FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


おかだも池袋の「支那そば あかだも」に行きました。開店は今年5月。繁華街から少し離れていることもあって、ほとんどマスコミやネットにも登場していません。
ちょっと不思議なお店です。今時、支那そばを掲げるお店は珍しい。支那という呼び方が蔑視にあたるとしてマスコミでは禁止用語になっていると聞いたことがあります。店名の「あかだも」もどういう云われがあるのかわかりません。
それだけではありません。看板には、「美しい未来に挑戦」というキャッチコピーが書かれています。今一つ意味がわかりません。

続きを読む »

スポンサーサイト
プリンプリンが、ちょっとマイブーム状態です。
自宅近くのスーパーで見付けたこの製品、メイトーというメーカーは知らなかったのですが、調べてみたら協同乳業のブランド名のようです。
「無添加」という文字に惹かれます。
スーパーで販売されている工業製品は、おしなべて食品添加物が数多く使われています。それを使わないことは、不特定多数の消費者を相手にする企業としては、コストや製造の難しさ、品質保持など面でかなり勇気がいる決断と努力が必要だと思います。

20070930_mutenka表示

続きを読む »

鮎川麻弥 ライブ

鮎川麻弥

永年応援している歌手の一人、鮎川麻弥さんのライブに行って来ました。今回のライブは、新しいマキシシングル「愛しいあなたはここにいる」のリリース記念でもあります。

続きを読む »

本枯浜松町駅近くの「蕎麦酒房 本枯」に行きました。蕎麦専門店ではなく、蕎麦も出す酒房ですね。手打ちの表示もないので、それなりのお蕎麦でしょう。
本枯とは、鰹節の本枯れ節という高級品のこと。それを店名にしたところがユニークです。蕎麦よりもつゆの方が楽しみです。

お店の前に行くと、入口の扉が開け放たれていました。涼しくなって来てはいますが、これは問題です。埃や虫が入り込む可能性があります。飲食店ですからオープンエアならまた別ですが、これは好みに合いません。

続きを読む »

「変な看板」

Yahoo!フォトのコーナーに、「変な看板」フォルダを追加公開しました。左のリンクメニューの「都会の情景」からお入りください。

お店探しなどで街を歩いていると、時々変な看板に遭遇します。それを写真に収めました。他にも気になる被写体があるので、それらは順次フォルダを追加予定です。
お店だけでなく、何か気になるものがあると街歩きももっと楽しくなります。


焼きプリン私達庶民にとって、プリンは最も馴染み深い洋菓子の一つではないでしょうか。
最近人気があるのが、とろとろタイプのクリーミーなテイストのもの。杏仁豆腐なども同様な傾向があります。
ところが私の身近な人の中で、「固いタイプが好き」という方がいて、ちょっと驚きました。まあ、好みは千差万別だけど、そういう人もいるのか?私にとっては軽いカルチャーショックです。

市販のプリンの中から固めの物を選んで買って来ました。実際に食べてその良さに気付くでしょうか・・・。


続きを読む »

鴨だし今日は仕事が忙しくて、ゆっくり昼食時間を取れず、仕方なくコンビニで済ますことに。
カップラーメンの棚を見たら、「鴨だし」の文字が目に入りました。先日「満月茶家」で鴨だしのラーメンを食べたのがまだ記憶に新しい。
思わず手に取っていました。

続きを読む »

昨日、日本橋三越本店で開催されている「日本伝統工芸展」の見学のついでに、少し離れた高島屋の特別食堂に寄りました。本当は蕎麦屋に寄るつもりでしたが、祝日とあって主だったお店はお休みです。折から小雨も降り出し、地下通路から移動出来るお店を探しました。
三越本館にも特別食堂があり、かの有名な寿司の「銀座 久兵衛」も在りますが、ちょっと気が進みません。高島屋の特別食堂の目的は、同じく和食会では有名な鰻の「野田岩」です。

ワイン私がこちらの店を選んだ理由の一つがワインを置いてあること。鰻の醤油や焼けた香ばしい香り、山椒のスパイシーさなどは身の脂と共に、酸味の強いお酒であるワインにはとても合うと思っています。日本酒以上ではないかと思います。尤もソムリエがいるわけではありませんので、サービスには期待出来ませんが。
数種類の中から「シャトー・ルーデンヌ」をカラフェでお願いしました。鰻が出来るまでの間、漬物を肴にいただきます。

