FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


先日「ecute上野」で購入したカップ入りのせんべい汁を食べてみました。お湯を掛けて4~5分待てば出来上がり。郷土料理がカップ麺感覚で味わえます。

東北新幹線の青森開通やB-1グランプリでの連続入賞などで、せんべい汁の知名度は急速に高まっています。

せんべい汁

製造者は八戸東洋株式会社。東洋水産の100%出資の子会社です。やはりカップ麺のノウハウを活かした商品のようです。
定価は420円(税込)とカップ麺よりはやや高め。

続きを読む »

スポンサーサイト
今宵は中野坂上の「プチコニシ」で、年末のイベント。グラスワイン1杯につきスピードくじが1回引けます。ドン・ペリニヨンを始め豪華賞品が用意されていました。お客様感謝デーですね。

蕎麦屋さんは混み合っているし、他の飲食店は既に年末年始の休業に入った処もあります。一人でもぶらりと寄れる、こんなお店が嬉しい。

プチコニシ


続きを読む »

江古田「一心軒」

今日、明日は蕎麦屋さんは年越し蕎麦で、さぞや忙しいことでしょう。それを見越して本日はラーメン屋さんへ。

一心軒

天然かんすい

続きを読む »

毎年恒例となった「黒澤」のそば会に行って来ました。完全予約制です。

黒澤

続きを読む »

来年の干支は卯ですね。うさぎをお店のシンボルにしているのが池袋「宮城野」です。

うさぎ




続きを読む »

四季桜 冬の華

栃木の銘酒「四季桜」を扱っている地元の酒屋さんで「冬の華」を購入しました。純米大吟醸の「花宝」も入荷していましたが、季節限定のこちらを。

冬の華


続きを読む »

昨日訪問した「すが原」のご主人から、すぐ近くの「大古久」さんが改装されたと聞いて訪問しました。

大古久

欅の森

あまりにも大胆な変貌ぶりに驚きました。以前はいかにも商店街の中に在る庶民的な感じでしたが、スタイリッシュで小綺麗な店構えになりました。同じお店とは思えない程。客層を広げる狙いがあるのでしょうか?既存の年配客には入りにくくなったのではとも思われますが、この店構えも20年、30年経てば、古臭いと言われるようになるのでしょうか。


続きを読む »

今年も押し迫って来ました。残すところ数日。来週辺りから年越し蕎麦シーズンで蕎麦屋さんは大変な繁忙期に入ります。逆にクリスマスは洋食系のお店は大変な賑わいになりますが、蕎麦屋さんは空いています。
一年間お世話になった挨拶も兼ねて、馴染みのこの店を訪問しました。

すが原

続きを読む »

商業施設のトレッサ横浜に私贔屓の「富久長」の女性杜氏、今田美穂氏が広島から来訪するというので応援に駆け付けました。
そのついでに、昼食は事前にこのお店をリサーチして向かいました。東急東横線の綱島駅からは1キロ以上距離がありますが、幸いお天気に恵まれたのでブラブラと駅前の商店街を抜けて歩きました。

地図を頼りにこの辺りかと見当を付けて行くと、歩道に小さな看板が出ています。

富嶽

民家です。典型的な自宅改造型。しかも写真には写っていませんが、出前用のバイクも店頭に置かれています。
確か手打ちと書かれていた筈だが、大丈夫なのだろうか?
不安が過ります。

店構え

続きを読む »

笹塚「山横沢」

「山横沢」ちょっと変わった店名ですね。そのようなご苗字なのか、それとも店主が山好きなのか?
山=田舎蕎麦を連想させます。

場所は京王線笹塚駅からすぐの線路沿い。

看板

山横沢

続きを読む »

蕎麦好きなら知らぬ者はいないと言って良い老舗の神田まつや。この店は普段は更科蕎麦や、それをベースとした変わり蕎麦は出していないが、年に幾度か変わり蕎麦を打つ。春の草きり(よもぎ)、そして冬至のゆずきり(黄柚子)。

