FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


昨年秋の開店。この店と同じ茶沢通りには、『七つ海堂』『打心蕎庵』など優れた店が凌ぎを削る。

路庵

黒板

昼の訪問だったので、まずはビール。瓶ビールは珍しくキリンのハートランドだ。

ハートランド

続きを読む »

スポンサーサイト
食のショールーム・パルズで開催された「ぎょうざとスプマンテのイベント」に参加させていただきました。
ぎょうざと泡の素敵なマリアージュ。

パルズ

青森県田子町から「種子にんにく農園」の種子宏典氏をお迎えして、直にお話を伺い、そのにんにくを使った餃子を味わうイベント。

種子

スプマンテ

ぎょうざ専門店ではないのに、この見事な焼き上がり。勿論、たっぷりとにんにく入り。

ぎょうざ

続きを読む »

気温がやたらに高くなったので、すだちそばが食べたくなった。すだちそばを出す店は都内に何店あるが、久し振りにこの店へ。

幟

エントランス

メニュー

ランチ

続きを読む »

時々、無性にこの店に行きたくなる。この店に身を置くことが積極的に楽しい。谷中墓地のすぐ近くに在って、休日は墓参客や谷根千見物の観光客も加わって混み合うが、空いている時の心地良さは格別だ。

木造のいかにも蕎麦屋然とした店構えは風情がある。

青暖簾

昼から飲みたくて、ピーク時を外して訪問。そば茶が出される。

そば茶

日本酒も飲みたいが、まずはビール。生もあるが瓶を注文。
ラガーの大瓶という所が、クラシックなこの店らしい。

キリン

紙ナプキンも楊枝袋も店名入りの特注品。そんな所に金を掛けずに値段を下げて欲しいですか?そんな客は他の店へ行くが良い。楊枝一本に至るまで、この店にはこの店流のやり方がある。その雰囲気やサービスも含めて、トータルでこの店なりの良さに繋がる。

名入れ

続きを読む »

代官山に出現したクラフトビールの醸造所。しかもそれは大手メーカーであるキリンビールが手掛けたものだ。工業的な大量生産ではなく、小規模な施設で個性あるハンドメイドのビール。不思議な組み合わせです。

外観

外観2

代官山に醸造所を建てるような土地があるのか疑問でしたが、この場所は昔は東横線の線路が敷設されていた場所との事です。

説明

敷地内には、飲食店の他にもファッション関係のブティックも有ります。さすがはお洒落な街、代官山ですね。

施設

続きを読む »

本郷三丁目の交差点から路地を一本入った所に、実に良い店構えの蕎麦屋がある。
2005年11月の開店以来、訪問を重ねている。

駅からは近いものの、通りすがりの客が入りやすい雰囲気ではなく、黒い板壁が落ち着いた高級感を演出している。

店構え

手打ち

続きを読む »

数年振りの入店。路麵店とは思えぬお洒落な外観は健在だ。

外観

信州開田蕎麦の文字。開田高原は、蕎麦の産地として名高い。唯の路麵店でないことが伺える。

開田高原

ところが店頭には「和風ハンバーグ」と書かれており、何屋なのか怪しい雰囲気。

Aセット

何やら蕎麦屋らしかなるユニークなメニューが並ぶ。

コテリ

胡麻辛

続きを読む »

2階でラーメンバーガーを食べた後に、1階の『さいころ』で中華そばを食べました。私は小食な方なのですが、折角の機会なので、ラーメンバーガーはセットで頼まず、単品を注文。

『さいころ』では、チャーシューの量が多い、肉煮干し中華そばが看板メニューですが、チャーシューが少なめの基本の中華そばをセレクト。

IMG_8980.jpg

ガッツリ食べたい方には、ご飯物もあります。

ご飯物

この店は、私としては嬉しい事に店内禁煙です。

禁煙

続きを読む »

5月3日の開店。そろそろ落ち着いた頃かと思い、出向きました。
中野駅南口から徒歩で数分。人気ラーメン店『さいころ』の2階、元製麺室だった場所に開店しました。経営は株式会社地雷源

IMG_8975.jpg

看板

RAMEN

続きを読む »

