FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


ムック本

ようやくムック本「夏遊び、夏温泉。」~伊豆・箱根・湯河原~が店頭に並び始めました。

表紙記事

温泉地まで行ってまた蕎麦かよ、と言われそうですが、箱根方面は実際に蕎麦店が多く、その中でも私が選んだお店は、是非とも紹介したいと思ったお店です。
スポンサーサイト
南青山の日本料理「ありそ亭」に行きました。福井県三国温泉の荒磯亭の支店です。
福井と言えば、主要な蕎麦産地の一つ。大野在来種などが有名。
越前おろしそばも有名です。

コース料理の中で食事として出された小盛りの蕎麦ですが、塩だれのつゆでいただく「塩そば」。
このつゆがただ塩の味だけでなく、出汁が利いた甘味のあるもの。
蕎麦は見た目のとおり平打ちですが、強い腰があります。
江戸蕎麦とは全く違う郷土料理です。

塩そば

丸正天然
日本橋室町に在る鰻料理の「築地丸正」に行きました。
築地市場で半世紀以上の信頼と実績を誇る、「川魚問屋」の直営店です。
鰻は産地偽装問題が大きく取りざたされていますが、この日は店頭に「天然うなぎ入荷」の貼り紙が!
思わず店内に吸い込まれました。


続きを読む »

私は数年前から朝食をパンからご飯に切り替え、更に雑穀米を常食とするようになりました。
理由は健康を考えてのこと。食物繊維を始め、各種ビタミン・ミネラルが豊富。洋食だと副菜もハムやバターなど高カロリーなものになりがちです。

美人玄米今はスーパーなどでも実に多くの種類の雑穀を販売しており、私はその時々で種類を変えて楽しみながら味わっていましたが、最近、驚きの製品を知りました。
広島県尾道市に在る(株)オクモトという会社の「美人玄米」。玄米に黒米と大豆を加えた3穀米です。
比較的シンプルな組み合わせですが、驚いたのはその炊き上がりです。
一般的な玄米や雑穀米は、ボソボソしがちです。
ところが「美人玄米」は、実にふっくらとした炊き上がりで、冷めても固くなりません。
しかも無洗米です。どうやら糠を取り除く段階で米の表面の薄い皮が除去されるために柔らかな食感になるようです。

和風の根菜カレーを作ってみました。実に色鮮やかな「美人玄米」の御飯。食べ慣れていない方は、白米と混ぜても結構です。慣れて来たら白米の割合を減らすと良いでしょう。

カレー

続きを読む »

大誠社刊 大誠ムック
「夏遊び、夏温泉。」~伊豆・箱根・湯河原~ (880円)

P56~63 「極上のランチ・スポット」と「番外編)持って帰りたい!! 極上の「土産」品」コーナーの中で、一部私が取材・執筆した記事が掲載されました。

1都3県・静岡県の大手書店・コンビニ・小田急OXで発売中です。
良かったらご覧になってください。

季織亭2

経堂の季織亭2の3周年パーティーに参加させていただきました。
今回はワインのソムリエ、藤沢潤さんを迎えてのワインパーティーです。ラーメン店の内階段を登った2階に在る、現代の文化サロンです。地元の方を中心に、客がそれぞれの分野の専門家集団。
飲む食べるは当然のことながら、その蘊蓄の深さ。大変勉強になります。

ワイン

本当は「隠れ家」にしておきたい場所ですが、別に会員制でもないので、こんな場所もあるんだぞ、ということで載せます。

続きを読む »

三鷹「きびや」

きびやこのところ何かと多忙でアップロードが遅れがちです。先週末の昼時に行きました。

久し振りの「きびや」。2002年11月の開店。もう足掛け6年になりますか。提供する蕎麦・料理の内容は多少の変化がありますが、すっかり安定した人気店になりました。
いつもと変わらぬ清廉な感じの店構えが好きです。
駅から少し歩くところが良い。店に向かう間に期待感と「また行ける」という喜びが体中を駆け巡ります。お店に行くこと自体が積極的に気持ちが良い。
憩いの空間が待っています。

続きを読む »

和邑

久し振りに雑司ヶ谷鬼子母神前の「和邑」に伺いました。意識して行ったわけではないのですが、この日は折しも東京メトロ副都心線の開業日。近くに雑司ヶ谷駅が出来てアクセスが良くなりました。駅周辺から参道まで、開業に伴うイベントで町中がお祭り騒ぎになっています。
うわ~、こりゃえらい時に来ちゃったかな・・・。
恐る恐る店の前まで出ましたが幸いにも行列も出来ておらず、空席がありました。
周囲の賑わいをよそに、いつもと変わらない凛とした静かな佇まい。
初めての方には入りずらい雰囲気かもしれませんが、私にとってはこのお店が神社近くにあるせいか、この雰囲気は辺りの空気にふさわしいと思っています。

