FC2ブログ

FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター
・日本のワインを愛する会

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


またこの季節がやって来ました。寒さが厳しくなると外出が億劫になりますが、それを楽しみに変えてくれるのが、このお店の鴨なんばんです。今や養殖技術や流通状況の向上によって、鴨肉は一年中手に入るようになりました。だから蕎麦屋さんでは、通年で鴨南蛮を出す店が当たり前になりました。

看板

でも、この店は違う。
今や人々が忘れかけている「旬」を大切にして、鴨なら寒さに備えて脂を抱き込む冬場にしか扱わない。
「いつでもあるでは、どうにもならないでしょうから」
とかつての店主、堀田平七郎氏は1995年発行の著書「江戸そば一筋」の中で書いています。

品書き

開店は午前11時。週末は外国からの観光客も多く、行列は必至だ。
この日は、たまたま朝早くに目が冷めたので早めに家を出て、10時半頃に到着。まだモーニングの時間帯だが、既に先客数組。品書きに「鴨なんばん」を確認。お値段2千円也。
庶民のプチ贅沢。

続きを読む »

スポンサーサイト



毎年11月になると浅草を訪れて味わうのが『並木藪蕎麦』の鴨南蛮と、どぜう料理の老舗『飯田屋』さんのナマズ鍋です。

 外観

えっ、ナマズ!と驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、隠れた名品です。

なまず鍋

最近は、ナマズを扱うお店が減ってしまいました。昔は田んぼや沼に生息していましたが、近年では養殖しないと確保が難しくなったようです。

品書き

席に案内されて、店内の品書きも確認。どぜうの専門店ですから、それはいつでも食べる事が出来て当然。ナマズはそうは行きません。

品書き

続きを読む »

土浦『一成』

先日、所用で常磐線の土浦駅近くに行き昼時に初めてこちらのお店へ。新そばの貼り紙が出ています。

外観2

夜は串焼きがメインの居酒屋さんのようです。

常陸秋そば

さすがは茨城県ですね。地元名産の常陸秋蕎麦ですか。

料理

続きを読む »

日本最古のワイナリーと言われる「まるき葡萄酒」のワイン会に参加させていただきました。場所は、浜松町駅近くの「Hamachan55」です。11月3日に解禁されたばかりの山梨ヌーボーを絶品ロティサリーチキンと一緒に祝おう!という何とも楽しい企画です。

ウェルカムドリンクは、イタリア産のクパークリング。爽やかな辛口です。写真を撮る前にだいぶ飲んじゃいました。(笑)

スパークリング

前菜の盛り合わせ。この日は、同じテーブルになった方と大皿からのシェアスタイルです。生ハムメロンならぬ柿とカマンベールチーズ、驚きの沢庵漬け。実は私は家では、よく漬物にワインを合わせて飲んでいます。

前菜

まるきの最初のワインは、ロゼのスパークリング。5種類の黒ぶどうをブレンドしたアッサンブラージュです。まるで苺のような甘い香りですが、キリリとした辛口です。

ロゼ

グラス

私好みの鴨肉入りのシーザーサラダが出されました。

シーザーサラダ

何て素敵なボトルデザインなんでしょう。

ボトル

続きを読む »


Powered by FC2 Blog