FC2ブログ

FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター
・日本のワインを愛する会

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


うん十年ぶりに野田市を訪れました。若い頃に勤めていた会社はキッコーマンと関係があり、社長を本社まで車で送ったこともありました。

白暖簾

店名は古い字体で読みづらいのですが、古奈金 (こなきん)と読みます。

手づくり

12時前に到着。先客1組、後客続々、12時には満席で店外に空き待ちの客が数組。

石臼

客席の中央に鎮座まします電動石臼。自家製粉で、江戸時代は粉屋だったそうです。

続きを読む »

スポンサーサイト



札幌焼き味噌ラーメンの専門店です。焼味噌ラーメンとは聞き慣れませんが、白味噌を高温で焼いてから6時間煮込んだスープを注いで作るそうです。

外観

メニューは味噌らーめん3種類のみです。黒味噌らーめんは麺ではなくて、スープにイカスミを使っているそうです。

メニュー

今日はアルコールは控えようと思っていたのですが、サッポロクラシックがあったので飛び付いてしまいました。客席はカウンター6席のみで、ご主人のワンオペです。

クラシック

続きを読む »

外観

まるでオシャレなカフェのような外観です。白暖簾には「も」と一文字だけ書かれていますが、「もののこころ」というのが意味深な店名です。

黒板1

店頭の黒板メニューを見ると、スープは鶏白湯がメインのようです。国産食材・無化学調味料と書かれています。ヘルシー志向のようです。

丼

サイドメニューを見ると、ラーメン店なのになぜか馬肉を使った料理が載っています。これは興味を惹かれます。

続きを読む »

小樽らーめんのお店へ行きました。私が子供の頃は「どさん子」に代表される札幌ラーメンのお店が沢山ありました。最近は、北海道ラーメンのお店は以前より少なくなったようです。

外観

味噌らーめんが看板メニューのようです。

味噌らーめん

調味料と奥には小樽の地図が。一番右の青い瓶は、青のりのようです。

調味料

地図

続きを読む »

『久兵衛屋』は大手外食産業であるゼンショーグループが経営するうどん店です。うどんと言えば香川の讃岐うどんが有名ですが、同店は武蔵野うどんに代表される「つけ汁うどん」をメインメニューにしています。

某有名チェーン店と同様に各店で自家製麺していますが製麺機は全くの別物のようで、セルフサービスではないのでファミレス的に落ち着いて食事が出来ます。

外観

このお店の魅力は武蔵野うどん以外にも、川越のCOEDOビールや埼玉の郷土料理が味わえることです。

COEDOビール

裏ラベル。さわやかなピルスナータイプです。

裏ラベル

冬の季節メニューはこちらです。珍しい高級魚のどぐろもありますよ。

冬の味覚

続きを読む »

天候が不順なので、訪問予定の店を変更して駅ビル内のこのお店へ。こちらなら雨も風もお構い無しだ。駅ビルの飲食街は、開業時間に合わせて午前10時開店という店もあるが、さすがに午前10時ではモーニングかランチかわからない。平日にブランチというのもニーズが少ないであろう。

外観

常磐線沿線でありながら常陸産ではなくて、なぜか北海道産。

幌加内

ランチのセットメニューはこちら。蕎麦+丼物という定番パターン。

ランチ

続きを読む »

福島で喜多方ラーメンと並んで人気なのが、「とら食堂」に代表される白河ラーメンです。幅広の麺と澄んだスープという点は似ていますが、白河ラーメンは手打ちで手もみの麺で、縮れがより強いのが特徴です。

公設市場

千葉県の公設市場の中に『白河屋』があります。数店が軒を並べる食堂エリアのひとつで、一般の外来客も利用可能です。

平河屋


メニューは麺類のみで、ご飯物・アルコールはありません。

品書き

あつしはチャーシュー増量(300g)、あおしは逆にチャーシューなしで海苔増量。

メニュー写真

続きを読む »

目指していた某店が臨時休業の憂き目に合い、こちらのお店へ流れました。

縦看板


店構え

ランチメニューは丼物とのセット、季節メニューもあります。茨城の強度料理けんちんそばと旬の鴨なんばん。

ランチ

続きを読む »

では珍しい刀削麺を看板メニューにしているお店があります。刀削麺とは、麺生地をナイフのような小刀で削って、直接ゆで鍋に投入する独特な製法の麺です。

看板

場所は高島屋と国道6号線の間。駅から歩いて数分の駅近です。

麺メニュー

このお店は刀削麺だけの専門店ではなく、中華料理全般を扱っています。ランチメニューには、炒め物などのお得な定食もありますよ。

ランチ

続きを読む »

店名からすると外食チェーンのお店かと思っていましたが、調べたら自家製分の手打ちで、しかもご主人は伝説の平井『無窮庵 増音』の鈴木氏に師事されたとか。

看板

道沿いに大きな縦看板があり、目立ちます。手製蕎麦とは何でしょうか?手打ちであるだけでなく、玄ソバの皮剥きから製粉まで一貫して行う製法のようです。

入口

案内文

空いているテーブルに案内されて、温かい緑茶が。

緑茶

お酒は控えて、ノンアルコールビールを注文して気分だけ。

ノンアル

続きを読む »

