FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


開店してからまだ数カ月だという。2階に店舗が在るのは珍しい。看板からして何やらスタイリッシュな雰囲気。ダイニング系でしょうか?

2階

新そば看板

「新そば」の掲示に誘われて階段を登ると、白い暖簾が待ち受けていました。

入り口

先客なし。窓際に小さなカウンター4席と喫茶店のような洋風のテーブルが6卓。椅子は入り口に置いてあったものと同じでベージュ系。洋食屋からの居抜き物件らしい。

一人だったのでカウンターに向かおうとしたらテーブル席に案内されました。スタッフは白衣・白帽で清潔感に溢れています。
奥の厨房の横に打ち場があり、小型の電動石臼が稼働中。

おすすめ

生ビール

まずは、エビスの生ビールと過ぎ行く夏を惜しんで「とうもろこしと新玉葱のかき揚げ」をお願いしました。

出て来たかき揚げは、丸い形ではなくてこんな風。

かき揚げ

ザックリと切ってあって、とうもろこしの粒がモコモコしているのがわかります。天つゆはなしで塩が出されました。

日本酒を追加注文。

徳利

後からグループ客が入って来て煙草を吸い始めたので、お店の方にお願いしてカウンター席に移動。

限定

そば

さて、蕎麦のメニューを見ると夏の限定メニューがあり気を惹かれるが、ここは基本のせいろをと思ってみると1枚500円とは手打ちの蕎麦としては格安。

つゆ

せいろ

新蕎麦

久し振りにハッとしました。どうですか、この見事な蕎麦。最近、極端な細切りを出す店が増えたましたが、こちらでは中太でスノコの幅とほぼ同じ。
実にシャープなエッジが立っており、蕎麦にうねっとした躍動感と勢いがあります。その太めの蕎麦故に実にしっかりとした腰の強さ。緑掛った色合いの上に香りも極めて濃厚。新そばとしては実に素晴らしい。
自家製粉ですが粗挽きにせず、かなり細かい挽き方のようです。粗挽きではこのエッジ感や繋がりは無理でしょう。粗挽き好きの方にはともかく、私好み。
つゆも蕎麦湯で伸ばした時に嫌なクセがなく素直に広がりました。

湯桶


食べログ
http://r.tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13109894/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1060-d8339da3


Powered by FC2 Blog