FC2ブログ

FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター
・日本のワインを愛する会

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


茨城県守谷市にある蕎麦店を訪問しました。

案内

場所は守谷市市役所の近くです。近くにバス停がありますが、本数が少ないのでご注意を。

外観

縦看板には大きく「江戸そば一筋」の文字、お店の入口には誇らしげに「手打蕎麦処」と期待感が高まります。

手打

続きを読む »

スポンサーサイト



イオンモールつくばの近くに手打そばのお店が在ります。

看板

外観

店内はカウンター無しで土間にテーブル席、小上がりに座敷席という構成です。コロナ対策もきっちりと。

店内

続きを読む »

そば屋さんながら昔風のラーメンを出しているお店があると知って、わざわざ出掛けました。最寄駅は東武アーバンラインの逆井駅になりますが、駅から歩くとかなり距離がありますので、南柏駅から南増尾行きのバスが便利です。

小鳥の森

目標は、柏市の南増尾小鳥の森公園のすぐ近くです。

案内

商店街ではなく、住宅地にひっそりとお店を構えています。

外観


品書き

うどんとそばがメインのお店ですが、中華やうな丼などメニューは多彩です。お店の外観もレトロですが、昭和の時代にはこうした何でもありてきなお店が多かったように思います。そばの出汁をラーメンスープに使ったのが魚介系ラーメンのルーツとも言えます。

セット

天丼や親子丼とのセットは定番ですが、うな丼とは意外です。

続きを読む »

つくば市の科学万博記念公園近くに地元農産物の直売所『みずほの村市場』があります。

看板

その敷居内のあるお食事処が、手打ちそばのこのお店です。150年以上前に建てられた実に立派な農家住宅を移築して再生し、母屋の奥には大きな水車が回っています。情緒たっぷりですね。

外観

11時開店なので平日で、混み合う時間帯の前を狙って早めに訪問しました。

営業中

ためらいがちに重い引き戸を開けると、土間にストーブがお出迎え。奥に座敷席、土間にはテーブル席とカウンター席という構成です。

土間

続きを読む »

千葉駅近くに所用があり、昼時になったのでこちらのお店を初訪問。事前に近くの蕎麦屋を調べましたが、定休日や時短営業でランチはやっていなかったりでした。千葉駅周辺は再開発が進んで、もはやひと昔前の土地勘では太刀打ちできないほどの変貌を遂げています。

店頭

千葉駅西口の駅ビル内にお店があります。駅ビルの飲食店というと大手外食産業のチェーン店がありがちですが、こちらは庶民的な町中華の雰囲気です。

ホワイトボード

緊急事態宣言を受けて夜20時までの時短営業中ですが、そのかわりに中休みなしで頑張っています。ランチ難民の救世主になりそうです。

おすすめ

メニューは実に多彩で、限定品や裏メニューもあって目移りしてしまいます。

続きを読む »

常磐線の天王台駅近くの手打ちそばのお店を初訪問しました。

成田線

成田線の陸橋を渡ってすぐの交差点近くにお店が在ります。

外観

一軒家で自宅改装型でしょうか?

白暖簾

新型コロナ対策で、時短の昼のみの営業。

時短

続きを読む »

常磐線の土浦駅改札口から直結のプレイアトレ3Fのお店に行きました。

外観

餃子は中華料理店の定番ですが、このお店は自家製の焼売がご自慢です。

ランチ

セルフサービスですが、新型コロナ対策でマスクホルダーが無料で提供されています。

マスクホルダー

他店でもマスクホルダーを配布している所はありますが、こんな素敵なデザインは初めてです。

立体

くるりと筒状に丸めて、中にマスクを入れます。グットアイデアですね。

続きを読む »

先日、守谷からの帰りのバスから見えたお店を改めて訪問しました。店構えは町そば店風ですが、看板には手打ちと明記されています。

看板

手打ちなのに出前ありとは珍しい。

店構え

昼時はご近所さんで混み合っているかな?と思いながら引き戸を開けると先客なし。

店内

店内のレイアウトはカウンター無しで、土間にテーブル2卓と小上がりの座敷に6卓という昭和を思い起こさせる超クラシックな構成。

コカコーラ

絶滅危惧種のコカコーラーの瓶ストッカーを発見。どうやら現役のようだ。表に貼ってあるのは、千住ねぎについて。

品書き

壁に貼り出された品書きには、うな重や餃子まであって多彩。あ〜、蕎麦屋さんのラーメンやカレーが食べたし。

お茶

続きを読む »

取手から関東鉄道常総線に乗って、守谷駅に向かいました。

気動車

車両は今でもノスタルジックな気動車です。その代わり、ポップでド派手なペイントになっています。

キャラ

車内も駅員さんのキャラクターがお出迎え。

マンホール

目的のお店は初訪問。ネットでの情報を頼りに駅から歩いて目指します。

電柱

住所を頼りにそれらしいお店の前にたどり着きましたが、看板がなくて代わりに焼栗の木札が。

店頭

続きを読む »

コロナ禍で外出を控えていましたが、プリンターのインクを買いに出た帰りに寄りました。手賀沼のほとり沿いの道路に面してお店が有ります。

外観

このエリアは私が若い頃に仕事で廻っていた期間があり、実にうん十年振りの訪問になります。当時はまだこのお店は開店していませんでした。

産地

自家製分の十割蕎麦のようです。

十割

品書きはこちら。品数は多くはありませんが、過不足なし。

品書き

季節メニューが張り出されています。

季節メニュー

厳選された地酒が用意されています。私には危険な誘惑。

地酒

続きを読む »

外観

1月29日の肉の日に合わせて、大手ハンバーガーチェーンのロッテリアから「ジビエ鹿肉バーガー」が全国117店舗において数量限定で発売されました。

黒板

同社はご当地バーガーとして2016年から北海道産のエゾ鹿を使用したジビエバーガーの販売を開始し、2019年には大分県・熊本県産の鹿肉を使用。2021版では、日本各地産の鹿肉を農林水産省制定の国産ジビエ認証」制度の基準をクリアした長野県の工場で適切に処理した鹿肉を使用しているそうです。

ポスター

ハンバーグパティは牛肉や豚肉に比べて高タンパク、低カロリーで鉄分豊富と言われている鹿肉を全体のおよそ6割使用し、パン粉や黒こしょう、ナツメグなどの香辛料を加えてスパイシーに仕上げています。

包装

味の決め手とるソースにはエゾ鹿のひき肉を使用して、ガラムマサラや数種のスパイスをブレンドしたスパイシーな特製ラグーソースを使用し、マヨネーズ、レタス、トマト、スライスオニオン、ピクルスと共にバンズではさんでいます。

中身


クラシックバーガーのプレイスマットには、グラスフェッド飼育との説明があります。これは、牧草飼育のことです。人工飼料ではなく、放牧などで自然の牧草を食べさせる飼育法です。

グラスフェッド


公式サイト
https://www.lotteria.jp/news/000479/


続きを読む »


Powered by FC2 Blog