FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


昨年夏の開店。ようやく伺う機会を得ました。北海道江丹別産蕎麦を石臼挽き自家製粉しているという。

太鼓屋暖簾

続きを読む »

スポンサーサイト
酒屋さん「藤小西」が経営するワインバー「プチコニシ」で、サマーフェスタが開催されました。

プチコニシ

夏祭り数種類用意されているグラスワインはどれでもサービス価格の500円、店頭で販売されているワインの持ち込みも、普段なら持ち込み料が掛るとこを無料となっています(1本3,000円以上のボトル)。

混み合うとことを予想して、早めに出撃しました。


続きを読む »

五反田「栄福」

刀削麺五反田でお店探してをしていて、真っ赤な刀削麺の看板に惹かれて「栄福」というお店に入りました。

最近、インドカレーと刀削麺の店がやたら増殖しているようです。五反田近辺でも他に数店、刀削麺のお店があります。
このお店は初めて入ります。


麺



続きを読む »

I GIUSTI & ZANZA

今宵は、さる行き付けのお店の店長が今月一杯で辞めて故郷へ帰られるというので、お別れの挨拶に行きました。

開店以来、5年間もお世話になりました。
私が仕事で疲れた時、悲しいことがあった時、どれほどこのお店で慰められたことかわかりません。

今日のグラスワインがこれ。世界中に星の数ほどあるワイナリーの中でも個人的な好みでは屈指のもの。
イタリアはトトスカーナの「イ ジュスティ・エ・ザンツァ」。

PERBURUNO


続きを読む »

最近、野菜ブームですね。どのジャンルのレストランでも新鮮な野菜料理に力を入れたり、農園が経営するレストランもあちこちで開店しています。

そんな野菜をウリにしているお店の一つを訪問しました。
練馬区大泉の「La毛利 table paysanne」(ラ・モウリ ターブルペイザンヌ)。お店の前は、練馬区の農業体験農園となっています。全部がお店の畑というわけではありませんが、一部を自家栽培しています。その他の食材も全国から産地直送で仕入れているという。

La毛利


続きを読む »

目黒で人気の立ち飲みワインバー「立飲 Bistro-SHIN」の2号店、「立飲 SHIN2」に行きました。

SHIN2

続きを読む »

このところ残業続きで、夜に蕎麦屋に伺うことが出来ません。今日もランチ蕎麦です。

目黒不動尊前の「海老民本店」へ。自家製粉・手打ちのお店です。最近開店したお店とは違って、昔ながらの庶民的な「お蕎麦屋さん」の雰囲気です。
やはり夏は白い暖簾が清々しい。

海老民



続きを読む »

目黒「川せみ」

ランチタイムに目黒の「川せみ」に伺いました。

風に真っ白な暖簾が揺れています。清々しい。去年はかなり早い時期に新蕎麦が出ましたが、今年はどうでしょうか・・・。

川せみ

続きを読む »

五反田「昭月庵」

ランチタイムに五反田の「昭月庵」に行きました。
蕎麦教室なども開いている手打ちのお店ですが、昼時は周囲のサラリーマンがどっと押し寄せて戦場のようです。セットメニューが中心となります。

昭月庵



続きを読む »

久し振りに「船見坂」に行きました。
大手資本のムジャキフーズのお店の一つですが、その是非については見合わせましょう。

お盆の時期とあって休業中の飲食店が多く、ラーメン店も同様。
店の様子を見に行ったら、幸い開いていました。
「函館ラーメン」の幟がはためいています。
戦場の如し。


IMGP5943_20090816210503.jpg

続きを読む »

西尾中華そば「凪」グループの一番新しいお店「西尾中華そば」に行って来ました。渋谷店はプレオープンの時から行っていますが、あちらは特濃豚骨でドロドロ系のため、正直言って私にはヘビーでした。

ところが、駒込の「西尾中華そば」は全く違うスッキリ系。各種厳選素材を使用して「返し」を作り、鶏と魚介系のクリアなスープにトウモロコシ粉入りという自家製麺を組み合わせた個性的なテイストで勝負します。中華そばと言うだけあって、日本蕎麦の技法を駆使しているようです。

続きを読む »

西武新宿線の都立家政駅近くの「麺や 七彩」に行きました。
2007年2月の創業。今やラーメンフリークなら知らぬ人がいないほどの有名店です。短期間に人気ランクの階段を頂点まで駆け上がりました。

暖簾無化調

続きを読む »

軽井沢「Cu-Cal」

旅行嫌いの私が、軽井沢まで足を運びました。興味あるイベントが開催されたからですが、これはそのイベントに参加したいという個人的な希望というレベルではなく、是非とも「行かねばならない」と感じました。
書店で本を選ぶ時もパラパラとページをめくって、読みたいではなく「読まねばならぬ」と感じることがあります。自分にとって、決して逃してはならない運命的な機会だと感じる瞬間です。

Cu-Cal


案内そのイベントは、「ニッポンを食で元気で」をテーマに軽井沢でスタートしたフードフェスティバル「Cu-Cal」(クーカル)です。
メインイベントは全国の有名シェフ27名が日替わりで現地で腕を振るう「シェフズテーブル」ですが、その多くの日程が平日だったこともあり断念。それ以上に私にとって一番重要と感じたのが、たった1回限りの『つくり手たちと飲み、食い、語らう日本ワインの会』というイベントで、近年、国際的な評価もめきめきと上がっている国産ワインの生産者を集めた試飲会です。



続きを読む »

早くも新そば登場

地球温暖化の影響でしょうか? 年々新そばが出回る時期が早まって来ているような気がします。
五反田の「かめちくりん」(店名が変ちくりんです!)で、新そばに遭遇しました。

新そばかめちくりん

北海道


続きを読む »

けんみん雑誌「食楽」8月号のラーメン特集に掲載されたお店の一つです。

お店の前に翻る旗でわかるように、つけ麺がウリのようです。ご主人は一流中華料理店で修業し、自家製麺とラー油まで手造りというこだわりがあるようです。

スープは2種類の煮干しを使った和風出汁が特徴です。
「今時」のお店でしょうか。

翡翠麺を出している中華の「百番」の向かいに店を構えています。



続きを読む »

夏本番を迎えて、各ラーメン店で季節メニューが出揃いました。

江古田のラハメン ヤマンでは「鶏の冷た~い塩らはッ」(900円)が出されています。中々に美しいビジュアルです。

鶏の冷た~い塩らはッ!



続きを読む »

三ノ輪「あんど」

7/20に地下鉄日比谷線の三ノ輪駅近くに開店した「あんど」に行きました。

「あんど」とは変わった店名ですが、安心して食べられる安堵からとったそうです。私が贔屓にしている「地雷源」の店主鯉谷氏のプロデュースによるものだという。

あんど

続きを読む »


Powered by FC2 Blog