレーを含む)やサラダバー、ドリンクバーは別料金で組み合わせるシステムです。フルセットは500円です。

日替り

現在は贅沢な黒毛和牛のフェア中。プチ贅沢はいかがですか?

和牛

続きを読む »

店名の宮は、栃木県宇都宮に由来しています。元々は宇都宮に在る会社が創業したのですが、現在は愛知県に本社を置く「株式会社アトム」が関東を中心に全国に100店以上を展開をしています。しかし都内には3店舗しかなく、テレビCMも流れていないので都民の認知度は低いかもしれません。

看板

コロナ禍の密を避けて、平日の開店直後の時間帯に訪問。店内はカウンター席なしのゆったりとしたテーブル席の配置。サラダバーを始めとしてドリンクバーやスープバーなどセルフサービスのシステムを積極的に取り入れていることが特徴です。

セルフバー

デザートもあるサラダバー。野菜を角切りにしてスプーンで食べるチョップドサラダが宮流とのことです。

サラダバー

スープバーは4種類のスープを用意。ファミレスの多くは2種類ほどが一般的です。

スープバー

ハンバーグ・ステーキ用のソースバーあるのは驚きます。

ソースバー

ドリンクバーは、ご覧のように茶葉だけでも壮観です。

茶葉


ドリンクマシン

続きを読む »

外観

1月29日の肉の日に合わせて、大手ハンバーガーチェーンのロッテリアから「ジビエ鹿肉バーガー」が全国117店舗において数量限定で発売されました。

黒板

同社はご当地バーガーとして2016年から北海道産のエゾ鹿を使用したジビエバーガーの販売を開始し、2019年には大分県・熊本県産の鹿肉を使用。2021版では、日本各地産の鹿肉を農林水産省制定の国産ジビエ認証」制度の基準をクリアした長野県の工場で適切に処理した鹿肉を使用しているそうです。

ポスター

ハンバーグパティは牛肉や豚肉に比べて高タンパク、低カロリーで鉄分豊富と言われている鹿肉を全体のおよそ6割使用し、パン粉や黒こしょう、ナツメグなどの香辛料を加えてスパイシーに仕上げています。

包装

味の決め手とるソースにはエゾ鹿のひき肉を使用して、ガラムマサラや数種のスパイスをブレンドしたスパイシーな特製ラグーソースを使用し、マヨネーズ、レタス、トマト、スライスオニオン、ピクルスと共にバンズではさんでいます。

中身


クラシックバーガーのプレイスマットには、グラスフェッド飼育との説明があります。これは、牧草飼育のことです。人工飼料ではなく、放牧などで自然の牧草を食べさせる飼育法です。

グラスフェッド


公式サイト
https://www.lotteria.jp/news/000479/


続きを読む »

コロナ禍で外出自粛が求められる中、自宅から徒歩圏内に在るファミレスタイプの焼肉店に行きました。

外観

テーブルには、甘口と辛口の2種類のたれが用意されています。

たれ

コチジャンと、おろしニンニクも用意されています。

コチジャン

控えなくてはいけないのに、昼からビールの中瓶を注文してしまいました。ジョッキより断然、瓶派なんです。

ビール

続きを読む »

新橋に行く用事があったので、事前に近くのお店を調べて伺いました。餃子を出すお店は多いものの、焼売をメインに吸えたお店は珍しい。

置き看板1

ランチメニューはメインの麺やカレー+焼売で1,000円とお得なセット。

置き看板2

サラリーマン諸氏を横目に、昼からビール。

ビール

調味料には、ピンクソルト。最近、多くの飲食店で見掛けるようになりました。ヒマラヤの岩塩です。

ピンクソルト

続きを読む »

以前から気になっていた、常磐線牛久駅近くの本格的なカレーの専門店である同店を初訪問しました。地元では大変な人気があるようです。

外観

ライスやナンがお替り自由のランチメニューはとてもお得です。

ランチメニュー

続きを読む »

