FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


今日は所用があって早めのランチ。11時の開店時刻を待って入店。私もこんなに早い時間の入店は初めて。

観世水

季節メニュー

続きを読む »

スポンサーサイト
このお店で「半どん会」なるものが定期的に開かれています。
半どんって何?もはや死語になりかけていますね。週休二日が定着する前には、土曜日は午前中だけ仕事をしていました。それを称して半どん。語源は、半分の土曜日だから半どんだとか、オランダ語で休日を意味するドンタクの半分だとか諸説ある。

仕事が昼で終りやあ、午後は自由時間だ。陽が傾いて来たら早めに飲み始めようじゃないか。だから夕方4時からの開始。しかも終了は午後九時まっで。閉店まで心行くまで楽しんでくださいという会なのだ。もっとも、そんなに長時間飲み続けたら懐も身体もたまりません。

店構え

続きを読む »

女優利き酒師福山亜弥さん主催の「ほっこり利き酒会」が、10/25(金)に赤坂の韓国料理「張家」で開催されました。韓国料理と日本酒のマリアージュはいかが?

テーブルにはいつもどおり、亜弥さんお手製の品書きが用意されていました。

お酒

料理

今回の蔵元は、長野県の大雪渓酒造さんです。生産量の95%が県内で消費され、県外では南極の昭和基地に採用されているそうです。
私は以前、全国の試飲会で飲んだことがあるように記憶していますが、自分で購入したことはありませんでした。

続きを読む »

雑誌「蕎麦春秋」編集長である四方洋氏が発起人となり、日本蕎麦会議所の設立大会がシーサイドホテル芝弥生で盛大に開催されました。

同会議の設立趣旨は、そばの魅力を広くアピールすると同時に、実効性のある提案を行うこと。構成メンバーは栽培農家、研究者、そば店主、製粉・飲料などの関係業者、消費者、地方自治体担当者、メディア関係者で、参加資格は「日本そばを愛する人」が条件。

会議

パネリストとして北海道幌加内のそば生産農家である北村忠一氏、小松庵の小松専務、我らが江戸ソバリエ代表のほしひかる氏らが設立に向けた思いをスピーチ。

スピーカー


続きを読む »

10月23日水曜日、酒販店「藤小西」に併設されているワインバー「プチコニシ」に於いて、営業時間中のイベントとして生ハムやサラミの販売店として有名な「サルメリア69(ロッキュー)」とのコラボが実現しました。

サルメリア69の店長自ら食材とスライスマシーンをプチコニシに持ち込んでのイートインのみの出張販売となりました。

告知

続きを読む »

蕎麦屋にとっては「蔦や」という屋号は特別な意味を持つ。江戸時代に団子坂に在った「蔦屋」が有名だ。店の周辺は藪が茂っていたため、藪蔦と呼ばれるようになった。それが今日の藪蕎麦のルーツになっているという。

このお店の存在は何年も前から知っていながら、中々入店する機会がなかった。今日はようやくの訪問。

看板

暖簾

続きを読む »

長く未訪問だったお店の一つ。理由は、夜は予約制で「竹コース」(2,500円)のみという使いづらさにある。蕎麦屋は、個人的には下駄履きでぶらりと寄れるような気軽なものであって欲しい。予約可能と完全予約制では全く事情が異なる。

のぼり

青暖簾

ランチ

新そば

続きを読む »

お店の存在は知りながらも、中々訪問する機会を得ないお店が幾つかある。そんなお店の一つでした。
「品川蕎麦の会」に名を連ねている。

仕事帰りに五反田方面から国道1号線をトコトコ歩きました。戸越銀座を過ぎて、戸越公園駅に近付く。昔なら紙の地図を頼りに探すところだが、今はスマホでネット検索もあればGPS機能もある。位置は人工衛星が教えてくれる。まるで子供の頃のSF映画を見ているようだ。それが現実になった。

駅の近くで案内板を発見。「手打」ではなく「心打」の表示。これだけで、心がときめく。既に半べそだ。

案内板

矢印に従って細い路地を見ると、静かに灯りが私を待っている。

灯り

続きを読む »

