FC2ブログ

FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター
・日本のワインを愛する会

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


随分と久し振りの訪問になりました。更科の歴史ある総本家。

総本家

店頭に新そばの幟がはためいています。

新そば


このお店は、何と創業230年を迎えらたそうです。老舗中の老舗ですね。

230年

続きを読む »

スポンサーサイト



今年(2018年)8月3日に、南口の飲食店街にオープンしたばかりの新店です。ひものは、石川県輪島のいしる漬けなどを中心に厳選し、数多くの地酒を揃えています。

外観

16時から営業。仕事がお休みなら、夕方の早い時間から飲めます。

品書き

干物の他、お刺身や天ぷらなど海産物系の料理が並びます。

続きを読む »

2016年4月の開店。創作天ぷら十割蕎麦をウリにしています。神戸の「イソガミフライバル」が本店だそうで、いずれはニューヨークへの出店を目指しているという。

外観

昼の訪問。ランチタイムは11時からと早いので、混み合う12時になる前に入店しました。

ランチメニュー



続きを読む »

家族と一緒に初めてこのファミレスに行きました。「坂東太郎」とは利根川の別名ですが、このチェーン店は茨城県や千葉県など利根川流域を中心に関東で60店舗以上を展開しています。

暖簾

利根川のイメージからすると鰻料理を連想しますが、みそ煮込みうどんが看板メニューのようです。

おしぼり

自社ブランドの日本酒があったので、注文して見ました。純米酒が欠品していたので、吟醸酒を。

吟醸酒

続きを読む »

普段は、朝夕は炭水化物を控えていますが、帰省のために上野駅で朝食に寄りました。

蕎香

店名は、蕎麦の香りと書いて「きょうか」と読みます。NRE(日本レストランエンタープライズ)の経営。店舗はJR上野駅の構内に在り、形態としては、椅子はあるものの、スタンドそばのスタイル。乗り換え時間や出勤途中の短い時間にササっと食べる客がほとんどです。

ニ八蕎麦




続きを読む »

今年7月13日に開店したばかりの『蕎麦 茶のみ処 』というユニークなお店です。店構えは、どう見てもカフェ。そこで一茶庵の蕎麦教室を卒業した若い姉妹が、手打ち蕎麦を出すという。

この近辺には秀逸な蕎麦店がひしめく激戦区だ。そこに新店を繰り出すとは、大胆な挑戦だ。

外観

住居表示

玄関マット

店頭には、ランチメニューの案内が。

ランチメニュー

続きを読む »

前から気にっていた、こちらのお店へ伺いました。2016年のオープン。店内に併設された醸造場で数種類の自家製ビールを製造しています。出荷0日の限りなく新鮮なビールが味わえます。

外観

黒板

店内

続きを読む »

7月28日にグランドオープンした、山形蕎麦の専門店です。山形蕎麦といえば板そばが有名ですが、冷たいつゆの肉蕎麦も地元では愛されてるようです。

外観

冷やがけに加えて温かい蕎麦もメニューに追加されました。郷土料理の「だしごはん」も登場。

黒板

う〜ん、個人的にはアルコールがないのが残念。山形の地酒でもあればなあ・・・。

食券機

続きを読む »

今年7月8日にオープンしたばかり。看板には「蕎麦」と漢字で書かれていますが、何と中華そばと日本蕎麦の両方を出すユニークなお店です。昔は『春木屋本店』のように中華そばも出す蕎麦屋さんが結構ありました。東中野へ移転したラーメン店『きなり』からレシピを譲り受けたそうです。

外観

品書き

食券機




続きを読む »

平日のランチタイムに伺いました。駒込駅から徒歩数分、六義園の目の前というロケーション。事前に知らなけば、とても蕎麦屋さんとは思えないエントランス。

エントランス

ランチメニューの案内が出ていました。やはり丼物とのセットが中心。

ランチメニュー

続きを読む »

うっかり某店の定休日に訪れてしまい、こちらのお店へ。アトレ上野のサクラテラスに面した道路沿いにお店があります。「竹若」とは、国内外で和食を中心に多形態の飲食店を経営している企業グループです。

蕎麦家

このお店の売りは、石臼挽きの十割蕎麦と地酒のラインナップのようです。猛暑なので、まずはビール。赤星がないので黒ラベル。サッポロがあっただけでもよしとしよう。

黒ラベル


続きを読む »

暫く振の訪問になりました。開店直後から、もう20年近くお世話になっています。

白暖簾

早くも「新そば」の告知。時期的には夏そばでしょうか?

新そば

続きを読む »


Powered by FC2 Blog