天ぷらチェーン店の同店を久々にリサーチ訪問。牛丼店でも増えているセルフサービス方式です。
外観

ハンバーガーのように作り置きができないので調理には多少の時間が掛かり、出来上がりはワイヤレスのブザーで知らせるシステムです。

システム

昼からビールを注文しちゃいました。

ビール

テーブルに用意された塩は藻塩でした。これは嬉しい。

藻塩

先日の「久兵衛屋」にあった藻塩は長崎県産でしたが、こちらは兵庫県産です。兵庫と言えば塩の名産地である赤穂を思い浮かべますね。

兵庫産

続きを読む »

焼肉 宝島

都内では全く見掛けたことのないお店で、個人経営のローカルなお店かと思いましたが、調べたら牛丼の「すき家」やファミレスの「COCOS」などを運営している大手外食産業のゼンショーのお店でした。

外観

驚いたのはコスパの高さで、焼肉店なのにランチメニューは500円からあり、食べ放題メニューも用意されています。

牛タン定食

ランチメニューの仙台風牛タン定食。80gは1,080円(税別)、120gは1,380円(税別)です。

厚切り

厚切りの牛タンは塩味と味噌味の2種類。定番の麦ご飯ととろろ、テールスープに加えてドリンクバーもセットでこのお値段です。

牛タン焼き

タレや調味料はこちらです。

タレ

コチジャン

おっ、塩はフランス産の岩塩が。塩好きとしては嬉しい!

岩塩

裏書き

続きを読む »

マンボウは特異な姿なので食用魚と思われていない方も多いようですが、実は食べられます。

仕事で千葉県の銚子近辺を車で廻っていた時に海沿いの道に魚屋さんが沢山あって、店頭に置かれた黒板に「マンボウあります」「イルカあります」と書かれていることがありました。これって、特定の外国人に見られたら攻撃対象になりそうな。

外観

この近辺はドライ系のビールを置く店が多いのですが、探してサッポロを扱っている店に。

赤星


本日も赤星。ヒューガルデンのグラスです。居酒屋さんとしては珍しい。メニューを見て驚きました。えっ、マンボウ
珍しいアブラボウズの刺身もあります。

メニュー

続きを読む »

これまで、何となくモスバーガーがモーニングメニューを出しているイメージが無かったのですが、たまたま通りかかった店で気付きました。朝は7時から営業。ハンバーガーだけでなく、競合店と同様にトーストなど軽いメニューもあります。

モーニング

規約あり。

規約

喫茶店のように新聞の用意もあります。

新聞

コンセントも完備されています。

コンセント

続きを読む »

私の友人がアパホテル内のレストランを経営することになりました。アパホテルのレストランはホテル直営ではなく、場所毎に様々な飲食店が入っています。

外観

浅草の雷門近くにあるこのホテルで最近リニューアルオープンしたレストランが「和食処 OKAMISAN DINING」です。朝食は宿泊客に提供、ランチとディナーは外部からの訪問客もOKです。

アパホテル

魚ランチ、肉ランチと並んで、なぜか喜多方ラーメンもあるとの情報をキャッチして訪問。

ランチ

続きを読む »

毎年11月になると浅草を訪れて味わうのが『並木藪蕎麦』の鴨南蛮と、どぜう料理の老舗『飯田屋』さんのナマズ鍋です。

 外観

えっ、ナマズ!と驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、隠れた名品です。

なまず鍋

最近は、ナマズを扱うお店が減ってしまいました。昔は田んぼや沼に生息していましたが、近年では養殖しないと確保が難しくなったようです。

品書き

席に案内されて、店内の品書きも確認。どぜうの専門店ですから、それはいつでも食べる事が出来て当然。ナマズはそうは行きません。

品書き

続きを読む »

数年前から朝夕は炭水化物を摂らない糖質ダイエットを続けて来ましたが、定年退職を迎えて職業訓練校に通うことになり、体力維持のために朝食をしっかりと摂るようになりました。

カフェや立ち食い蕎麦店なども利用しますが、牛丼チェーンの朝定も利用します。そのなかで、吉牛以上のクオリティを提供しているのが「松屋」です。

外観

朝食

朝食メニューは290円からで、小鉢が選べます。コンビニでおにぎりとお茶を買うと同程度のお値段になってしまうので、座って出来立ての暖かい料理をいただける方がありがたいですね。