いつでも変わり蕎麦を出している店と違って、たまにしか打たないから、尚更それを味わいたい。そうでしょう。

まつや

続きを読む »

12月18日(土)にJR上野駅3階改札内に”エキュート上野”第1期がオープン。同じ場所にこれまでも「エキナカ」として飲食店はありましたが、その装いを一新。飲食店は5店舗。その中で蕎麦店を訪問。

二八

何と駅ナカで国産蕎麦粉を使った二八蕎麦を出すという。明らかに既存の立ち食い蕎麦とは異なるコンセプト。利便性に加えて質的な向上を目指しているようです。
駅ナカショップは、移動のついでから訪問の目的になる施設に変貌しつつあります。JRは民営化以降、積極的に駅ナカビジネスを推進して来ました。だから経営的にも赤字から脱却し、利便性も著しく向上した。
しかし、こと蕎麦に関する飲食店においては、かつてのバラエティに富んだ店の個性は乏しくなり、蕎麦好きからの評価は高いものではなかった。

名誉挽回となるか否か・・・。

続きを読む »

上野恩賜公園で開催中の「東京地酒と酒器うつわ祭り」に行って来ました。地酒と聞くと地方の蔵元を連想しますが、都内にも日本酒を製造している蔵元が幾つもあります。

寒さは厳しいものの晴天に恵まれ、上野公園には沢山の人が訪れています。


入り口

試飲中

続きを読む »

今日は上野に所用があって、このお店に。御徒町から上野の間の線路沿いの雑踏の中にひっそりと店を構える。間口は狭く、うっかりすると通り過ぎてしまう。

沙羅の花

品書き



続きを読む »

荻窪「美舟」

平日に休みが取れたので、混雑する昼時を避けてのんびりと昼酒をと思ったのですが、目的の店に振られて慌てました。あやうく蕎麦難民になり掛けて、午後3時まで営業のこの店に辿り着きました。

美舟

続きを読む »

年明けに仲間と新年会を開く予定があり、千葉と神奈川に在住者がいるので、総武・横須賀線沿線の都内でリサーチ中。錦糸町も候補地の一つ。幹事は別の人なんだが、「店を探してくれ」と。
私が探す以上は、どうせなら蕎麦屋にしたいところだが、かの「花や」が閉店していらい、付近には琴線に触れるような店は思い浮かばない。

そこで数年振りにこの店を訪問。駅からは歩いて数分だが、今では歓楽街となった通りに在って行きづらい。並びの店の呼び込みのお兄ちゃんに声を掛けられる。それを無視してズンズン店に向かう。店の外観を写真に収める余裕なし。

店の間口は狭いのですが、店内はカウンターなしで割とゆったりしています。席に案内されて、鴨焼きが入っている「そばコース」をお願いしました。

コース

続きを読む »

新橋の「本陣房本店」に行きました。忘年会シーズンとあって夜の営業時間帯は満席であることが多いのですが、幸い二人掛けのテーブル席が空いていました。カウンターがないとどうしてもグループ客に占拠されがちです。

熱燗

まずは熱燗。有名な地酒の銘柄が揃っていますが、ちとお値段が高めなので、指定なしでお願いしたら「八海山」でした。お通しは大根と鶏つくねの煮物。

白木を多用した清潔感溢れるお店のインテリア同様、店名入りの立派な割り箸。高級感を演出しています。
箸置きが出されるのは個人的に嬉しい。


続きを読む »

青山に用事があったついでに表参道ヒルズ内にある「はせがわ酒店」に寄りました。
酒販店ではありますが、テイスティングのための小さなカウンターバーが設けられています。珍しい各地の地酒やワインを味わうことが出来、珍味などちょっとしたおつまみも用意されていて、これがまた秀逸な品ばかり。
お腹は空いてないけど、チョイ呑みしたい時には絶好の穴場です。

新酒


続きを読む »

