FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


いわゆる「裏渋谷」に昨年オープンしたこのお店。情報はキャッチしていたものの、中々伺う機会がありませんでした。場所は桜ケ丘郵便局の並びです。

多心

夏新

品書き



お店は駅前の喧騒から離れた静かな住宅街に在ります。店構えが、とっても良い雰囲気。大人向けの店でしょう。
店内はオープンキチンのカウンターが10席程と奥に個室があります。
厨房内にはサラマンダーやフライパンなどがあり、どこか洋風なキッチンを思わせます。

まずは、生ビール(小)を。小瓶程度の大きさかと思いきや、ワンショット・サイズでした。
お通しは、じゅんさい。肴にまず白瓜の漬け物を。

ビール


お酒をワインに切り替えました。このお店ではワインも数種類用意。私が好きな丸藤葡萄酒のルバイヤートもメニューありますが、残念ながらこの日は売り切れだそうで、他の銘柄で我慢。
肴には「ほうぼうの天婦羅」を。天婦羅で出すお店は珍しい。抹茶塩と温かい天つゆの両方が出されました。

白ワイン

途中でお酒が足りなくなって、日本酒を頼みました。福島の「大七」。すっかりチャンポンです。

大七

1合ですがグラスが小さく、升の中にこぼれるように注いだお酒の方が多いほど。

さて、蕎麦は「せいろ」を注文。
お盆に載せられたつゆと薬味のセット。箸も新しい物に交換されました。先端が非常に細く、蕎麦を挟むのに良さそうです。

お盆

せいろ

アップ

笊の真ん中に高く盛り付けられている赤城山麓産だという夏蕎麦は、緑色掛って風味豊か。。山を崩して広げてみました。
細切りで綺麗な蕎麦ですが、繋がりは今一つ。

笊


笊は円心状の網目模様が実に美しい。惚れ惚れします。

湯桶

湯桶は、温もりのある木製のティーポット型でした。蕎麦湯はゆるやかなポタージュ系。

蕎麦湯お茶


お茶も出していただきました。隠れ家風であり、お洒落で落ち着いた雰囲気。これでデザートの用意があればデートにも好適でしょう。


お店のHP
http://tagokoro.com/goannai.html
スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1054-bb90bb33


Powered by FC2 Blog