FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


旅行嫌いの私ですが、先週末に親族の墓参のついでに立ち寄りました。茨城県と言えば、金砂郷の常陸秋そばが有名です。その金砂郷産の種を自社の畑に蒔いて栽培し、収穫した実を自家製粉しているそうです。
但し、本業は地元産の落花生専門店「いしじま」です。

製粉所

店舗の敷地内に在る自家製粉所。建物の中では、選別機や脱穀機が唸りを立てて稼働中でした。入り口に置かれた黒っぽい袋の中身は玄蕎麦かと思いきや、脱穀した後のそば殻でした。
枕の材料になりそう。




広い店内は落花生を初めとする各種豆菓子やお土産物の販売コーナーと食事処の「そば茶屋 落花亭」に分かれています。

原料の蕎麦については物々しい口上が店内にもメニューにも書かれていますが、お店の雰囲気は至って庶民的。今回は私がこのお店を選んだのではなく、小さな子供が一緒だったので、堅苦しくないところをと同伴者の希望で決めたのでした。

原料口上

ビール

ビールのお通しには、専門店らしく茹で落花生です。炒ったものと全く違う食感ですが、非常に美味。柔らかくて消化に良さそうです。

田舎蕎麦

アップ

黒々とした田舎蕎麦。
超粗挽きの挽きぐるみ。しっかりとした腰と強い風味が感じられますが、繋がりは今一つ。異物とも言える大きな殻を挽き込んでいるのですから無理もありません。
これだけ素材にはこだわっていますが、店内に打つ場は見当たらず、「手打ち」の文字も見当たらないので機械打ちかも知れません。
観光客や家族連れには楽しいお店です。

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1046-b42d89bc


Powered by FC2 Blog