続きを読む »

のぼり鴨ガラを出汁に使ったラーメンを出すお店があるとの情報をキャッチして、大泉学園までわざわざ出掛けました。私は大の鴨好きです。
しかもこのお店はラーメン専門店ではなく、本業は和菓子屋さんだという。これはどういう事でしょうか・・・?
西武池袋線の大泉学園駅で下車してバスに乗り換え、都民農園で降りるとバス停の目の前が件のお店でした。店前の幟(のぼり)には、甘味や極上鴨料理と並んで、自家製手打ちうどん・そばとあります。
あれ、ラーメンの文字がない。

続きを読む »

駒形どぜうちょっと夏バテ気味です。寝苦しい夜が続く一方、疲れて床に寝てしまったりして体調が優れません。熟睡感がなく、何となくだるい。
そこで今日は、昼からどじょう鍋を食べに出掛けました。
どじょうと言えば浅草がメッカですが、連休の週末ともなれば観光客も大勢押し寄せるので行列は必至。そこで「駒形どぜう」の渋谷店に足を運びました。
ビルの1階に在りますが、老舗らしい風情のある店構えです。若者が多い渋谷ですから、週末の昼時は空いているのではないかという読みが的中しました。かなり空席があります。

続きを読む »

小布施ワイン

小布施ワイン某店で遭遇したこのワインに驚きました。

まだ厳しい残暑が続いていますが、食の世界には秋を感じさせる食材が登場しています。私が贔屓にしているワイン・バーですが、この日はまず「松茸と鱧のどびん蒸し」に合わせて、グレイス甲州とイタリアのファランギーナをいただき、次いで「ウサギのロースト3種盛り」に合わせて赤ワインに切り替え、選んだのが「小布施 セパージュ・ヨーロピアン 2006」でした。

続きを読む »

汐留「はるや」

はるの暫く前からお店の存在は存じていながら味わう機会に恵まれませんでした。日本テレビの汐留メディアタワーの向いです。
店名の前に「北加伊道蕎麦」と書かれています。見慣れない文字ですが声に出して読んでみると、ほっかいどう、か。居酒屋系でしょうか?はたまた、ありがちなダイニング蕎麦か?
店頭から電動石臼が見えますが、打ち場ではないようです。「新蕎麦始めました」の張り紙も出ています。

続きを読む »

赤坂「観世水」

観世水

仕事で外出したついでにランチタイムに「観世水」に寄りました。行列でも出来ていたらどうしようかと心配でしたが、幸いに席が空いていました。品書きを見ると夏場らしい「ぶっかけ」が美味しそうですが、ここは新蕎麦の味がわかり易いせいろ系を食べねばなるまい。
産地は北海道滝川と表示されています。滝川とは馴染みのない地名ですが、北海道のほぼ中央部、札幌と旭川の中間に位置するようです。

続きを読む »

料理調布駅前のクレストンホテルで開かれた「熱き醸造家たちが醸す情熱の酒を味わう会」に参加しました。炎天下の午後1時からというイベントでしたが、会場は熱い熱気に包まれていました。
一時の焼酎ブームや発泡酒などの人気もこのところ沈静化。日本の国酒とも言うべき日本酒の人気がじわじわと高まって来たような気がします。

会場はいずれ劣らぬ名蔵揃い。目移りしてしまいます。ホテルという場所柄でしょうか、つまみがバイキング形式で供されましたが、洋食系が多かったですね。日本酒は海外にも輸出されており、国際線の機内でも日本酒が用意されていて、外国の方に日本酒の良さを広める一つの機会になっているようです。
洋食に合う日本酒も考えて行かねばならないでしょう。生牡蠣にシャブリなどの辛口系白ワインの代わりに日本酒とか、間口はそう狭くはないと存じます。

続きを読む »

狛江「志美津や」

たぬき私の「お勧めの店」の一つ、狛江の「志美津や」に伺いました。
我が家からは不便な場所に在り、そう頻繁には伺えませんが、それだけに訪問する時の嬉しさはひとしおです。
折から今日は厳しい残暑です。吹き出る汗を拭いながら、喜多見駅からトコトコ歩きました。
あー、空が青い。抜けるような空の清々しさ。流れ行く白い雲。自分がちっぽけな存在に感じます。

ようやくお店の前に辿り着くと、いつもどおり狸の置物がお出迎え。
こんにちは!

