FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


あの居酒屋「塚田農場」のエーピーカンパニーが経営するそば業態。昨年5月より山形県最上郡で鴨の自社生産を開始したという。

外観

かもそば

続きを読む »

スポンサーサイト
数年振りの訪問。しかもランチタイムは始めてかも知れません。

外観

ランチメニューは、ご飯物とのセットが並びます。

ランチメニュー

続きを読む »

このお店の存在はずっと以前から知っていましたし、店の前を通ったことも何度もありました。手打ちではなさそうだし、見るからに崩れそうな古びた店舗。暖簾を潜るのはずっとためらっていました。

この日は仕事が非番で、この界隈をお店リサーチ。遂に行かねばなるまい、という気になりました。
ネットで調べたら創業は明治時代。100年を超える老舗だそうだ。

店構え

「お伺い」というのが良いですね。

品書き

続きを読む »

私は、玉子料理が大好きです。
最近の朝食ブームで注目されたのが、エッグベネディクト。それを提供するお店の一つとして、ニューヨークの朝食の女王とも言われる『サラベス』は大人気。パンケーキの人気もあって、新宿店は連日の大行列。

『サラベス』の品川店で、1月までの期間限定で提供されているのが表題の「エッグ イン ア ネスト」。これは、いわゆる「エッグスラット」のオリジナル・メニュー。
「エッグスラット」とは、ハーブやスパイスなどで味付けをしたマッシュポテトを瓶に入れて、その上に生卵を載せて湯煎し、半熟状態になったらかき混ぜてパンに載せて食べるという料理。
「エッグ イン ア ネスト」は、それをアレンジしたもので、鳥の巣にある生まれたての卵をイメージしているという。

サラベス

新宿店とはロケーションが大きく異なり、オフィス街に在る品川店は行列もなく、静かに落ち着いている。

ペーパー・ナプキン

目的の「エッグ イン ア ネスト」はメニューブックには載っていない。限定メニューなので、卓上のPOPの方に。

POP2

続きを読む »

フードアナリストの仲間からお誘いを受けて、安政4年創業の蔵元、泉橋酒造さんに見学に行きました。

この蔵の一番の特徴は、年間750石を生産する日本酒の酒米を全量自社栽培していること。酒米を自ら育てて精米し、それ加工して醸す。全国の蔵元を見渡しても稀有な存在でしょう。

全景

蔵

いずみ橋

続きを読む »

西荻窪南口の小さな飲食店が軒を並べる場所。
一本の狭い路地に以前から在る『鞍馬』、夜だけ営業でワインも出す『吉』、そしてこの『一水』と3軒もの蕎麦屋が競う激戦区。近隣にも蕎麦屋が多い。

店構え

暖簾

続きを読む »

女優利き酒師 福山亜弥さん主催の第63回ほっこり利き酒会に参加させていただきました。会場はフレンチの名店『ラ・ロシェル』。今回は、日本酒に加えてワインも味わえるという魅惑の企画。
このお店での利き酒会は、約1年半振り、2回目です。

ラ・・ロシェル

ほっこり

今回の蔵元さんは、新潟県佐渡市の尾畑酒造。真野鶴の銘柄で知られています。

ラインナップ

続きを読む »

『蔦』の支店である『蔦の葉』に行って来ました。

お目当ては、何と鴨を使ったラーメン。鴨南蛮風でしょうか?

蔦の葉

私は仕事が休みだったのでビールも注文。おっと、何だか凄いグラスが出されました。瓶1本分が丁度入ります。

ビール

続きを読む »

諸事情あって、ブログアップが遅くなりました。

年末の蕎麦屋さんは年越しそばを求める客で目の廻るような忙しさ。その通常営業終了後に、更に特定の客を集めて「秘密の蕎麦会」なるものが開催されました。光栄な事にお声掛けをいただき、私も参加させていただきました。

この日に提供される予定の蕎麦は、お店が自家栽培している手刈り天日干し(はぜ干し)の秩父在来秋そばに加え、茨城旧水府村『慈久庵』小川さんの焼畑農法・手刈り天日干しの水府在来、神奈川県秦野・栗原さん自家栽培の手刈り天日干しの常陸秋そば等、恐ろしい程のラインナップ。

オープニングは獺祭のスパークリング。特別なイベントにふさわしい。

スパークリング

酒肴の盛合せ。その後、菊谷さんからご挨拶があり、私は我が耳を疑いました。
「今宵は、12種類の蕎麦を打ちました」
何ですって!違う蕎麦を食べ比べる”利き蕎麦”がこの店のウリでもありますが、年越し蕎麦の対応で忙しい時期に、これほど多くの種類の食べ比べは前代未聞です。

酒肴

続きを読む »


Powered by FC2 Blog