FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


会議で外出。地下鉄六本木1丁目駅改札口に直結した泉ガーデンタワー1階の「出雲蕎麦 いづ味」に寄りました。
以前は新宿駅東口のマイシティのレストランフロアに出店していましたが、その後、こちらに移転。

都内では珍しい出雲蕎麦を賞味出来るお店の一つです。ビジネスマンが行き交う大都会の真ん中で、島根県の郷土料理を供するお店とはどのようなものか?。

いず味




出雲蕎麦とは何か?
かつての松江藩を治めた名君、大名茶人としても名高い松平不味公が蕎麦好きであったことの影響が大きいとされる。現在の出雲蕎麦は、「割り子蕎麦」が有名。とろろや玉子など、数種類の具や薬味を冷たい蕎麦に載せて異なる味わいを楽しむ。

このお店も出雲蕎麦の店として割り子蕎麦が看板メニューだが、場所柄、季節の食材を使った肴や地酒を用意し、夜はもっぱらお酒主体となる。

蕎麦遊膳秋

店頭に「蕎麦遊膳」なる案内が出ていて驚いた。好みのお酒1杯に肴3品、蕎麦がセットで1,200円だという。いわゆるほろ酔いセットだが、場所と内容を考えれば破格値である。
一方で「秋味」と称して季節メニューの紹介。あ~、松茸の土瓶蒸しかあ。是非とも味わいたい。
吸い寄せられるように店内へ。

幸い早めに時間帯だったのでカウンター席へ案内されたと思ったら後客が続々と押し寄せ、あっという間に満席近くになりました。「蕎麦遊膳」に土瓶蒸しを別注文で加えてもらいました。

菊水

「蕎麦遊膳」は日本酒、ビール、焼酎から選択可能。日本酒をお願いしたら菊水の辛口でした。これは結構。
お通しは揚げ蕎麦に温かいあんを掛けたもの。一手間掛けていますね。

肴三品。日によって料理内容が変わるそうです。

胡麻豆腐寿司

一品目は胡麻豆腐。これは蕎麦屋さんとしては相応な品でしょう。次に来たのが全く想定外の握り寿司。
変化球でした。

三品目

三品目は「ネギトロ」。ネギトロの磯辺巻きを油で揚げ、とろろに浮かべたもの。作り置きではなくて温かい。
これは素晴らしい。蕎麦屋の料理の粋を越えているように思います。

さあて、お待ちかねの土瓶蒸しが来ました。まあ、お値段から思うにどんな松茸かは想像できますが、まあ季節を感じるにはご愛嬌。

土瓶

松茸

銀杏や鶏肉を使うお店もありますが、こちらでは鱧でした。これまた結構。松茸は食感もさることながら、その味の染み出たスープが美味い!

さて、メインの蕎麦に移ります。割り子蕎麦ではなくて、せいろです。

つゆ

蕎麦

程良い太さの蕎麦は、意外にも硬質でパキパキとした食感。最初は茹でが甘いのかとも思いましたが、そうでもないようです。
つゆは徳利なしの猪口ダイレクト。濃いめですが藪蕎麦ほどではない。割り子蕎麦だと薬味の味で蕎麦本来の味がよくわからない感じがありますが、今回は蕎麦そのものをしっかりと味わえました。

蕎麦湯

湯桶

蕎麦湯は、これまた予想に反して極めて粘度の高いポタージュ系でした。


お店のHP
http://www.izumo-soba.com/izumi/index.html
スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1105-63a9cbb9


Powered by FC2 Blog