FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


ランチタイムに伺いました。場所は山の手通り沿い。「昭月庵」のはす向かい。

店構え

カレーそば

ご飯はセットではなく別料金。ちょっとCPが低い。


続きを読む »

スポンサーサイト
11月、鴨のシーズン到来である。冬場にしか鴨を出さないあの店を目指す。私にとって世界一の鴨料理。

浅草は、近くにスカイツリーが出来たことで、世界的な観光地として拍車が掛かった。以前から行列が出来る人気店だったのに、最近ではそれは避けられないものとなった。
数年前に建物の老朽化のために建て替え。高層ビルにでもすれば莫大な利益を得たであろうが、そのようにはせず、以前の風情を忠実に再現して堅固な建築にして生まれ変わった。これは中々出来ることではない。この店の歴史と伝統を受け継ぐ心意気を感じる。

並木

続きを読む »

大塚「岩舟」

池袋のお隣り大塚駅。最近駅ビルのアトレが出来て、雰囲気が一変しました。その駅前に在るのがこのお店。私が知る限り、最も”セクシーな”蕎麦屋さんだと思っています。

コンクリート打ち放しのスタイリッシュな外観。店内からは細いスリットのような窓から駅が望めます。その間を都内で唯一の都電荒川線の車両が音を立てて行き交います。

現在・過去・未来が一緒くたになったような不思議な情景。

スリット

続きを読む »

ワインのイベントで山梨に出掛けて、塩山駅前で名物の「ほうとう」を食べました。

店の壁には手打ちそばの文字もあり心が揺れましたが、折角ここまで来たのだから山梨ならではの名物を食べようと思いました。

外観

続きを読む »

私は旅行嫌いです。子供と同じで何時間も乗り物でジッとしているのが苦痛。準備も面倒。時間ももったいない。
だから、このイベントも直前まで行くかどうか逡巡していましたが、今年初めて四恩醸造さんが参加されると知って、ようやく重い腰を上げました。

このイベントは山梨県のワイン新酒祭りと言えますが、東京の日比谷公園で解された山梨ヌーボーのように1箇所にワイナリーから集まるのではなく、逆に客が生産者であるワイナリーに足を運ぼうという逆の行動パターンを求めています。

乗り継ぎ

申し込みが遅かったので目的のワイナリーは塩山駅が最寄駅ですが、受付は一つ前の勝沼ぶどう郷駅。しかも特急列車の予約状況を確認すると指定席は便利の良い便は埋まっていて、勝沼ぶどう郷駅に止まる列車は満席。仕方なく特急「かいじ号」で塩山駅まで下車して勝沼ぶどう郷駅に戻り、受付を済ませてイベント用のルートバスを乗り継いで塩山駅経由で牧丘方面を目指すという無駄の多いアクセス。

塩山駅

塩山駅前の様子。山梨県と言えば名物はほうとうと鳥もつ煮。そして馬刺し。熊本と並んで信州、お隣の甲州は昔から軍馬の育成が盛んで、馬肉が郷土料理になっている。

駅前

続きを読む »

先日参加させていただいたワイン会で、何とマタギの方と知り合いになりました。「えっ、マタギですか!」と初めは驚きました。猟師のマタギです。しかも彼は自分で仕留めた猪などを自ら調理して提供しているレストランを目白で営んでいるという。

以前からジビエ好きの私です。これは行かないわけにはいきません。
普段は1日限定1組の予約制。この日は特別イベントで一人でも参加可能。しかもお酒の持ち込みも無料ということで友人を誘って参加させていただきました。

集まった客のワインが数本。それとは別に店側で仕入れたワインから到着したばかりの四恩醸造の橙を注文。
葡萄品種は甲州だというのに何故か、その名のとおり橙色。

橙

前菜として想定外のむかご。これも私の好物。

むかご

続きを読む »

三軒茶屋で素敵なお店を発見しました。世田谷通りから東急世田谷線の線路方向に入った住宅街。恐らく、一見客はほとんど来ないと思われます。

かべや

新そば

続きを読む »

「食のなでしこコンテスト」の第三次審査の審査員として参加させていただきました。第4回目となるこのコンテストですが、今年はノミネートされた15名の方のほとんどの方が20代で、キャビンアテンダントやアナウンサーなどの職歴をお持ちの方が多く、ハイレベルな競争になっています。

なでしこ

集合写真


(社)日本フードアナリスト協会
http://www.foodanalyst.jp/nadeshiko.html




Powered by FC2 Blog