FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


以前、私の勤務先がこの店から歩いてほんの数分の場所に在ったが、そうおいそれと入れる雰囲気ではない。蕎麦屋ではなく、料亭の雰囲気。サラリーマンには敷居が高い。

店名は、女将の小柳環さんの名に由来する。信州和田村の霧下蕎麦を使っている。

環

環

続きを読む »

スポンサーサイト
女優利き酒師・福山亜弥さん主催の「第47回 ほっこり利き酒会」に参加させていただきました。

会場は、お酒とは意外な組み合わせ。和菓子の老舗『榮太樓總本鋪本店』の喫茶スペース雪月花。

榮太郎

榮太樓飴や金つばなどのお菓子でお馴染みの老舗。お店の歴史は古く、1818年(文政元年)に屋台で煎餅を売り始めたのが始めだという。

続きを読む »

無化調(化学調味料無使用)のラーメンが食べたくて、都内で未訪問のお店を幾つかピックアップしていた中の一つ。グルメサイトなどでも非常に評価の高いお店。

秋葉原駅から浅草橋駅方向に歩いて7,8分。清洲橋通り沿いのこのお店。昼のピーク時を少し外しての訪問でしたが、店頭に10人以上の行列。

行列

暖簾

続きを読む »

この時期は、白身魚のぎんぽ(銀宝)の旬であちこちの店を探し回っていますが、灯台下暗し。自宅から比較的近いこの店はご主人が「築地さらしなの里」で修業されたそうで、同様にぎんぽを出しているという情報をキャッチ。開店してすぐに行きましたので、そろそろ再訪したいと思っていたところ。

あおい

灯り



続きを読む »

久々の訪問です。今回は、銀宝狙いでピンポイント攻撃。今が旬の天種・銀宝。蕎麦屋でこの食材を扱う店は限られている。都内では魚市場に近い築地・銀座界隈を中心に数店を存じています。このお店のご主人が修行されたという「松翁」もその一つ。天婦羅で有名なお店ですね。

「今日は銀宝が有りますように」と念じながら足早に店に向かう。

以前と変わらぬ佇まい。店頭の品書きに銀宝が載っていることを確認。でもまだ安心できません。電話で確認して、取り置きしてもらうべきだったか。

森の


続きを読む »

梅雨が近づいて来ると、私は気が気じゃありません。梅雨時は湿度の関係で粉物はコンディションが悪くなります。「今の内に廻っておかなきゃ」と思ってしまいます。

築地の市場に近いこのお店。運が良ければ銀宝に出会えるかもしれません。

さらしなの里

入り口横に品書きが出ています。

品書き

続きを読む »

これまで地元客を愛するあまり、ネット関係での情報提供には無関心だったご主人が友人の勧めもあって、最近になってお店のホームページやFacebookを開始。

客層に変化はありやなしや。

すが原

小体な店だが、客席の心地よさは群を抜いている。常に全ての銘柄が揃っているわけではないが、地酒が過不足なく用意されている。

地酒

続きを読む »

ワインバー「香土」で、宮川純子さん主催の集いに参加させていただきました。

ワイン好きな私ではありますが、シャンパンは乾杯の1杯だけが通例。ところが、料理に合わせて全てをシャンパンで通すという、初めての体験。シャンパン好きな方が多い女性ならでわの企画です。

香土

看板


続きを読む »

野方「和田」

大平庵が満席で、こちらへ流れました。昨年末の開店。

「美酒旬菜」という表示が良いじゃあありませんか。酒飲みとしては嬉しい。

和田

産地


続きを読む »

4月にオープンした鶏料理の「俺のコケコッコ」でランチ営業を開始。期待通り、鶏ベースの出汁を使ったラーメンを出しています。しかも5月10日までは、鶏塩湯ラーメンが50円引きの500円。
トッピングには味玉は勿論、サイドメニューには卵かけご飯もあって、卵好きには嬉しいメニューです。

店舗

限定


続きを読む »

指折り数えてこの日を待っていました。一年に数回しかない、この店で素材を練り込んだ変わり蕎麦が出される日です。この日の変わり蕎麦は「くさきり」。よもぎの節句そば。

行列嫌いの私ですが、万が一売り切れになって食べ損ねたら後悔します。それを恐れて開店時刻の30分ほど前に到着。開店前に行列が出来ることも珍しくないお店ですが、ゴールデンウィークのせいか前客一人。
幸いに良い日和。日除けの帽子と暇つぶしの新聞を持参。暫し、通り過ぎる車の音を聞きながら開店を待つ。

くさきり

続きを読む »


Powered by FC2 Blog