FC2ブログ

FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター
・日本のワインを愛する会

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


毎年恒例、「達磨」の高橋名人を迎えての蕎麦会に参加させていただきました。

外観

例年なら昼より少し早めの11時半に予約を入れていましたが、今回は既に予約が一杯で、ファーストロットの11時に。

予約制


続きを読む »

スポンサーサイト



毎年おなじみ、1年間に数日しか提供されない「ゆずきり」を味わうために伺いました。今回は幸い、平日に休日出勤の代休が取れたので、寒空に並ばずに入店することができました。

「ゆずきり」とは、冬至にちなんだ柚子を蕎麦生地に練り込んだ、変わり蕎麦です。変わり蕎麦は、生地が真っ白な「更科粉」を使わないと色が冴えません。普段は更科蕎麦を出していないお店ですが、それだけの技術を持っているという証でもあります。
職人の誇りを感じますね。

ゆずきり

いつもなら最初にエビスビールの「赤星」を注文するところですが、さすがの寒さに熱燗を。

熱燗

つまみには焼き鳥を。いつもなら「小田巻きむし」も頼んでゆるりとするところですが、調理に時間が掛かるので並び始めた客に長っ尻は迷惑。

焼き鳥

続きを読む »

仕事で宮城県に出張。幸いに心配していた雪は全くありませんでした。

矢本

昭和時代を彷彿とさせる駅前食堂に入りました。訪問日は木曜日。近くには手打ちのお店もありますが、定休日。
たまには、こんな店もよかろう。

青暖簾

店内には、レトロな石油ストーブで温めます。



ストーブ

卓上の調味料。地方独特のお醤油もあります。

調味料

名前もおめだたい「高砂長寿味噌本舗」。

醤油

何気にラー油のラベルを見たら、本社は私の勤務先のすぐ近くではないか。

ラー油

三陸地方一帯は、東日本大震災で壊滅的な被害を受けました。その記憶を風化させてはなりません。これは決して他人事ではなく、関東でも首都圏直下型の大地震の発生が懸念されています。

大震災

続きを読む »

江古田駅からバス路線の旅で中野駅へ。暫くぶりの訪問。

外観横

打ち場周りのカウンター席に案内されました。

打ち場

まずは瓶ビール。「とりあえずは、生ビール」ではなく、私は断然瓶ビール派だ。瓶ビールは開栓するまで品質が安定しているし、自分なりの注ぎ方が出来る。他人に任せる気にはなれない。

瓶ビール

続きを読む »

石神井公園駅の線路脇に在るこちらのお店へ。2011年の開店。ご主人は「東京そばの会」のご出身。店の入り口に看板が置かれている。店の内外は白木を基調としたインテリアで、明るく清潔感がある。

外観

看板

昼の訪問だったので、店頭にランチサービスの案内が出ていました。お蕎麦にかやくご飯と玉子焼き、小鉢の3品が付きます。これを蕎麦前にして飲んでもいいですね。

ランチ


私は糖質制限をしているのでご飯は控えたいので、今回はパスしました。

続きを読む »

お馴染みのこのお店に。

私は練馬区のPRサポーターを務めさせていただいてる関係で、最近は出来るだけ練馬区内の飲食店を訪問するようにしています。他区でご無沙汰しているお店の方には申しわけありません。

暖簾

席に案内されると、この時期は温かい蕎麦茶。これだけで気持ちがほっこりします。蕎麦屋さんはこうでなくちゃ。最近は頼まないと水も出さない店が増えて困る。

蕎麦茶

サッポロの赤星を置いてあるお店なら最初はそえを頼むが、このお店ではいつも日本酒の「四季桜」。赤星同様、どこのお店でも飲めるわけではないので必ずこれを。栃木の一茶庵縁の地酒だ。一茶庵系や翁系列のお店では定番のお酒なのだ。

四季桜

お通しは、揚げ蕎麦。頼んだ料理が来る前にチョイとつまめるのが嬉しい。

揚げ蕎麦
続きを読む »

次第に寒さが厳しくなって来ました。その寒さから身を守るため、鴨はたっぷりと脂を身に蓄えて旬を迎えます。今は飼育や冷凍技術の普及で1年中鴨肉が手に入りますが、冬場にしか鴨を出さないお店もあります。先週、雷鳥に。

売れりゃあ何でも良いではなくて、伝統的な食べ物こそ、季節感を大切にしてもらいたいものです。

品書き

抹茶切りにも心惹かれるが、冬はやっぱり鴨でしょう。

抹茶


続きを読む »


Powered by FC2 Blog