FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


そばもん

週刊ビッグコミックに連載中の「そばもん」が人気を集めています。単行本第一弾が29日に発売されます。

そばもん

続きを読む »

スポンサーサイト

福島邦子ライブ

看板昨夜は仕事を早めに切り上げさせてもらって、三軒茶屋のライブハウス「Radio Days」へ。会社の同僚には申し訳ないが、デビュー以来25年間もずっと応援し続けていると言えば、その想いの深さ、どれほど私にとって大事なものであるかを少しはわかってもらえるでしょうか。

出演は福島邦子
小さなライブハウスでしたが、折しも今日は彼女のウン十回目のバースーデー。ライブの最後に皆で「ハッピ・バースデー・トゥ・ユー」の合唱に、ケーキの登場。
素敵な一夜になりました。

山せみ「神楽坂 山せみ」が開店しました。

ショップカードには、LO 22:30と書かれていたので、これは遅くまでやっていて便利だと思いましたが、おっと、危ないところでした。
私が入店してすぐに21:30で蕎麦はオーダーストップとなりました。それ以降は、簡単なつまみとお酒のみオーダー可とのこと。

21:30を過ぎても暖簾は出されたまま。次々とお客がやって来ては、蕎麦はもうNGと聞いてガッカリして帰ってゆく。客の立場としては非常に困ったシステムです。
是非とも改善を望みたい。

続きを読む »

街歩きにて

私は時間が許せば、積極的に街歩きをします。情報が氾濫する現代にあっては、雑誌やネットで消化不良になるくらいの情報が得られますが、それには現れない生の空気感のようなものを感じたい。
そう思って街に足を運びます。

この日は江戸川橋からゆるゆると坂を登って、神楽坂に出ました。お馴染みの街ですが、定期的に足を運べば、時には思い掛けない変化の場面に遭遇することがあります。

神楽坂 山せみ

続きを読む »

新大久保「角萬」

角萬新大久保の「角萬」を訪問。以前は同じ屋号で別な方が経営されていましたが、四谷に移転。それを引き継いだのが現在のお店です。
竜泉に「冷や肉」で有名な同名のお店がありますが、関係はありません。但し、肉を使った料理があるのが共通点。入口横の幟には、「平牧三元豚そば湯しゃぶしゃぶ」と染め抜かれています。
ブランド豚として最近あちらこちらで平牧三元豚の文字を見掛けるようになりましたが、遂に蕎麦屋まで・・・。


続きを読む »

きだ今年は例年になく、ぎんぽを食べまくっています。
毎年この時期にぎんぽを出してくれる「きだ」へ。
勿論ぎんぽ狙いです。

入口の戸が開け放たれていて、店の奥に貼られた品書きが見えます。
あ、ありました!

品書き

続きを読む »

社長「季織亭2」恒例の利き酒会に参加させていただきました。蔵元の方を招いてのディープな催し。

この日は長野県木曽の湯川酒造店さんから”取締役・社長見習い”という湯川尚子氏が登場。全国的に日本酒の蔵元では各地で女性の進出もめざましいものがありますが、この若さと美貌はどうでしょうか。しかも酒造りに掛ける真摯な姿勢と情熱。本当に参ります。
「お前は何をして来たのかと、吹き来る風が私に言う」といった気分。
用意されたお酒が次々に開けられます。


続きを読む »

@nifty主催「体験!厳選レストラン」が芝の「蕎麦 案山子」で行われ、無事終了しました。
今回で9回目となるこのイベントですが、これまではフレンチやイタリアンなどのグランメゾンが中心。初の蕎麦屋さんでの開催で、しかもご主人の蕎麦打ちの実演披露もありという趣向。応募された一般の方をお迎えし、私がエスコート役を務めさせていただきました。

蕎麦屋さんでのイベントではありますが、客の間口をもっと広めたいという思いから、ウェルカムドリンクとして特別にシャンパンを用意。邪道と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、既存の蕎麦好きだけでなく、女性の参加を促す意図がありました。幸い多数のご応募をいただき、狙い通り女性の参加も多く、蕎麦打ちを目の前で見るのは初めてという方がほとんどで、会場は熱い熱気に包まれました。

この日のために用意されたメニューは、前菜料理5品+鴨汁蕎麦+デザートという構成。普段はお店で出していない特別メニュー2品とオリジナルデザートを含みます。

続きを読む »

経堂の「季織亭2」が、小布施ワイナリーから日本酒を取り寄せたと聞いて駆け付けました。

小布施ワイナリーは、今や日本を代表する素晴らしいワインを生み出している小規模なワイナリーですが、同時に生産量はわずかながら日本酒の蔵元でもあります。

季織亭



続きを読む »

西武新宿線野方駅近くの「大平庵」に行きました。このお店は天麩羅が秀逸。特にワカサギなど川魚を使った旬のメニューがお楽しみです。

大平庵


続きを読む »

IMGP4096.jpg

続きを読む »

銀宝

ginpou銀宝(ぎんぽう・ぎんぽ)シーズンのスイッチが入ってしまいました。

今日は、「ハゲ天」の支店でいただきました。
庶民的ですが、伝統の技で揚げ立てをいただけるのは嬉しいものです。

続きを読む »

ぎんぽう

新宿の「船橋屋」で、今年初めての「ぎんぽう」を食べました。

一般的にはあまり馴染みがないかもしれませんが、ぎんぽうは江戸前天麩羅の花形。見た目はウツボににてグロテスクで、煮ても焼いても美味しくありませんが、まるで天麩羅になるために生まれて来たような魚です。キスやメゴチも結構ですが、ぎんぽうは更に旨味が深い。白身の魚ですが脂にコクがあります。5月から6月のわずか1か月程しか味わえません。

季節メニューぎんぽう

続きを読む »

氷川台「山禅」

ゴールデンウイークも後半になりました。私は旅行嫌いなので、遠出するよりも都内で飲食三昧です。
今日は昼時に「山禅」を訪問しました。一茶庵系のお店。住所は桜台ですが、最寄り駅は東武東上線の氷川台駅です。駅からは徒歩10分ほど。静かな住宅街の1軒屋です。

店構え品札


続きを読む »

エントランス護国寺の「ちゃぶ屋」が、先月から「2009年式」と銘打って味をリニューアルしました。

このお店では暫く前から昼と夜の営業時間帯でそれぞれ違うテイストの味を提供しています。4月以前は、昼は1996年式の正油味とざるらぁ麺・1997年式の味噌味を提供し、夜は2007年式の正油らぁ麺と、夜だけの限定メニュー塩らぁ麺を出していました。

今回のリニューアルでは、夜の時間帯に2009年式を提供。味は醤油・塩・味噌からチョイス可能となりました。


続きを読む »

住所は西五反田になりますが、最寄り駅は東急目黒不動前駅。山手通り沿いに、ひょっこりと看板だけが置かれています。フカヒレ・鮑料理の専門店のようで、店舗は2階です。

看板案内

続きを読む »


Powered by FC2 Blog