FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


年末になると大晦日の年越しそばは勿論のこと、大晦日以前でもそば屋さんはどこも忙しくなる。恐らくは、今年最後のそば屋さん訪問。

久し振りの訪問。開店以来、十年以上のお付き合い。

外観

続きを読む »

スポンサーサイト
今年も永田町の『黒澤』で開催された、高橋邦弘さんによる蕎麦会に参加させていただくことが出来ました。

高橋さんは今年に店舗を広島から大分県杵築市に移され、来春開業予定。
高齢とあって活動はこれまでより控えられているようです。

『黒澤』での年末蕎麦会も去年が最後かと思っていましたが、今年もその華麗な腕前をご披露してくださいました。

黒澤

予約

続きを読む »

蕎麦屋さんは大晦日の年越しそばを迎えて一番の繁忙期になります。そんな時期は落ち着かないので、今日辺りが年末最後訪問か。この店は蕎麦専門店ではなく、蕎麦が評判の和食店。雑誌『蕎麦春秋』最新号にこの店が掲載されていて、かきそばが。

あ~、食べたいと思って、矢も楯もいられずに訪問。新宿御苑近く、高級感漂う落ち着いた店構え。

店構え

続きを読む »

ゆずきりとは、柚子を麺に練り込んだ変わり蕎麦。生地が白い更科の店で出されるのが通例ですが、普段は更科ではない蕎麦を打つこの店では季節毎に期間限定の変わり蕎麦を出す。
四季の移ろいを感じさてくれます。

青暖簾

続きを読む »

鴨は日本人にとって親しい食材である。近年は飼育の合鴨が一般的となり、流通事情の進化もあって一年中味わえるようになったが、本来の旬は冬だ。寒さに備えて鴨は脂を身に溜め込む。

その鴨を今でも冬場にしか出さない店がある。それがここだ。

外観

正面は、こんな景色。
近年建て替えられた建物は、白壁の美しさがが際立つ。

看板

続きを読む »

この所、急に寒むさが厳しくなったので、鴨が恋しくなった。洋食の世界ではジビエの季節である。
蕎麦界で鴨と言えば浅草の並木藪蕎麦が有名だが、この店もそれに劣るとも優らない鴨を出す。しかも蕎麦は秀逸な手打ちだ。

まつや

ピーク時を外して昼下がりの訪問。それでも店頭には10人ほどの行列。普段は行列嫌いの私ですが、この日は覚悟しての訪問。年越しそばの時期は勿論、12月に入ると蕎麦屋さんはどこも慌ただしくなる。

冷えた身体を、まずは熱燗で温める。

熱燗

続きを読む »


Powered by FC2 Blog