毎年、この時期になると私は天種の銀宝(ぎんぽう)を探して天ぷら屋や蕎麦屋を廻る。蕎麦屋でも扱っている店は少ない。布常系の店なら時期になると入荷する事がある。この店でも以前に味わう事が出来た。

今シーズンになって、銀宝を出しているという情報はないが、駄目元で伺う事に。

店構え

暖簾にも「布恒更科」の文字。布恒とは布屋恒次郎の略である。かつての「有楽町更科」の南大井分店が「布屋恒次郎」という屋号だ。ここのご主人は、大井の「布恒更科」の息子さんなのだ。

赤暖簾

店頭の品書きに「季節の天だね各種」とあるが、具体的な表記はなし。店内に入れが、季節の天たねが貼り出されている。

品書き

さて、銀宝は有りや無しや?

続きを読む »

この時期は銀宝という天だねを探して、天ぷら屋・蕎麦屋を捜し歩く。この日は、既に某店に振られて2店目。次は天ぷらが有名な蕎麦屋だ。この店なら今の時期になれば出している筈。

店構えはクラシックだが、都心に在ってビルの1階に店を構える。

青暖簾

昼の訪問で、しかも彷徨い歩いたのでビール。エビスの瓶があるのはありがたい。平日は、仕事間のランチ客がほとんど。申し訳ないと思いながらもグビリ。

エビス

続きを読む »

今年も、ぎんぽう(銀宝)を目当てにこの店に伺いました。都内の蕎麦屋でも銀宝を出す店は限られています。主に布常更科系列のお店。

暖簾

昼時に伺ったので、まずはビールで喉を潤す。エビスがあるのは、個人的にはありがたい。
江戸切子のグラスが素敵だ。

エビス

オールモルトで米やコーンスターチなどの副原料を用いず、香りの要となるホップは贅沢にもドイツ・バイエルン産だ。雑味が少なく、じっくりと熟成された濃厚な素材の持つ旨味を味わえる。ガブガブと流し込むのではなく、食中酒として味わいを楽しむためのビールだ。

バイエルンホップ

続きを読む »

池袋西武本店で開催された「日本で最も美しい村展」。女優利き酒師の福山亜弥さんが「日本酒の楽しみ方」と題したトークショーを開催されると聞いて駆け付けました。

ポスター

早めに会場に着いたので、有料試飲コーナーで一杯。山形のお酒を。

花羽陽

ワイングラスで、たっぷりの量。これで300円と破格値。

ワイングラス

山形の日本酒は審査会があるようです。

審査会

続きを読む »

親しい友人と久し振りの蕎麦会。今回は、幻の津軽そばを食べにやって来ました。

袖看板

店構え

晩酌セット

続きを読む »

今年もまた、この食材の季節がやって来ました。

お目当ては、私が愛してやまない天種の銀宝。

暖簾

季節メニューはこちら。

季節メニュー

続きを読む »

開店以来お世話になっているこの店を、ちょっとご無沙汰の訪問。

外観

ランチタイムだったので汗をかいて、まずはビール。「エビスあります」

エビス

この店のグラスは、いびつな手造り。こんな所に店主のセンスが出ます。

グラス


続きを読む »

4月29日に9階屋上にフードコートがリニューアルオープンしました。

クロード・モネの睡蓮の池をを模した庭を配置、フードカートエリアでは世界各種の味で10のショップを揃え、パラソルテーブルや屋根を備えたセンターラウンジでゆっくりと味わえる。レストラン&バーも併設。イタリアンやスパニッシュなどの料理やワインなどのドリンクを味わえる。

案内

屋上

屋上に睡蓮の池と橋が出現。

橋

続きを読む »

女性に人気のお洒落な街、代官山。その駅前に在る商業施設『TENOHA』。
「味は極上、価格は日常」をテーマに、レストラン、ピッツエリア、バールを融合させた140席で様々なシチュエーションに対応可能だという。

そのレストランでフロアーを担当している小田さんに「是非、一度レストランに来てください」とお誘いを受けて、足を運びました。ランチタイムは近隣のマダムや買い物客などで混み合うので、ディナータイムが狙い目だとのアドバイス。

エントランス

エントランスからして、何ともいい雰囲気。

置き看板

ここが、口福の入り口。

外観

キャッシャー

続きを読む »


Powered by FC2 Blog