各種メディアに取り上げられて大人気の同店に行きました。前日にもテレビ番組に登場したせいか、訪問時20人程のの行列。行列嫌いの私はそれを見るや、一度は諦めかけて他店をリサーチ。
赤羽は昼から飲める大衆酒場や焼き肉、ホルモン焼きのお店が数多くあって、そちらに入ってしまおうかと思いましたが、この日はどうも昼から肉気分ではなく、また戻りました。

金字塔

続きを読む »

このお店は小田急線の喜多見駅から歩いて10分程の住宅街の中に在る。行こう行こうと思いながら、今年の新蕎麦シーズンには未訪問のままでした。真冬になると駅から徒歩では寒さが辛い。年末になると蕎麦屋さんはどこも混み合うので、行くなら今の内だと思いました。

幸いにお天気が良く、暖かい。抜けるような青空に飛行機雲が延びている。

十割

たぬき

続きを読む »

蕎麦食い仲間を集めて少人数の忘年会を開きました。来春には移転が決まっているこのお店へのこれまでの感謝と花向けの意を込めて。

菊谷

続きを読む »

今日は仲間内の新年会の場所を探しながら、何年も前からお店の前を通って気になりながら入店出来なかった「ななや」に伺いました。

ななや

黒板


続きを読む »

新橋「虎徹」

新橋の飲み屋街の中に、このお店は在る。開店してから2年程になる。手打ちの蕎麦を出す居酒屋ですが、ちょっと変わった店名です。

虎徹行燈


続きを読む »

日曜の夜は早めに帰宅して新たな1週間に備えるのが常ですが、会合が夕方で終わったので行き付けのこの店に寄りました。

フレンチベースのレストランと1杯でもOKのお手軽なスタンディング・スペースに分かれています。私はもっぱらスタンディング派。予約なしでぶらりと寄れるのが嬉しい。料理は基本的にレストランと同じ。本格的なフレンチがリーズナブルな価格でいただくことが出来ます。
スタッフはソムリエや利き酒師の資格を持ったプロばかりで、きちんとした商品説明や相談に乗ってもらえます。化粧品の対面販売と同じです。単にワインを扱っているという店も多い中で、これは特筆すべきことです。

まずは日替わりのお勧めメニューから白ワインとバーニャ・カウダを。フレンチが主ですが、イタリアン・メニューも。

バーニャ



続きを読む »

今日はフードアナリスト協会の会合があり、時間の都合もあって会場近くのこの店へ。

いわもとQ


メニュー


続きを読む »

京成電鉄の千住大橋駅の近く。有名な柏竹やぶの親戚筋の店である。我が家からはアクセスが悪いのでたまにしか伺っていないが、長年お世話になっている店の一つである。

この店は他店とは違って、例年新蕎麦への移行時期が遅い。今年は11月28日からとのこと。蕎麦は契約栽培だそうで、秋蕎麦のみと思われる。

竹やぶ

続きを読む »

住所は神田須田町ですが、私的には秋葉原のイメージが強い。万世橋を神田川沿いに岩本町方向に歩いて数分。かつては別な方が経営されていましたが、数年前に現在のお店にリニューアル。お店の内外の雰囲気は以前とほとんど変わっていません。

店構え

十割


続きを読む »

創業は江戸安政元年だそうですから約150年の歴史を誇ります。「江戸蕎麦手打處」を標榜されておりますが、二八ではなく、老舗としては珍しい自家製粉の十割蕎麦を出している。
初代の浅田甚右衛門は、中野で穀物商を営んでいたという。江戸時代の中野は地方から届く蕎麦の集積地で、当時は製粉所が数多く在ったようだ。現在でも製粉所は残っている。

あさだ


続きを読む »

新橋「多佳津」

多佳津

呑み屋が多い新橋で、近隣のサラリーマンに御用達なのがこの店だ。店頭には「そば酒房」と書かれた赤提灯。呑み屋モード全開です。

新そば


続きを読む »


Powered by FC2 Blog