FC2ブログ

FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター
・日本のワインを愛する会

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


このお店は、2016年4月の開店。ご主人は「築地さらしなの里」で修業されたらしい。
ようやく伺う機会を得ました。

外観

蕎麦の産地と品種の表示。

キタワセ

ランチメニューは、こちら。

ランチ

もり、かけが900円。昼天ぷらは1,300円という値段設定。サラリーマンのランチとしては、いささか許容限度を超えている感がありますが、それは同時に蕎麦好きとしては、期待感が高まります。

続きを読む »

スポンサーサイト



数年前から私は糖質ダイエット&グルテンフリー食を実践していて、大好きなラーメンもパスタもずっと控えて来ましたが、テレビ番組で実に魅力的なラーメン店を知って、どうしても訪問したくなりました。

そのお店のテーマは燻製。麺も具も調味料までも燻製にしています。スモークサーモンやいぶりがっこなど燻製食材が嫌いでなかった私は興味深々。個々の食材ではなく、トータルのラーメンとしてはどんなバランスに仕上がっているのか?

外観

ランチ

燻製



続きを読む »

久し振りの訪問です。最近は仕事のスケジュールがアトランダムで、この日はランチタイムに訪問しました。

本社

場所は渋谷区の仮庁舎近く、先年建て替えられたキユーピー本社ビルの1階に在ります。

キユーピー

外観

エントランスからして風情を感じさせる、実にセンスの良い佇まい。

雷庵

続きを読む »

友人から残念なお知らせが届きました。
1954年に本格的なイタリアンピザを日本に伝えてから50年の老舗であるこのお店が、今月限りで閉店するというのです。私にとっては青天の霹靂。このお店は、ずっとそこに存在し続けるものだと思い込んでいました。

外観

昼時に訪問。幸いに待たずに入れました。

ランチプレート

ランチメニュー

イタリアンじゃない?メニューも。

黒板

ああ、閉店はやっぱり本当なんだ。

告知

続きを読む »

この店は蕎麦の美味さもさることながら、季節毎の旬の素材を使った天ぷらが実に秀逸だ。

外観

まず蕎麦茶が出される。

そば茶

朝夕はまだ肌寒いが、昼間はだいぶ暖かくなって来たのビールを。但し、これは冷やし過ぎだ。

生ビール

この日の天種は、大ぶりな山女魚。
蕎麦屋の天ぷらと言えば、穴子や海老など海の魚介類が定番だが、この店は川魚を積極的に扱っている。蕎麦は山の食べ物なので、私は川魚の方が合うと感じている。これをつまみに酒を飲むのだ。

ランチセット

ランチメニューは、ご飯もセットになっているということなので、蕎麦は少な目でお願いしました。

続きを読む »

谷根千を散策していて遭遇。不覚にもこれまで未訪問。

手打ちそば

それもその筈、昼だけの営業で不定休。

不定休

白暖簾

こんなアピールをされたら、期待感は高まります。

香る

続きを読む »

暫く前にリニューアルして、とてもシックな雰囲気に変わったこのお店へ。店内は明るく、以前よりゆったりとした寛ぎの空間に生まれ変わりました。

外観

このお店は、蕎麦店の中でも特に地酒の豊富な品揃えが特徴で酒好きをを魅了して来ました。今も酒保には名だたる銘酒の数々が。

酒保

席に案内されると、まだ肌寒い時節ながら冷たいそば茶が出されました。谷根千を歩き回って喉が渇いた客もいるだろうからこれも良かろう。寒ければ、酒なり温かい蕎麦で温めれば良い。

そば茶

続きを読む »

また、馴染みのこのお店へ。風に暖簾がたなびいています。

暖簾

このお店のインテリアは独特だ。マンションの1階というロケーションながら、インテリアは古民家再生プロジェクトによって古い民家の建築材を再利用。懐かしく落ち着ける雰囲気だ。

古材

お酒は、いつもの四季桜。栃木の地酒だ。

四季桜

この日は、つまみに味噌入りの油揚げを。

油揚げ

中身
先日、営業で外廻りをしていて偶然にお店の前を通り掛かりました。とても素敵な店構えだったので、休日にわざわざ訪問。昼時は混み合うことを見越して早めに家を出たのですが、電車がトラブルで遅れて12時頃の到着。案の定、店内は既に満席。ここ数日は少し暖かくなったとは言え、外で待つのはシンドイが我慢。

そばこころ

おすすめ

待ち

10分か15分くらい待って、店内に案内されました。カウンター席が無いようなので、後客とテーブル席を相席に。

続きを読む »


Powered by FC2 Blog