FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


石はら 仙川店

世田谷の松陰神社前の本店は何度か訪問していますが、支店の仙川店は初訪問。仙川は以前に知り合いが住んでいたので懐かしい場所。近くにキユーピーマヨネーズの工場が在りますが、老朽化のために来年3月には廃止予定だという。時代の流れとは言え、いささか寂しい。渋谷本社屋上の看板も省エネのためか不点灯が続いている。

仙川店は、にぎやかな商店街とは反対に甲州街道側の線路沿いに歩いてすぐの場所。

石はら

イチ押し

店の入り口の雰囲気は本店を彷彿させますね。但し、世田谷より郊外の仙川に在ってはより地域密着型のお店と言えるでしょう。
品書きには丼物などお得なセットメニューがあり、一品料理には鍋物や刺身まであり、居酒屋も顔負けの品揃えです。

周囲の客はランチメニューを頼んでいる人が多いようでしたが、私は昼酒。
「尾瀬の雪どけ」を。面白い形の片口で登場しました。お通しは山芋の梅和え。

お酒

酒肴も数多く用意されていますが、季節らしい牡蠣そばを肴代わりに注文。

牡蠣

蕎麦

大振りの変形の器に牡蠣と葱。牡蠣南蛮ですね。透明感があって腰の強い蕎麦。牡蠣の出汁の出たつゆが美味い。

薬味は七味唐辛子と並んで、京都の黒七味も。

黒七味


品書き

今宵は是非とも新そばのせいろを味わいたいと思って出掛けました。品書きを見ると「手打ちせいろ」は限定となっています。他に二八もありますが、こちらは手打ちではないようです。
私は手打ちオンリーの信奉者ではありませんが、両方を出す店はちょっと珍しい。先の牡蠣そばのように種物などは繋がりの良い機械打ちの方が適している面もあろう。

手打ち

中央にこんもりと高く盛られた蕎麦。細切りで腰もありますが、繋がりは今一つ。食べ進めると切片多し。

湯桶

蕎麦湯はかなり濃いめのポタージュ系。

このお店の感想は、可もあり不可もあり。地域住民のニーズに応えるためには致し方ないことか。

新そば



食べログ
http://r.tabelog.com/tokyo/A1326/A132601/13101814/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1138-1142de17


Powered by FC2 Blog