FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


私は大の蕎麦好きではありますが、手打ちの店や高級店ばかり行っているわけでもなく、機械打ちでもそれはそれで楽しみ方があるし、立ち食いそばも稀には利用する。

最近の立ち食いそばは安価であるという大前提があるので出来ることは限られているとは言え、特に近年、そのクヲリティやサービス、店造りなどで進化が著しい。

中央区や千代田区など主に都心で店舗展開をしている「小諸そば」に行きました。昼食・夕食はほとんど外食の私は、健康を考えてせめて朝食くらいはと自宅で食べるようにしているのですが、前日にヘベレケに酔って帰宅し、炊飯の準備などする気力がなく床に就きました。

この日は出勤途中の朝そばです。

月見そば

月見そばです。玉子だけでなく、蒲鉾、青菜に刻みのりなども載っており、プチ豪華な雰囲気。このチェーン店では蒲鉾が入っているメニューが非常に多い。冷しのメニューにも刻んだ蒲鉾が具として使われています。
赤い色合いが食欲を刺激するということもあります。着色料がちょっと心配ですが。

このお店では薬味の葱は、セルフサービスで入れ放題です。好きな人は沢山入れられるし、嫌いな人は一々「葱抜きで」と注文する必要がないので親切。

葱

七味唐辛子の他にゆず七味も用意されています。小梅漬けも食べ放題。天丼などのご飯物を召しあがる方には口直しに良いでしょう。

小梅


立ち食いそばというと基本的にセルフサービスの店がほとんどですが、小諸そばでは食器を下げるのは店員さんがやってくれます。薬味やこのサービスなど、限られた範囲内ではありますが実現可能なことをこれでもかと至れりつくせりという感じです。

かき揚げ

別な日にいただいたかき揚げそば。
店によっては玉葱とうどん粉ばかりという処もありますが、こちらでは具沢山で比較的薄衣。素材感が嬉しい。
具は主役のかき揚げだけでなく、青菜と蒲鉾が脇を固めており、満足感が大きい。

パンフレットを見て驚きました。
「そばの実の中心部を挽いた更科粉(御膳粉)を使用」「かえしは、江戸そば伝統の「本枯れ節」の厚削りを使用」と書かれています。

店内のレイアウトは立ち食いと行っても訪問した店舗はカウンターを含めて全席椅子席で、明るく清潔感があります。このような店造りにしたことで、女性客が増えているという。
価格帯は牛丼店やファーストフードと競合しますが、客層や利用の仕方が微妙に違うように思います。立ち食いそば店では喫茶的な使い方が出来ない点が大きく異なります。
和菓子のメニューも取り入れて、広い着席タイプでしかも安価という業態があっても面白いかもしれません。それには今以上に女性客を呼び込まなくてはなりませんが。

女子高生にも受けるそば店。無理でしょうか・・・?。
ソバクレープやそば掻き団子のようなスウィーツを出せば、可能性はあるとは思うのですが。


小諸そばのHP
http://www.k-mitsuwa.co.jp/komorodiv/index.html
スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1098-d74add79


Powered by FC2 Blog