FC2ブログ

FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター
・日本のワインを愛する会

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


雨の日に、外に出なくても伺えるこのお店に行きました。改札口から西友に続く通路の途中に、こじんまりとした飲食店エリアがあります。

外観

このお店の特徴は、越後名物の「へぎそば」です。ふのりという海草をつなぎに使っています。

置き看板

続きを読む »

スポンサーサイト



今年5月に有楽町のガード下に開店。日比谷で20年以上続く「トラットリアチャオ」がプロデュースした蕎麦店です。

外観

十割そば

蕎麦は手打ちの十割で、常陸秋そばのそば粉を使用しているようです。

常陸

続きを読む »

今年2月の開店。心がポカポカと温まるようなユニークな店名ですね。

外観

店頭に写真入りのランチメニューが出ています。

メニュー

丼セット


さんぽ径

続きを読む »

今年8月20日にオープンしたばかりの新店です。ビジネス街の虎ノ門。飲食店も多い外食激戦区です。
さて、その様子は?

外観

ランチ天丼の掲示。蕎麦屋なのに、やはりお米を食べたい人が多いのか。

ランチ

エントランスは、初めての人にはちょっと入りにくい割烹風。

エントランス

続きを読む »

平日のランチタイムに訪問。エントランスに「菊切り」の案内が出ていましたが、喫煙所になっていて人がたむろしているので、写真は撮れませんでした。

仕事で外回りの途中に寄ったので、お酒は我慢。いきなり「菊切り」を。桃の節句は有名ですが、9月9日は不老長寿を願う重陽の節句。これが別名、菊の節句です。古来より、奇数は縁起の良い数と考えられていて、奇数が連なる日をお祝いしたのが五節句の始まりです。

3月3日はひな祭り。5月5日は端午の節句。一年には五節句と言って、5回の節句があります。そのひとつが9月9日の重陽の節句ですが、現代の五節句の行事の中では一番地味かもしれません。

菊切り」は、菊の花びらを練り込んだ変わり蕎麦です。どこのお店でも出せるというわけではなく、生地が真っ白な更科蕎麦でなくては、練り込む材料との色のコントラストが映えません。

菊切り

蕎麦の上に菊の花びら。たくさん盛る必要はありません。こういうセンスが大切です。

続きを読む »

開店は昨年暮れの2017年12月。まだ半年余りです。最寄り駅は東西線の西葛西駅ですが、駅からは1km 近く離れていて、徒歩では10分以上掛かります。しかも営業は昼のみで、日祝はお休み。そのためにようやくの訪問です。

外観

1日限定30食です。

限定

ひまわり

続きを読む »

今年5月の開店。店名は、蕎麦産地として有名な戸隠に由来していますが、「とがくれ」と読むようです。場所は六本木の表通りから少し離れて、国立新美術館前の星条旗通りの坂を西麻布方向に中ほどまで下った道沿いです。

外観

店名

イラスト

戸隠そばの特徴は典型的な地方の打ち方で、1本だけの延し棒を使って丸く延し、盛り付けは食べやすいように少量ずつ水を切らずに束ねて「ぼっち盛り」にします。江戸そばとは大部違いますね。

続きを読む »

今年4月の開店。江戸前蕎麦と溶岩焼地鶏のお店です。こんな大規模施設に出店出来るのは大手の外食産業でしょうが、江戸前蕎麦と言われては、伺わずにはいられません。

外観

ランチメニューは、丼などのセットメニューが多し。

ランチメニュー

蕎麦は、常に2種類を用意しているという。

江戸蕎麦

続きを読む »

最近、都内では山形蕎麦を提供するお店が増えています。こちらのお店は、今年3月の開店。お店の存在は以前から存じていましたが、客席が少なくて満席が多く、ようやく入店出来ました。

外観

店の窓際には地酒がずらりと並んでいます。酒飲みには期待感が盛り上がります。

酒瓶

女性を対象としたのか、こんにゃく麺のメニューもあります。

こんにゃく蕎麦

更に、女性を中心に人気のかき氷も。

かき氷

続きを読む »

今年5月の開店。ご主人は、目黒の紫仙庵のご出身だという。飲食店が多数ひしめく、浅草橋の線路脇から少し離れた裏通り。以前にも別な蕎麦店が在った場所です。

外観

丼物とのお得なランチセットはこちら。

ランチセット

私はご飯物は必要ないので、単品のランチメニューはこちらです。蕎麦は二八が基本で、100円アップで十割に変更できます。

ランチメニュー

続きを読む »

かつて湯島に在った『湯島手打古式蕎麦』を懐かしむファンが、麻布十番で今年始めに新たなお店をオープンして、その味を再現。甘皮を挽き込んだ風味ある黒い蕎麦と、すりおろした山芋を揚げた「山あげ」を武器に蕎麦業界に殴り込んでいます。

外観

外観も内装も黒を基調とした、六本木らしいスタイリッシュな装飾。湯島のお店とはイメージが異なる。

内観

おしぼりは、升に入れた趣向。

おしぼり

続きを読む »

都内で増殖中の『日本酒原価酒蔵』。入館料を払えば、50種類を越える地酒が全て原価で飲めるという夢のようなシステムです。7月23日にオープンしたばかりの池袋店に行って来ました。

エントランス

ラインナップ

嬉しいことに全席禁煙です。お酒の味と香りを存分に堪能出来ます。

ルール

続きを読む »


Powered by FC2 Blog