FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


店構え東急東横線 学芸大学駅前の「与志田」に行きました。
手打ちの蕎麦・うどんのお店。中休み無しの営業が嬉しい。

店頭には天丼・親子丼も書かれた提灯が下がっており、「麦とろめし」の看板も出ている。サービスセットの張り紙もあり、何ともにぎやかだが、「ウリ」はどれなんだかよくわからない。
ご自慢が沢山あると理解しましょう。


続きを読む »

スポンサーサイト
全国味の逸品会西武池袋本店で開催中の「全国味の逸品会」に行きました。
お目当ては、この催事に何度も登場しているラーメンの「中村屋」です。

これまで私は何度もその度に足を運び、これまで醤油味と塩味は体験済み。今回は、カレー味の「まさら」を味わいたくてまた行きました。

中村屋のラーメンとカレーの相性は如何に?

続きを読む »

揚州商人

揚州商人の目黒店に行きました。このお店とのお付き合いは長く、10年以上前から度々訪れています。今や都内を中心に30店を超えるチェーン店になりましたが、その中でもこのお店の開店は早く、確か以前は本店と称していたと記憶しています。

特徴は、看板に中国ラーメンとあるとおり、最近のラーメン専門店に多い和風出汁を利かせたものではなく、中国の揚州から大正時代に日本に渡ってきたという創業者の味を引き継いだ、中国式のラーメンです。

続きを読む »

コンサート

10年振りにクラシックのコンサートに行きました。渋谷のオーチャード・ホールでN響定期。
曲目は以下のとおり。

ベートーヴェン:序曲「コリオラン」
ショパン:ピアノ協奏曲第1番
ブラームス:交響曲第4番

指揮はクリスティアン・ガンシュ
ピアノは小山実稚恵

この10年間、会社勤務で24時間対応の仕事をしていたので、予約が必要なお店にもコンサートにも行けず、一時も気の抜けない緊張感の連続でした。
昨秋から異動で、一般的な昼間勤務の仕事になりました。個人的に失われた10年です。

ライブやコンサートは、やはり素晴らしい。電機を通して鼓膜から1㎝ほどの距離で聴くイヤホンの音とは全く違って、数十メートル先から伝わってくる空気の振動を身体全体で受け止めるのは別次元の体験です。

10年振りに生で聴くN響はメンバーも入れ替わっているでしょうが、ひときわ木管の揺るぎない艶のある音色が素晴らしく、中音域に厚みが増したように感じました。

蕎麦と音楽がなければ、やはり私は生きて行けそうにありません。
マンダラまた、倉橋ルイ子さんのライブに行きました。
ご存じない方も多いでしょうが、バラード歌わせたら右に出る者がいない方です。一般的な知名度は高くありませんが、熱烈なファンが多い方です。

食べ物同様、好きな音楽なしでは私は生きて行くことが出来ません。
心の支えです。

続きを読む »

西武池袋線の桜台駅北口、昨年11月にオープンしたという「OSTERIA Ka'ppa」に行きました。
嬉しいことに、土日でもお得なランチセットが提供されています。イタリアンのお店ですが、ご自慢は自家製の生パスタです。

Kappa黒板


続きを読む »

2005年11月の開店。開店直後に何度か行きましたが、久し振りの訪問です。

たじま


ランチ今回はお得なランチセットがお目当て。蕎麦に丼物か野菜小鉢がチョイス出来て1,000円というお値打ちです。ランチでも野菜料理が登場するところがこのお店らしいところ。

ところが・・・、昼時の混雑を避けて遅めの時間に訪問したのが裏目に出て、ランチメニューは売り切れ。通常メニューを頼まざるを得なくなりました。

そうなると、お酒とつまみ、蕎麦となると夜と同じようなオーダーになります。どうしようかなと思っていて目に止まったのが、蕎麦コース(3,000円)です。野菜小鉢3品+野菜料理1品+蕎麦という内容です。一人でも頼めるというので、これをお願いしました。

続きを読む »

目黒区ラーメンMAP

会社の同僚から「目黒区ラーメンMAP」なる物をもらいました。食事に行ったラーメン店に置いてあったそうです。

MAP店



揚州商人様 ラーメン試食モニター20名様募集!! ←参加中


海老民
JRの目黒駅からはだいぶ離れています。最寄り駅は東急目黒線の不動前駅ですが、それでも5,6分は歩きます。門前通りの古い商店街の中。
入口は通りから石段を数段上がったやや奥まった造り。いかにも蕎麦屋然とした雰囲気で、店内も同様。テーブル席中心で、法事など会合に使えるお座敷もあります。創業80年の老舗です。

