FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


ひばりが丘の駅近くに十割そばとガレットを出す蕎麦カフェがあると知って訪問しました。
中休みはなし。
ランチ、カフェ、ディナーのそれぞれの時間帯で楽しみを提供するという。

DSCF6662.jpg

店頭にメニューが各種出ています。

十割蕎麦

国産蕎麦粉のガレットも。

ガレット

季節メニューは、柚子きり。

柚子きり

続きを読む »

スポンサーサイト
友人と毎月恒例の蕎麦を味わう会。
最近の私は仕事の都合で出張が多くて調整困難。知人にご迷惑をお掛けしたりして申し訳ありません。

恥ずかしながらフードライターの端くれでもあるので、蕎麦を打つより食べることに人一倍情熱を傾ける。但し、行く店はどこでもいいわけではない。特に最近は眼鏡に適った店だけだ。自分の好みは、とうに定まっている。

外観

小体な店なので今宵は予約で一杯。一人なら滅多に予約は入れませんが、大切な友人との会合だったので予約を入れておいて良かった。

予約

続きを読む »

JR東日本が地域再発見プロジェクトとして展開している『のものキッチン』。ご当地グルメに興味を持ってもらい、その地域に足を運んでもらおうという戦略のようです。
のものキッチンは2012 年 1 月に上野駅、2014 年 3 月に秋葉原駅に地産品ショップとして開業。イートインスペースを設けて、その場で味わうことが出来る。アルコールも用意されているので、私は駅ナカの便利なチョイ呑み処として時々利用しています。

この度、池袋東口に新店舗がオープン。早速、様子を伺いに行きました。

外観

目玉商品は、ご当地のクラフトビールのようだ。

クラフトビール

お店のコンセプト。

コンセプト

続きを読む »

今日も十割そばの店に行きました。

DSCF6583.jpg

新蕎麦

産地

蕎麦


続きを読む »

グルテンフリーの食事を始めました。グルテンは小麦粉由来の粘り成分。蕎麦も繋ぎに小麦粉を使っているので、ならば馴染みの十割蕎麦の店へ。

外観

この店のBGMは、ポヨポヨ~ンとした水琴窟の音色。

水琴窟

続きを読む »

久し振りにランチタイムに訪問しました。

店構え

額

店頭に季節メニューの案内。

季節メニュー

続きを読む »

酒販店『藤小西』に併設されたワインバー『プチコニシ』に寄りました。お目当ては日替わりのグラスワインに日本産が登場。

禁煙

まずは、都内で2番目にオープンしたワインの醸造所であるフジマル醸造所 のデラウウェア。今年仕込んだ新酒です。
フレッシュ感があり、ボリュームは豊かですが優しい口当たり。

デラウエア

白ワインに合わせて選んだ料理が、ネギと青海苔のアヒージョ。意外な組み合わせ。

アヒージョ


続きを読む »

毎度お馴染み、さぬきうどんのもり家さんが新宿伊勢丹の食品コーナーに出店されています。今回は農業女子さんとのコラボだという。

コラボ

農業女子

今回のコラボメニューがこれ!

コラボメニュー

続きを読む »

立呑みの店は数あれど、天麩羅をつまみに酒を出す店が恵比寿駅東口に10月19日オープンした。ご飯のおかずではなく、あくまで酒のつまみとしてバル感覚で利用できる。

銀座や日本橋界隈の高級店だと万札は下らない。それは洗練された技術と吟味された素材があるのだろうが、蕎麦屋で庶民的な天麩羅を日常的にいただいている私には違和感が大きい。

外観

白い暖簾が掛かっているが、道に面して全面ガラス張りの店構えは実にスタイリッシュ。店内は中央にオープンキッチンの揚げ場があり、厨房と壁際にカウンターがぐるりと設けられている。

「お飲物は何にいたしますか?」と尋ねられ、メニューを見て思わず顔がほころんだ。
「赤星をお願いします」サッポロのラガー。そうだ、恵比寿はサッポロビールの城下町なのだ。

赤星

カウンターには、揚げた天麩羅を置く網箱が置かれている。良い雰囲気。

揚げ箱

続きを読む »

2012年の開店ですが、初訪問。一年を通じてタスマニア産の蕎麦を出すというユニークなお店。ご主人は、オーストラリアやシンガポールなど蕎麦店のプロデュースを手掛け、自らもシドニーで手打ち蕎麦の店を営んでいたいたという経歴の持ち主。

そのせいか、店の外観はまるでビストロのような雰囲気。

外観

現在では保冷倉庫や真空パックなどの保管技術の向上によって、夏場でも劣化の少ない状態で蕎麦を味わえるようになった。
昔は需要の多い夏場の蕎麦は「ひね」の時期に当たり、そこで並木藪蕎麦の先代が製粉会社に相談して開発されたのが、四季が逆の南半球タスマニアで栽培された蕎麦だ。

サザンクロスプロジェクト

その辺のいきさつは、人気コミック「美味しんぼ」にも題材として取り上げられている。

美味しんぼ

タスマニアで栽培されている蕎麦の種類は長野県伊那谷で栽培されているのと同じサンルチンという品種で、一般的な蕎麦と比べてルチンの量が3倍ほどもある高品質なものらしい。

続きを読む »


Powered by FC2 Blog