FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


吟醸バー汐留

11月22日、汐留のヤクルトホールの隣に「吟醸バー汐留」がオープンしました。日本吟醸酒協会が、吟醸酒の美味しさを広めるために設けた1年間限定のイベントスペースです。過去にも東京駅の地下街などでイベントを実施して来ましたが、今回はこれまでよりも期間を長くして、しかも路面店です。

吟醸バー

幡

続きを読む »

スポンサーサイト
今日は、どうしても池之端に行きたいと思いました。格別な理由はなく、ただ心がそう訴え掛けるのです。
ふっと誰かに逢いたいとか、何かを食べたいと思うのと同じこと。
格別の理由なんていりません。

近隣はネオン輝く華やかな店に取り囲まれましたが、この店だけは異次元空間のように昔ながらの蕎麦屋の風情を残しています。

店構え


続きを読む »

暫しの休業を経て、永福町の「黒森庵」が本日営業を再開しました。今や情報はツイッターなどを通じて瞬時に伝わります。この日は行列嫌いの私も覚悟の上で開店時間前に行きました。
開店時間の11:30より前にお店に到着しましたが、既に行列が出来ていました。もっと早く出掛ける予定でしたが、ブログの更新などに手間取りました。致し方ない。

暖簾

暖簾には、うさぎ、じゃなくてリスが自転車に乗っています。店主の加藤さんは自転車がご趣味とか。暖簾の上には店名が掲げられていますが、今回行列に並んだことで初めてその凝ったデザインに気付きました。

店名

続きを読む »

恵比寿で開催された「FESTIVIN」に行って来ました。この日は昼に深大寺のそば祭に行き、続いての強行軍です。

2F

会場は見知らぬ場所の2階とあって、さほど広くないスペースかと思いましたが、驚くほどの広い空間にこれまた驚くほどの人出で、凄い熱気に包まれていました。

会場




続きを読む »

深大寺 そば祭2010

毎年恒例の深大寺のそば祭に行って来ました。今年は明日の日曜日に行く予定でしたが、都合で急遽出掛けることになりました。

幸いに今日は良いお天気。夏の猛暑のお陰で紅葉は遅れがちで、丁度そば祭の時期に紅葉の見頃が重なりました。

参道

案内図

続きを読む »

会議が長引いて、一般的な蕎麦屋は既に閉店している時間。夕食難民になり掛けましたが、救世主は駅ビルの飲食店街です。池袋Esolaは23時まで営業しています。雨の日も濡れずに行くことが出来ます。

麺好きの私が訪れたのはベトナム料理の店「バッチャン」。お米を原料としたフォーがお目当て。

エスニックのお店はイタリアン同様、女性客の比率が高くてオッサンには入りずらいことが多いのですが、時間帯が遅かったせいか幸いにもカウンター席が空いていました。

まずはベトナムビール。「サイゴンビール」をチョイス。爽やかなテイストが特徴。

サイゴン

続きを読む »

暫く振りの訪問です。

JR山手線の新大久保駅からトコトコ歩いて明治通りを越えてすぐ。副都心線も開通したので東新宿駅から歩いても300メートルほどですが、私は飲食店が多い新大久保駅から歩くのが楽しい。

大むら

豚しゃぶ? 蕎麦屋さんとしてはあり得ない品書きですよね。何とも不思議なお店です。

続きを読む »

栃木県足利市に在るココ・ファーム・ワイナリーの収穫祭に行って来ました。

幸い好天に恵まれ、旅行日和。去年は遅めの時間で物凄く混んでいたので、今年は早起きをして9時前に足利市駅に到着。さほど待たずに収穫祭専用のシャトルバスに乗れました。

バスの発着所付近からの遠景。

遠景

続きを読む »

地下鉄丸ノ内線の後楽園駅近く。春日通り沿いに5分程歩いた商店街ではない場所に店を構える。
店名は「舞扇」。 うん?焼き物のマイセンを捩ったものでしょうか。

舞扇



続きを読む »

今日はボジョレー・ヌーボーの解禁日ですね。ワインバーへ行く選択肢もありますが、今やコンビニでも販売されいる時代です。打ち合わせで外出した帰りに銀座に寄りました。辺りを少し徘徊して、気分で今宵は庶民的な蕎麦屋さんに足が向きました。

看板

店構え



続きを読む »

新橋「おにかけ」

何やら恐ろしげな店名ですが、おにかけとは信州の郷土料理の一つだそうです。

おにかけ

店頭には、「オバステ正宗」なる見知らぬお酒が飾られています。姨捨?
これも何やら曰くありげな名前ですね。

オバステ


続きを読む »

石はら 仙川店

世田谷の松陰神社前の本店は何度か訪問していますが、支店の仙川店は初訪問。仙川は以前に知り合いが住んでいたので懐かしい場所。近くにキユーピーマヨネーズの工場が在りますが、老朽化のために来年3月には廃止予定だという。時代の流れとは言え、いささか寂しい。渋谷本社屋上の看板も省エネのためか不点灯が続いている。