一見すると何気ない町のお蕎麦屋さんという感じですが、このお店は手打ちであるばかりでなく、各種厳選素材を使用するなど見るべき所が多くあります。

続きを読む »

@niftyの「体験!厳選レストラン」で5月16日に開催予定の「蕎麦会」の応募を締め切りました。沢山のご応募をいただき、ありがとうございました。応募開始直後から早い時期に申し込まれた方が多く、蕎麦好きの方の関心が高かったものと推察されます。

現在の飲食業界全体から見ると、一般の方にとっては蕎麦屋を選択する優先度は高くはなく、世界各国、様々な業態が競い合う中にあっては、「今日は食欲がないから蕎麦でも食うか」というような消去法的に選ばれることも多いようで、蕎麦の魅力や蕎麦屋で憩う過ごし方などはあまり認知されていないのが現状です。
だからこそ、その魅力や素晴らしさをもっとお伝えせねばと思うのです。

最近は手打ちのお店が増え、私の言う「蕎麦ルネッサンス」が実現されつつあります。問題はコアな蕎麦好き以外の客層の間口があまり広がっていないことです。
若者や女性にももっと蕎麦屋を利用してもらいたい。
そのためには子供の頃から家族で日常的に蕎麦屋に行く出掛け、体験を記憶に留めるという食育が必要でしょう。そのためには、個人的にはあまり高級化路線は良くないと考えています。蕎麦・寿司・天麩羅と言った江戸時代から続く伝統的な料理は、元は屋台などの庶民の日常から発した食文化です。お子様お断りというようなお店は接待向きを除いては、それを阻害するものだと考えます。
業態の多様化というのも客層を広げる一助にはなりますが、居酒屋系やダイニング蕎麦ばかりでは、クオリティの面で、蕎麦に関する間違った認識を植え付けてしまう危険性があります。

「種まき」だと思っています。
蕎麦は美味しい。蕎麦屋は素敵。美味しいだけでなく、心も憩える。
その魅力を伝えたい。
それを広めるための種まき。やがて芽を出し、つるを延ばし、花を咲かせてくれればと思います。
そして穂をもたげ、また実を結んでくれればと願っています。


5月16日(土)に芝の「案山子」で開催を予定している@niftyの「体験!厳選レストラン」の応募締め切りが、4月10日 17:00に迫っています。

当日は、ご主人の山田氏が目の前で手打ちの技を披露し、打ち立ての蕎麦を賞味し、お話も聞くことが出来る貴重な機会です。

お申込みがまだの方は、是非お早目に!
募集石神井公園の「手打そば 菊谷」で、蕎麦職人を募集中です。
スタッフの一人が修行を終えて8月に実家の蕎麦店に戻られるそうで、交代メンバーを募集しています。
将来、自分の店を持ちたいと思っている方なら又とないチャンスです。修行のために自分から希望しても雇ってもらえるお店を探すのは大変でしょう。

大切なのは「熱意」だと思います。必ず夢を実現させるんだ、という強い思い。
その情熱があれば夢は必ずや叶うでしょう。
私が思うに、実は蕎麦打ちはさほど難しくない。きちんと基本を習得すれば、後は数を重ねればさほどの日を重ねずとも打てるようになります。
しかし、蕎麦打ちとお店の経営者となることは全く次元の異なることです。味だけではなく客の求めるサービスを提供し、利益を上げるのは簡単ではありません。安易な気持ちから経営に失敗し、撤退せざるを得なくなったお店は枚挙に暇がありません。でも、人生には何でもリスクはつきものです。サラリーマンでも同じこと。

やる気のある方は、お店にご連絡を。
菊谷贔屓の「菊谷」を訪問。暫く行かない間にメニューも増えて若いスタッフも。こうしてお店の変化を見届けるのも楽しみです。

この日のお酒は「花見酒」。にごり酒です。お通しは蕗のとう味噌。春を感じさせてくれる私の大好物。嬉しくなります。

花見酒

続きを読む »

まるやま

私にとって代田橋は、通っていた学校の最寄り駅で懐かしい場所。近くには私が贔屓にしている「冬林」(残念ながら休業中)、環七を方南町方向に行けばラーメンの「地雷源」がある。そんなことで卒業後も何度となくこの近辺は歩いている。
以前から在った蕎麦屋さんが「長寿庵」。都内だけでも300店以上がこの屋号を掲げているという一大暖簾である。だから敢えてこのお店の暖簾をくぐろうという気にはなりませんでした。
しかし、このお店が昨年リニューアルし、「手打蕎麦 まるやま」とう看板を掲げました。長寿庵で手打ち蕎麦、しかも店頭に大きく「あなご天せいろ」と大きく書かれた看板も・・・。

続きを読む »


Powered by FC2 Blog