FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


梅ヶ丘『そば勘』

個人的には馴染みのない街ですが、素敵なお店があるとの情報をキャッチして出掛けました。場所は、行列ができることで有名な寿司店のすぐ近くです。

外観

ランチメニューは、丼物とのセットが並ぶ。

ランチ

続きを読む »

スポンサーサイト
お盆のこの時期、営業しているお蕎麦屋さんを訪問。例年どおり、こちらのお店へ。

白暖簾

灯篭

看板

続きを読む »

2013年の開店。お茶の水「ワテラス」の3Fにあります。日本酒を数多く取り揃えているので、昼酒を目当てに初訪問しました。
お店の公式サイトには「日本酒バル」と書かれていて、「そんなこだわりの蕎麦を豊富なラインナップのお酒と共に存分にお愉しみください」と紹介文がある。

期待感が高まるじゃあ、ありませんか。

お盆と正月の都内は、帰省や旅行に出掛ける人が多いので空いています。このビルにも人影は、まばら。
店内に入ると客席はガラガラなのに、狭いカウンター席に案内されました。

カウンター

蕎麦屋なのにインテリアは洋風で、天井からはシャンデリアで飾られ、BGMはうるさい洋楽が流れています。
嫌な予感。

シャンデリア

冷蔵庫には、地酒の瓶が並んでいるのが見えます。

酒瓶

続きを読む »

今年2016年6月の開店した新店。創業60余年の伝統を誇る『尾張屋』の新業態らしい。既存店との大きな違いは2つ。

1.店名に「森そば」とあるように、内装や什器の多くに間伐材を使用。
2.蕎麦は一定時間寝かした「熟そば」を使用。

どちらも大いに興味を惹かれるコンセプトだ。それを確認しに訪問。

外観

店頭には季節のおすすめメニューが掲示されている。

おすすめ1

ランチのセットメニューに「うなぎ」ですか?蕎麦屋でうなぎとは、まるで牛丼屋さんチックですね。

うなぎ

続きを読む »

創業は天保2年という老舗にお邪魔しました。老舗でありながら私は最近まで不覚にもその存在を知らず、ようやくの訪問になりました。

外観

置き看板

店頭に日本酒の案内板。老舗の蕎麦屋さんは、ほんの数種類しか酒を置いていない店が多いのですが、こちらのお店はお酒にも凝っているようです。

酒


続きを読む »

2012年に開店した、発酵食品と和麺を中心とした和食バルです。日曜日は中休みなしで、昼飲みが可能。
バル サミコという単語には、「香りたかい」という意味があるそうです。イタリアンのお店ではありません。

外観

ランチ

麺

続きを読む »

7月30日(土)に渋谷の「デリスドキュイエール」にて、福山亜弥さん主催の第68回ほっこり利き酒会 復活祭が開催されました。
福山亜弥さんは、ご結婚と産休を経て、約1年振りの復活利き酒会となりました。

今回の蔵元さんは、紀土(平和酒造)さんです。

外観

黒板

ラインナップ

日本酒と洋食のマリアージュです。

お料理

うさ

続きを読む »


Powered by FC2 Blog