仙川店は、にぎやかな商店街とは反対に甲州街道側の線路沿いに歩いてすぐの場所。

石はら

イチ押し

続きを読む »

下北沢駅から茶沢通りをトコトコ歩いて、この店を訪問。近くには立派な門構えの「打心蕎庵」が在りますが、こちらは小体でキュートな雰囲気。

七つ海堂

新そば



続きを読む »

四谷「蕎麦善」

久し振りに「蕎麦善」に行きました。行こう行こうと思いながら数年振りの訪問になります。10年程前にこの近くに勤め先があったので、当時は頻繁に訪問していました。その頃のお店は確か民芸風でカウンターがあったかと記憶していますが、その後改装してスタイリッシュな高級感のある雰囲気に変貌しました。

暖簾

続きを読む »

今年8月のオープン。お店の前は何度か通っていましたが、「葵」と染め抜かれた藍色の暖簾が掛っており、てっきり居酒屋さんだと思っていました。ところが雑誌「食楽」12月号にこのお店が紹介されていてビックリ!
国産中心のワインバーだったんだ・・・。

葵

看板

ボトル

続きを読む »

今日はワイン気分。がぶ飲みしたくて某店に行きましたが、喫煙者がいてすぐに退散。居酒屋ならともかく、特に香りを楽しむお酒であるワインをメインにするお店なら禁煙に出来ないものか?
喫煙者の店離れを心配するよりも非喫煙者の店離れを心配してほしい。

そんな思いで他のお店を探していたら、このお店に。これまで何度もお店の前を通っていましたが、地階があること、そして禁煙スペースであることも知りませんでした。

黒板

続きを読む »

「新橋ときそば」

かつての「辻そば」を引き継いだこのお店が開店してから既に1年余り。ずっと気になっていましたが、ようやく訪問することが出来ました。

ときそば


続きを読む »

池袋「螢月」

先日、日本酒バー「螢月」を訪問しました。

若者が多い雑然とした雰囲気の池袋にあって、実に渋い落ち着いた店構え。数少ない大人向けのお店です。


蛍月

続きを読む »

酒販店「藤小西」併設のスタンディングバー「プチコニシ」で開催された、日本ワイン試飲会に行って来ました。
今回はデフォルトで8銘柄(当日券2,500円)と、別に有料で試飲用に3銘柄。

プチコニシ

続きを読む »

脂の乗る旬を待って、この店では冬場にしか鴨を出しません。

今は流通事情が昔とは比較の出来ないくらい良くなって、輸入物や冷凍物も出回っていて一年中手に入る。しかし食材には必ず旬というものがあって、一番味が良く身体にも季節毎の自然の恵みである旬のものが一番だ。

店構え

続きを読む »

浅草橋駅から総武線の線路沿いに秋葉原方向に歩く。清洲橋通り近くの雑然とした下町の街並みの中にこのお店はある。

手打ち蕎麦の幟がはためいていますが、店名は「茶の間美登里」と少し変わっている。無農薬の野菜料理が人気で女性客が多いらしい。2001年の創業のようだ。

幟

美登里




続きを読む »

「山梨ヌーボーまつり2010」に続いて、駒沢公園で開催中の「東京ラーメンショー2010」に行きました。
昨年は生憎お天気に恵まれず途中から雨になってしまいましたが、開催初日の文化の日は晴れの特異日とかで見事な好天。晴れ過ぎて気温も上昇、行列客を狙ってコンビニの店員がミネラルウォーターを販売に来る事態となりました。

ステージ

う~~、ここでも凄まじい行列です。チケットは事前購入していたので並ばずに済みましたが、各ブースは長蛇の列です。まるで午前中のデジャブーの如し。今回は会場内でビール販売ありとの情報を得ていたので先に2本購入して、長い行列中にまず1本を飲みながら待って喉の渇きを潤すというオヤジ的暴挙に出ました。

行列


続きを読む »

東京日比谷公園で開催された「山梨ヌーボーまつり2010」に行って来ました。フランスのボージョレー・ヌーボーは11月の第3木曜日が解禁日ですが、山梨県ワイン酒造組合では、2008年から11月3日を山梨ヌーボーの解禁日と定めています。

イベントは東京を皮切りに地元交付でも場所を移して開催されます。東京では34ワイナリー、60銘柄以上が出品されます。

イベントの開始時刻の11時を目指して会場にたどり着きましたが、そこには既に我が目を疑うほどの長蛇の列が。

行列

のぼり


続きを読む »

神楽坂 山せみ 

神楽坂の山せみに行きました。新そばの張り紙が出ています。

白暖簾

手打






続きを読む »

ようやく雨が上がったので、勇んで蕎麦屋さんへ。今宵は上野。
目的は、最初から松茸そば狙いです。

新そば

店頭に新そばの張り紙が出ています。このお店は北海道江丹別産の蕎麦を使用。蕎麦は不作と聞いていますが、大丈夫でしょうか。


続きを読む »


Powered by FC2 Blog