続きを読む »

ココスは、茨城県の食品スーパーのカスミフードが1980年に1号店をオープンしたカリフォルニアスタイルのレストラン。紆余曲折を経て現在はゼンショーのグループ傘下に入り、茨城県や千葉県を中心に全国で584店舗を展開しています。

朝食バイキング

カフェや牛丼チェーンなども朝食メニューには注力していますが、特に注目するのはココスの朝食バイキングです。一般的な朝食メニューと比べるとランチ並みのお値段ですが、その内容の充実振りが半端ない!

ビュッフェ

お店で焼き上げるクロワッサンを始めとする自家製パンがご自慢です。

自家製パン

続きを読む »

久々に成田に鰻を食べに行きました。歴史的には、近くの印旛沼などで天然の鰻が獲れたことが鰻料理のお店が多い理由ですが、現在では天然鰻は稀有となりましたが、都内の柴又や浅草と同様に鰻料理は伝統を引き継いでいます。

地図

表参道は、素敵なお店がいっぱいです。

道しるべ

商店

成田の銘酒のお店もあります。

酒屋

アウトバンド向けのお土産店では、こんなアイテムも。

湯のみ

続きを読む »

とんQ@柏店

とんかつの大手チェーン店としては和幸グループがおなじみですが、茨城県のつくば市を中心に店舗を展開しているのが「とんQ」です。農林水産大臣賞を受賞した国産ブランドの「やまと豚」を使用しているのが特徴です。

暖簾

やまと豚

席に案内されると、塩好きの私としては嬉しいことにテーブルに2種類の塩が用意されていました。

塩

裏書き

続きを読む »

先日、常磐線の佐貫駅前の路麺店で初遭遇した「龍ヶ崎コロッケ」。同駅には、構内に「コロッケMAP」が掲示されています。
コロッケMAP

龍ヶ崎市民の熱愛グルメであるそのコロッケが自宅近くのスーパーで、冷凍食品で売られていたので購入してみました。

冷凍

地元の高橋肉店が製造元のようで、豚トロコロッケ、常陸牛コロッケ、おコメのクリームコロッケなどのバリエーションがあるようです。繁華街ではないのに、多い時には1日に1000個も売れるというから驚きです。

裏ラベル

続きを読む »

前から気になっていたいた焼肉店ですが、週末などはいつも長蛇の列なので今まで入店の機会がありませんでした。平日の12時前に到着して、ようやく入れました。

看板

1頭買いという焼肉店は他にもありますが、「信州牛」の文字が気になります。

信州牛

信州のりんごを食べて育った牛だそうです。

信州牛生産販売協議会
http://www.shinshugyu.net/

続きを読む »

以前から気になっていた羊肉の専門店を訪問しました。羊肉=ジンギスカンというイメージがありますが、このお店のメニューは実に多彩で、羊肉を使った麺類もあります。これなら1人でも気軽に伺えます。

辰

羊肉はクセがあって、食べ慣れていない方は「嫌い」という人も多いのですが、欧米では牛肉以上に上等とされ、外国からの来賓を迎える宮中の晩餐会でも羊肉が度々使われています。現在は、第3次ジンギスカンブームとも言われています。

メニューボード

続きを読む »

数年前にTV番組のいきなり黄金伝説「激せま三ッ星店」として、私の企画でご紹介した庶民派天ぷらの超人気店「天すけ」に行きました。ランチタイムは、開店前からいつも行列が出来ています。

外観

開店時刻になって行列の後尾から入店しましたが、案内されたのはカウンターの一番端、三角形の激せま席です!