続きを読む »

2008新酒会

新酒会酒瓶

池袋のサンシャインシティで開催された「日本酒フェア2008」に行って来ました。
昨年末に仕込まれた新酒の全国鑑評会入賞酒約500点の公開きき酒会と全国各都道府県の日本酒フェアを兼ねています。
公開きき酒会は以前は広島で行われていましたが、昨年より東京で開催しています。
会場はワールドインポートマート内4F の広大な展示ホール。それを各地域ごとに分かれて展示された約500種類の酒瓶が並べられている様は壮観でした。

続きを読む »

雑誌に出てしまいましたね。混雑すると困ります。
平日で週の前半ならと訪問しました。市ヶ谷「大川や」の姉妹店です。店の正面の入口にその雑誌記事が貼り出されていました。嬉しいのはわかりますが、雰囲気的には艶消しです。

鴨ハムサラダどうも料理雑誌の記事は主人曰くとか、材料やメニューに終始してお店の客層や雰囲気を伝えることを怠っているように思える。基本的に否定的なことは書けないから読者が過大な期待を抱いて訪問すると、逆に失望感に苛まれることもしばしば。
このお店の特徴は何か?

蕎麦は石臼挽き自家製粉。酒は種類を絞り、枡酒は産地も銘柄も秘密。つまみは「合鴨の生ハムサラダ」のようにこのお店ならではの品がありながら、ワインが用意されているわけでもなし、メインは蕎麦なのか、つまみなのか、酒を飲ませたいのか、今一つポイントが曖昧。雑誌的に述べると「旨い酒と肴、手打ちの蕎麦がある」というところか。
ワインがないのが極めて残念。日本酒ではサラダ仕立てには合わないし、ビールでは役不足。

それと、新店にも拘わらず店内禁煙でないのは残念。もはや酒を飲むところだからと言って喫煙可能なのは非喫煙者にとっては実に迷惑なことです。蕎麦も酒も香りを楽しむものではないのか。
折角の素晴らしい蕎麦が台無しです。
世田谷区三軒茶屋のキャロットタワー4階で開催された「大人の夜の食育講座」を受講して来ました。今回は第1回として「そばに学ぶ」。講師は芝の「案山子」店主山田健人さん。
集まった受講生の目の前で蕎麦を打ち、説明をし、質問に答えてくださいました。実に貴重な体験をさせていただきました。

講座延し

切りそば


質問に答えて、どんな材料を使っているか、出汁を引く時間はどのくらいか、茹で時間はどのくらいかなど、普通なら企業秘密とするようなレシピまで伺うことが出来ました。

お店への再訪が実に楽しみです。
左側のメニューにメールフォーム機能を追加しました。
メールアプリを別起動することなく、画面の入力欄に直接書き込んで私宛に送信できます。メール欄には御自分のメールアドレスを記入してください。
公開したくないコメントや直接連絡を取りたい方は活用してください。
よろしくお願いします。
久し振りに大田区千鳥町の「待庵」に行きました。
そうしたらびっくり!

待庵居酒屋

業態が変わって、「手打ちそば居酒屋」になっていました。営業時間も夜から深夜まで(18:00~25:00LO)と変更。以前は家族経営の和気あいあいとしたしたお店でしたが、今はご主人一人で切り盛りしているとか。何があったのか仔細はとても聞けませんでしたが、それに従って営業時間の変更を余儀なくされたようです。
驚きました。

続きを読む »

ビールフェスタ六本木ヒルズで開催された「ビアフェス2008 」に行って来ました。国内5社の協賛によるイベント。
最近は値段の点から発泡酒も人気ですが、あれはビールもどき。悲哀を感じます。
売れれば良いではなくて、メーカーも飲食店ももっと誇りを持ってビールの拡販に力を注いで欲しいと思います。


LIVE

メイン会場ではライヴ演奏も行われ、今日は好天に恵まれたこともあって大賑わいです。


続きを読む »

マルゲリータ

PIZZAこれは某店の窯焼きのピッツア。塩が利いており、もっちりとした食感。料理は良かったですが、サービスが全く駄目でした。昼の混雑時と言え、あまりにその質が低過ぎる。
最初にオーダーしたワインを忘れる。おしぼりを出し忘れる。前菜が出るまで10分以上も掛る。デザートが出るのも10分以上掛る。犬もOK、子供連れもOKで敷居が低いのは結構だが、実に騒々しい。残念ながら「厳選レストラン」には載せられません。でもこのピッツアは好き。

Powered by FC2 Blog