続きを読む »

うな鐡新蕎麦が出始めてから蕎麦屋巡りを続けていたのですが、先日の徹夜作業以来、体調が思わしくありません。年々、徹夜作業が辛くなって来ています。リカバリーするまでの時間が延びるばかり。
そこで今日は夏のスタミナ食、鰻を食することに・・・。

気分的にちょっとジャンキーだったので、気軽に入れる大衆店に。池袋の「うな鐡」本店です。池袋西口というか北口に近い風俗街にも近いロケーション。気取りなんていらないぜ、という雰囲気です。

続きを読む »

菊谷開店以来贔屓にしている「菊谷」に伺いました。この所、ちょっとご無沙汰していました。お店のブログによると石臼や冷蔵庫のトラブルなどの御苦労があったようです。
心配していたところへ新蕎麦の登場に続いて手挽きの蕎麦を出すと知って、是非とも味わいたくなりました。新人スタッフも入店したらしい。



続きを読む »

更科堀井徹夜明けで一眠りした後、午後に六本木で所用があったので麻布十番に在る更科の総本家8代目「更科堀井」に寄りました。
ビルの1階というロケーションながらいかにも伝統ある老舗然とした店構えが立派。「新そば」の碧い幟が秋風にはためいています。
お店のHPによると北海道雨竜産とか。その味わいや如何に?
初物は、やはり心が踊ます。


続きを読む »

そば新客先での徹夜作業を終えて、また自由が丘の路麺「そば新」に立ち寄りました。ありがたいことにこのお店は24時間営業です。働いている方のことを思うと頭が下がります。

前回未食だった石臼挽きのそばが目的です。手打ちや自家製でないにしても、路麺で国内蕎麦使用で石臼挽きとは凄いものです。専門店の脅威ともなりそうです。

続きを読む »

昭月庵

品川蕎麦の会の一つ、五反田駅近くの「昭月庵」に行きました。訪れるのは久し振りです。昨日から新そばを出しているらしい。お店のブログによると北海道・美唄産とのこと。美唄という地名はピンと来ませんが、調べてみたら札幌の北、石狩平野のほぼ中心に位置しています。


続きを読む »

さらしなの里待望の新そばシーズンがやって来ました。麻布十番の「更科堀井」のHPに9月上旬から新蕎麦とのお知らせが載っていたので、更科系列のお店も同様だと踏んで、ここは贔屓の「築地さらしなの里」へ。案の定、店頭に「新そば」の張り紙が出ています。
「更科堀井」では北海道雨竜産との告知が出ていましたが、こちらは同じ北海道でも旭川産と微妙な違い。あれ、仕入れ元は同じではないようです。

続きを読む »

新宿の京王百貨店で「大北海道産展」が開かれています。地方の物産展の中でも北海道は旨い物で断トツの人気を誇るようです。北海道産のスイーツを買い求めて、某所へお土産としました。

所要を終えて池袋駅で下車したら、何と西武百貨店でも「北海道うまいもの会」なる同様の物産展が9/8(土)から始まったところでした。
新宿では食後だったので入りませんでしたが、池袋でも北海道から出店したラーメン店がイートインで味わえます。
そりゃ、海産物が美味しいのは言うまでもありません。寿司のお店も出店していますが、私にとっては生ものよりもラーメンに興味があります。

河むら
昔風ラーメン(醤油)750円

続きを読む »

沖縄タウン「地雷源」は杉並区の裏環七に位置し、地下鉄丸ノ内線の方南町と京王電鉄代田橋の間というロケーションです。行く時は方南町駅から向い、帰りは代田橋駅を目指しました。普段なら表通りに出るところですが、今日は住宅街の中を散策しながら行くことにしました。

少し歩いたところで、商店街に出ました。ところが商店街の入口には、「沖縄タウンへようこそ!」なる横断幕が掲げられています。
エッ、沖縄!? 何で杉並で???