石神井台のそば畑

練馬区に在るそば店「野饗」(のあえ)では、同区内で有志によるそば栽培を行っています。都内でそばの花が咲く。その様子を見たくて、畑に足を運びました。

畑の場所は練馬区内の石神井台。お店で蕎麦を食べた後に、散歩がてらぶらぶらと歩いて向かいました。練馬区は都内でも比較的まだ畑が多く、特にキャベツの生産が盛んです。

途中でキャベツ畑に遭遇しました。

キャベツ

さあ、気が急きますが、教えていただいた住所を頼りに迷いながらそれらしい畑を発見しました。

蕎麦畑

続きを読む »

私お馴染みの同店へイベント予約を兼ねて訪問。最寄りの石神井公園駅は、10月2日に駅ナカ商業施設「エミオ石神井公園」がオープン。駅周辺は大変な人出です。

おや、路地の入口に以前は無かった案内板が出ていました。

案内板

品書き

店構え

続きを読む »

東長崎「恋由」

店の存在は知っていたものの、営業時間が昼だけとあって訪問する機会がありませんでした。今日は都心に行く気力もなかったので、こちらを初訪問。

空が晴れ渡って陽射しが強い。10月だというのに上着なしでも丁度良い暖かさ。住宅街を番地を頼りに探して行くと、それらしき看板と幟が見えました。

幟

おっ、新そばの告知。期待が高まります。

新そば



続きを読む »

都立青山公園で開催中の『ドイツフェスティバル2013』に行って来ました。イベント会場は大変な混雑が予想されたので、11時の会場を待って入りました。

青山公園

エントランス


続きを読む »

10月12日(土)夜に放送された『第2回 ハンバーガー&レトルト食品総選挙』に食の専門家による審査員の一人として参加させていただきました。

エントリーされた全品目の食品を試食し、採点・コメントを出しました。審査員はフードライター、フードコーディネーター、カレー評論家など50人。得意分野である麺類(パスタ)でのコメントが採用されてほっとしました。

私の場合は「面が割れてしまう」と覆面調査などで支障が出る恐れがありますので、ここではコメントが採用された品目だけご紹介します。

パスタ


番組のHP
http://www.tv-asahi.co.jp/onegai-gold/updated/cur/index.html#project01

続きを読む »

銀座「いけたに」

実に数年振りの訪問。店の前は何度も通っているのに入る機会を失っていました。この日は友人と会合の後に締めの蕎麦を食べたくなって・・・。

店の前はソニー通り。この通り沿いにも何軒かの蕎麦屋さんが在って、私は密かに蕎麦屋通りと呼んでいる。(笑)

いけたに

続きを読む »

練馬「176」

仕事帰りに寄りました。店名の「176」は住所の所番地であり、郵便番号でもあるそうです。何とか庵じゃないところがスタイリッシュな感じを受けますが、お店の内装は古民家再生プロジェクトにより、古材を再利用した落ち着いた雰囲気。ところがその空間にBGMはJAZZが静かに流れるという心憎い演出。

白暖簾

続きを読む »

今日は資格試験を受験。その前に開店直後の時間帯に腹ごしらえ。塩ラーメンが看板メニューだというこのお店。知名度は今一ながら、食べログのベストラーメン2012に選ばれている実力派。

らぁ麺

違い


ベストラーメン

続きを読む »

数々のレストランから絶対的な支持を集めている川田農園の無農薬野菜を使っているお店。そのこだわりの味を知りたくて訪問しました。

南池に在るカジュアルなイタリアン・ダイニングのお店「GRIP」。とてもシックな店構え。

看板

続きを読む »

初めて伺いました。この辺りは古くからの店も在りますが、新しい店も増えているようです。

こじんまりとした店ですが、とても良い雰囲気。店頭に新そばの告知。
ああ、秋ですね。

赤暖簾

産地1

どちらが今日の産地?ブレンドでしょうか。

産地2

続きを読む »


Powered by FC2 Blog