FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


浅草橋駅から総武線の線路沿いに秋葉原方向に歩く。清洲橋通り近くの雑然とした下町の街並みの中にこのお店はある。

手打ち蕎麦の幟がはためいていますが、店名は「茶の間美登里」と少し変わっている。無農薬の野菜料理が人気で女性客が多いらしい。2001年の創業のようだ。

幟

美登里




店内は奥に厨房があり、カウンター席とテーブル席。いささか雑然とした雰囲気。厨房にはサラマンダーなどが見える。年配のご夫婦らしい方二名に迎えられた。

本醸造

まずは日本酒「一人娘」の本醸造を燗で。すると「自家製ですがどうぞ」と言って、茹で落花生がお通しに出された。聞けば茨城に畑をお持ちで、そこで作った野菜を出しているのだという。お酒も茨城の地酒だ。

野菜がウリということなので、「野菜料理セット」(1,000円)をお願いした。

すると「これはサービスです」と言いながら、小鉢と揚げ蕎麦が出された。

鰊

揚げ蕎麦

にしんの身と卵の親子漬けのようだ。揚げ蕎麦は驚いたことに温かいものが出された。かなり幅広。蕎麦は田舎風か?

野菜料理。まずは春菊ときのこのお浸し。素材の風味が実に濃く、滋味溢れる味わい。

お浸し


「これは何だか当ててみてください」。そう言われて何やら黄色いスイーツのような綺麗なお料理が。

丸

形は輪切りの大根のようでもあるが、柔らかそう。玉子の味噌漬けかとも思いましたが、それにしては形が整い過ぎている。口に運んでみると、ねっとりとした繊維質の食感。サツマイモか?
いや違う。これはカボチャではないか?

「カボチャでしょう」
「正解です!でも普通のカボチャじゃないんですよ」
茨城特産の細長い品種だという。へえ~っ。

野菜料理はまだまだ続きます。

温野菜

人参や蕪を茹でた温野菜。酢味噌風の特製のソース掛け。シンプルながら実に美味しい。

隠元豆

茹でインゲン。緑の色が濃い。香りがあります。

ここでお酒を追加。「吟醸さやか」を冷やで。

吟醸さやか


揚げ茄子

お次は揚げ茄子です。添えてある甘味噌には何やら硬質な肉片が混ぜられています。
鯨か、鹿か、猪か?

ここでメニューに「コハダフライ」なるものを発見して頼みました。小肌ですよね。酢で絞めたものしか食べたことがありません。魚のフライは好物なので注文。

コハダフライ

あやや、これが小肌?ふっくらと肉厚に揚がっています。
「タルタルソースも今作ったんで遅くなっちゃって」と女将さん。
私はマヨラーではありませんが、タルタルソースは大好き。このタルタルソースには驚きました(驚いてばかりですが)。大振りカットの茹で玉子にケッパー入り。スモークサーモンに使われる酢漬けの緑色の実です。
女将さんは洋食の心得もあるようで、只者ではありません。

「これで野菜料理はお仕舞いです」

青梗菜

青梗菜に肉そぼろ入りの味噌だれ。今度は中華風です。

それじゃ、と蕎麦を頼みました。ここまででお腹はかなり膨らんでいます。

「どうぞ」と、あれれ、またサービスのようです。

きゅうり

きゅうり漬け。パリパリと食感で美味しい。そこへもう一品!キムチ漬け。

キムチ風

ここまで来るといささかサービス過剰気味。明らかに利潤追求型の経営ではなく「食べて欲しい」という気持ちが強く伝わります。

蕎麦

アップ

「新蕎麦です」
そう言われて出された蕎麦を見て思わず息を飲みました。予想通り挽きぐるみの田舎風ではありますが揚げ蕎麦から想像したような平打ちではなく、透明感があります。
食感は歯を跳ね返すような強い腰があり、風味豊か。正直、感動しました。

湯桶

蕎麦湯が出されましたが、一緒に何と果物とデザートが。
「うちで採れた柿です」

柿

プリン

デザートはプリン。トロトロ系ではなく、昔懐かしい雰囲気のしっかりとした生地。ほろ苦のカラメルソースが絶品でした。これは記憶に残る味わい。

ふう~~っ。良く食べました。まるでフレンチのフルコースをいただいたような満足感です。お酒を二本飲んで、数々の野菜料理をいただき、手打ちの蕎麦にデザートまでいただいて、お会計は3,500円でした。
採算度外視としか思えません。自家栽培だから低価格で提供できるとも考えられますが、逆にその手間暇を考えたら信じがたい内容です。

感謝というより申し訳ないような気持でお店を後にしました。


食べログ
http://r.tabelog.com/tokyo/A1311/A131103/13049744/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1129-28aeb0f2


Powered by FC2 Blog