続きを読む »

地雷源

久し振りに方南町の「地雷源」に行きました。すっかり人気店になり、週末は行列必至。いくら何でも真夏の炎天下での行列は暑いを通り越して、危険です。猛暑ではなくなりましたが、台風一過で夏がぶり返ったような暑さです。

開店前に到着。既に数人の行列。行列嫌いの私も仕方なく並びます。
今日のお目当ては、土日のみ1日僅か限定5食という「鯵にぼ冷やしソバ」です。
ほどなく開店。あれ、知らない間に券売機が導入されている。早速「鯵にぼ冷やしソバ」を探す。それはすぐに見付かりましたが、販売禁止になっています。先客で早くも売り切れか!
気を取り直して、基本の「我流旨味ソバ」(醤油)を選びました。

地雷源

続きを読む »

明日9/8(土)と明後日の9/9(日)の2日間、去年に続いてマスコットシンガーである里アンナさんが、東京都庁の都民広場で開催される「大江戸舞祭2007」に出演されます。
ミニライブを始め、オープニングから閉幕まで随所に登場予定です。

丁度、台風一過。お天気にも恵まれそうです。
彼女の日頃の行いでしょうか。私とは大違いです。
マンダラ台風が接近する中、ライブに行きました。さすがにいつもより客は少な目。今日来ている客はコアな人です。
その代わり、心が揃う。

ヤバイな。
感情豊かな彼女です。嵐を衝いて来てくれる多くの客を見ただけで感激するでしょう。しかも今回は、彼女の曲のアレンジをなさったこともある羽田健太郎さんが逝かれたばかり。

続きを読む »

いつもは外食党の私ですが、今日は台風が接近しているというので、出勤途中でコンビニでランチを買い求めました。

鏡花「鏡花からめ麺」470円

立川の有名ラーメン店「鏡花」のご主人が監修したらしい。実は有名店主監修によるこのシリーズは、「せたが屋」「二代目つじ田」に続く3作目です。

続きを読む »

八重洲「豊月」

豊月吟醸バーの後に、東京駅八重洲北口近くの「豊月」に寄りました。
看板には「そば処・串やき」とあります。手打ちそばと割烹のお店で、夜は近くの証券マンなどで完全に居酒屋状態になります。
近くの老舗日本橋「やぶ久」の前には最近巨大な新しいビルが建ちました。再開発です。そのビルを挟んで、東京駅八重洲口前の大通りに面したコンビニが入っているビルの地下というロケーション。気を付けないと通り過ごしてしまいます。

続きを読む »

今年1月18日から開催されている「吟醸バー2007 蔵66」を再訪しました。半年以上続いているこの催しも10月下旬で終わります。

限定現在は第2ステージの第13週として、出来立ての新酒が味わえます。
週毎に特定の蔵元にスポットを当て、蔵元限定の吟醸酒が味わえます。いずれも甲乙付けがたい名蔵揃いですが、今週は私に馴染みの深い「くどき上手」が登場しています。蔵元は山形県の亀の井酒造です。何とも色っぽいネーミングじゃありませんか。

三種盛りこの催しで楽しいのは、蔵元の特集が変わるのと同時に、各蔵の地元から供される肴もそれに合わせて変わることです。
幾つかの肴から2種盛り・3種盛りが違う組み合わせで用意されています。
私が選んだのは、「鮭のこうじづけ」「ニシンのきりこみ」「おしんこ」の3種盛り。

続きを読む »

黒胡麻品川グランドコモンズのレストラン街に在る「香港食卓」にランチタイムに行きました。このお店は中華料理だけでなく、ベトナム麺のフォーなどエスニック料理もあります。
店内はカウンターが無く、全てテーブル席。混み合う昼時には一人客は当然相席となります。出会いがあります。オッサンと・・・。

食べたのは「黒胡麻坦々麺セット」(1,050円)
ランチに1,000円オーバーはちょっと痛いのですが、黒胡麻たっぷりの坦々麺にミニチャーハン、トロトロの杏仁豆腐がセットになっているので、内容的には満足感があります。
スープは辛さは控えめ、白胡麻ベースの芝麻醤(チーマージャン)を使った甘味もあるものですが、そこに一面真っ黒になるほど黒胡麻が加えられています。こんなに一時に胡麻を食べても大丈夫だろうか心配になるほど。食べている内にちょっと塩分が濃く感じられて来ました。
熱さと辛さで新陳代謝向上。汗をかいて、少しでも痩せないかな~。




Powered by FC2 Blog