新橋に行く用事があったので、事前に近くのお店を調べて伺いました。餃子を出すお店は多いものの、焼売をメインに吸えたお店は珍しい。

置き看板1

ランチメニューはメインの麺やカレー+焼売で1,000円とお得なセット。

置き看板2

サラリーマン諸氏を横目に、昼からビール。

ビール

調味料には、ピンクソルト。最近、多くの飲食店で見掛けるようになりました。ヒマラヤの岩塩です。

ピンクソルト

続きを読む »

北総線の西白井駅の近くに、なぜか「上州手打」を名乗るお店があります。群馬県の「上州そば」の修行をし.たご主人が平成. 3年に創業したそうです。

外観

花に囲まれたタヌキがお出迎え。

入口

日替りランチはこちら。丼物と蕎麦のセットは鉄板ですね。

おすすめ

おすすめ品もあります。

日替り

続きを読む »

土浦の駅から離れた「おおつのヒルズ」に地元の茨城産を使った自家製粉の蕎麦屋さんが在ります。

バス停

樫の木公園バス停から徒歩1分です。タクシーだと土浦駅から2,630円でした。

幟

国産の蕎麦は大きく分けて、夏に収穫される早生種の夏そばと秋に収穫される秋そばがあります。蕎麦処として知られる茨城産の蕎麦が常陸秋そばです。

外観

蕎麦屋さんらしい趣のある一軒家の店舗。

エントランス

続きを読む »

東武アーバンパークラインの増尾駅近くに石臼挽き自家製粉の手打ちそばのお店があります。

外観

店名にちなんだのか、緑色のエクステリアが目立ちます。

新そば

新そばの幟も緑色。

緑茶

カウンター席に陣取ると、温かい緑茶が出されました。

おすすめ

季節のおすすめメニューのご案内。

続きを読む »

2018年に大勝軒佐貫本店跡地にリニューアルオープン。大勝軒時代の味を引き継ぎながら、オリジナルのスープを追加、チャーシューは何と5種類も用意されています。さそや仕込みに手間が掛かると思います。

看板


素材と調理法を違えた5種類のチャーシューを用意。

黒板

食券制です。開店時刻前に到着。先客1名、後客すぐに10名ほどが行列。

食券機

昆布水あり!

昆布汁

続きを読む »

牛久市運動公園近くに、まるで高原のペンションのようなステキなソバカフェ が在ります。十割蕎麦と甘味のお店で若い女性の経営かと思うと、男性のご主人が1人で切り盛りされています。

外観

遠くからも見えるような派手な看板はなく、静かな住宅街の中にひっそりと佇んでいます。

案内板

昼から夕方までの営業です。

営業

続きを読む »

竜ヶ崎税務署の近くに蛤(はまぐり)を出汁に使ったラーメン店があります。霞ヶ浦や牛久沼が近いので、シジミの方が地域らしい特色が出そうですが、その味わいやいかが?

外観

蛤そばは無くなり次第終了。デフォルトで黒トリュフソースのトッピングが付くのでお得です。

券売機

カウンター席に案内されました。調味料はオーソドックスで、お酢やラー油があるのは餃子も出しているからです。

調味料

続きを読む »

南流山駅から徒歩で数分。初訪問です。2011年の開店だそうです。

外観

カウンター席に案内されて、温かい緑茶が出されました。

緑茶


品書きです。北海道産の蕎麦粉を使用だそうです。うどんもあるんですね。

品書き

続きを読む »

2020年10月16日開店。オープンからまだ1ヶ月足らずです。

外観

池袋大勝軒系でしょうか?

開店

麺屋こうじ直系との文字も。

置き看板

続きを読む »

戸定(とじょう)とは、松戸の旧地名です。幻の千葉在来種で打ったそばをこのお店では「戸定そば」と呼んでいるそうです。

外観


暖簾

詳しい説明はこちら。

説明

続きを読む »

北総線の白井駅 から徒歩10分ほどの住宅街に、2003年に開店した地元で人気の手打ち蕎麦のお店があります。

幟り


外観

ランチメニューが外壁に張り出されています。

ランチ1

う〜ん、どれにするか悩みますね。単品では、鴨せいろ・鴨南蛮が開業以来の看板メニューとのこと。

ランチ2

続きを読む »

契約農家から天日干しの玄そばを仕入れ、自家製粉で十割を出しています。場所は東武野田線の初石駅から徒歩十分ほど。

外観

開店時刻に合わせて訪問し、幸いにすぐに入れました。

白暖簾

温かいそば茶が出されました。肌寒くなったら温かいお茶が良いですね。

そば茶

そば茶は、保温ポットでも用意されています。

ポット

まずはお決まりのノンアルビール。

ノンアル

続きを読む »


Powered by FC2 Blog