FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


今日はボジョレー・ヌーボーの解禁日ですね。ワインバーへ行く選択肢もありますが、今やコンビニでも販売されいる時代です。打ち合わせで外出した帰りに銀座に寄りました。辺りを少し徘徊して、気分で今宵は庶民的な蕎麦屋さんに足が向きました。

看板

店構え



銀座へは良く来るのですが、この店には数年振りの訪問。まるで時間が止まったかのような昭和時代へタイムスリップ出来ます。
看板に書かれた「軽食」の意味が未だによくわかりません。江戸蕎麦は菓子屋が片手間に始めた蒸し蕎麦がルーツとも言われますが、小腹を満たすにしても「軽食」はいささか違和感があります。

訪問時は混み合っていましたが、丁度グループ客が帰るところで空いたテーブルに。いやはや、有名ではありますが、壁一杯に所狭しと貼られた品書きの多さにいつもながら驚かされます。蕎麦、うどん、ご飯物、セット、つまみとバラエティ豊富。客の要望に応えているうちにどんどん増えてしまったのだという。
暫く訪問しない間に「イベリコ豚南蛮」などという品も出来ていて、のけぞりそうになりました。遂にこんな古めかしい蕎麦屋にまで。

寒かったので、まずは熱燗を。銘柄を指定しないで頼んだら「富貴」でした。つまみは迷った末に、この店らしい「そばコロッケ」を。

そばコロッケ

蕎麦の実が入ったコロッケ。近くの「よし田」のつみれ風のコロッケとは全く違います。ソースでいただきます。蕎麦屋でソースとは妙な感じ。

もう一品「たらこ煮」を。文字通りたらこの煮付け。日本酒にはピッタリのつまみですが、これも蕎麦屋では珍しい。生たらこも出しています。

たらこ煮

この店の看板酒「元酒」を追加。

元酒


蕎麦は何にするか。新蕎麦のシーズンではありますが、手打ちでないことは知っているので種物か。
「天南」にしました。天南蛮です。蕎麦屋で言う南蛮とは葱を使った料理のこと。
これとは別に普通の天ぷらそばもあります。小海老を並べた筏揚げだったら嬉しいのだが。

天南

望みとは裏腹に大海老が一匹。葱はたっぷりと載っています。

蕎麦

丼が大きめで、蕎麦の量がやたらと多い。蕎麦は色白で角がない。

満腹になりました。


食べログ
http://r.tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13002558/
スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1140-cde442e6


Powered by FC2 Blog