FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


神楽坂 山せみ 

神楽坂の山せみに行きました。新そばの張り紙が出ています。

白暖簾

手打






カウンター席はいっぱいで、テーブル席に案内されました。

タオルのおしぼりが出されましたが、香り付き。他の食べ物ならまだしも、蕎麦は香りを楽しむ食べ物です。しかも折角の新蕎麦の時期だというのに、これはいただけません。センスを疑います。

まずは熱燗。澤乃井の大辛口を1合徳利で。

澤乃井

蕎麦味噌が付きますが、こちらの店のは比較的柔らかめ。濃い味付け。

つまみには「かも汁そばがき」(1,150円)を。これまたかなり濃いつゆに鴨肉とそばかきを鍋仕立てにしたもの。小さな鴨のつみれ入り。

かも汁そばがき

そばがき

山椒

嬉しいことに山椒も一緒に出されました。七味も悪くはありませんが、鴨には山椒が好きです。

お酒の追加。品書きを・・・。

酒

いずれも良いお酒ばかりですが、あまり見かけない「花垣」を今度は冷やで。

花垣

さて、折角の新蕎麦ですから、せいろを追加オーダー。

蕎麦

実にシャープなエッジ感。中太で硬質。シャキッとした食感です。香りも良く出ています。これは見事。

湯桶

蕎麦湯とお茶も出していただきました。お酒に蕎麦湯でお腹はタプタプですが、最後はやはりお茶をいtだきたい。嬉しいサービス。

鴨がお嫌いという人は、多分、冷凍の輸入品などクセのある香りと硬さに辟易してしまったからではないか。現在は蔵王地鴨を初めとする国産の手間暇を掛けて育成したブランド鴨をフレッシュな状態でいただけるし、フレンチではフランス産の窒息鴨などの逸品も味わえる。良い物を味わっていただきたいと思う。


食べログ
http://r.tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13091964/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1126-9865b897


Powered by FC2 Blog