激せま席

平日の昼間からビールを注文。それが許される立場になりました。

ランチメニュー

このお店の看板商品が玉子の天ぷら。玉子天丼、玉子ランチが大人気です。天丼は玉子の天ぷらだけが丼に載り、他の具材は随時揚げ立てを別盛りで提供します。今回は玉子抜きのBランチを。

続きを読む »

5/26にオープンしたばかりの馬肉料理の居酒屋さんに行きました。馬肉は刺身やユッケなど生食で提供するお店が多いのですが、このお店は馬肉を使った料理のバリエーションが実に豊富です。

外観

目玉商品が、黒板に書かれている「10円馬唐」!(1人1皿限定)

黒板

席に案内されて、まずは瓶ビール。珍しくキリンのクラシックラガーだ。

ビール

続きを読む »

無性にとんかつが食べたくなって、こちらのお店へ。ブランド豚を生産している平田牧場の直営店です。

外観

ランチタイムに訪問。えっ、ランチタイムに希少な金華豚ですか!

金華豚

金華豚は、三元豚と並ぶ平田牧場のブランド豚です。三元豚は、3種類の純粋豚を掛け合わせた良い所取り。一方の金華豚は「幻の豚」とも呼ばれる中国浙江省金華地区原産の希少な最高品種で、世界三大ハムの一つに数えられる中華の「金華ハム」の原料豚として知られています。

三元豚



続きを読む »

どぜう料理の老舗を訪問。冬場に行く機会がなくて季節メニューの「なまず」を食べられなかったのが残念。どぜうは、鰻以上のスタミナ食だという。魚体が小さいから骨ごと食べられるし、どうしても骨が嫌いな方には「骨ぬき」もある。

白暖簾

時間を自由に使えるようになったので、昼下がりの空いている時間帯に訪問。週末には行列が出来る。外国人の来客も増えている。

品書き

続きを読む »

五反田は以前からi肉料理と刀削麺のメッカです。新たに焼肉店、それもお1人様専用のお店が開店したと知って駆け付けました。

外観

開店初日はサービス価格で行列が出来たようですが、幸いに訪問時は行列もなく、すぐに入店出来ました。

テーマ

注文はタッチパネルを採用。居酒屋チェーンなどでも増えていますね。慣れていないと操作に戸惑うこともありますが、人手不足のご時世では仕方なし。IT化される日も近いのではないか?

タッチパネル

水はカウンターにファミレスでおなじみの給水タップがある。これがビールタップだったら嬉しいんだけど。

給水タップ

続きを読む »

家族と一緒に初めてこのファミレスに行きました。「坂東太郎」とは利根川の別名ですが、このチェーン店は茨城県や千葉県など利根川流域を中心に関東で60店舗以上を展開しています。

暖簾

利根川のイメージからすると鰻料理を連想しますが、みそ煮込みうどんが看板メニューのようです。

おしぼり

自社ブランドの日本酒があったので、注文して見ました。純米酒が欠品していたので、吟醸酒を。

吟醸酒

続きを読む »

蕎麦屋訪問の合間に数年ぶりで、餃子専門店のこちらのお店でランチ。

天鴻餃子房

餃子だけなく、中華の多彩なメニューが用意されています。

メニュー

続きを読む »

2018年2月の1ヶ月間、鹿児島県食材を使ったメニューをトップシェフたちが考案し、各レストランで提供する「鹿児島県レストランキャンペーン」に先立ち、『ラ・ロシェル南青山』にて、料理王国主催の鹿児島県出身の坂井宏行ムッシュ、川島孝料理長による鹿児島県食材を使ったお料理を紹介するキックオフパーティに参加させていただきました。

外観

これが、ロシェル青山店の外観です。十字架が掲げられた建物はチャペルそのもの。レストランであるだけでなく、結婚式場・披露宴会場としても利用が可能です。

エントランス

この日は、イベントのために貸し切り営業です。

告知

続きを読む »

ねりマルシェ

昨年に続いて練馬駅北口の平成つつじ公園で開催された、練馬産の野菜や生花などを販売する「ねりマルシェ」に伺いました。

ねりマルシェ

花

続きを読む »

JR東日本が運営する飲食店の一つ。一定期間毎に注目のスポットを変えて、東日本各地のの食材やお酒を提供し。その魅力を訴求する。

のもの

提供するアルコールの中心はクラフトビールだ。食材の方は和食が中心なので、個人的にはビールより日本酒に力を入れて欲しいところだ。

クラフトビール

コンセプト

続きを読む »


Powered by FC2 Blog