FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


蕎麦食い仲間を集めて少人数の忘年会を開きました。来春には移転が決まっているこのお店へのこれまでの感謝と花向けの意を込めて。

菊谷

この日は料理をお任せにして、まずはビールをグラスで乾杯。

最初に出て来たのは、前菜の盛り合わせ。鯖のスモークや骨せんべえなど。

盛り合わせ

ビールの次は日本酒。本日のラインナップはこちら。では、お燗の向くのは?とおたずねして「木戸泉」から始まって、次々に好きな銘柄を頼み始めました。

お酒

蕎麦屋さんでは茹で釜で燗付けする場合が多いのですが、この日は湯桶に徳利が温泉気分で浸かります。

お燗


お次の料理は、エリンギの天婦羅。

エリンギ

肉厚の椎茸など天婦羅が続きます。

椎茸

海老とカボチャ

鴨

海老とカボチャ、そして驚きの鴨肉。鴨好きの私も天婦羅は初めて。柔らかくてジューシー。これ、温かい蕎麦の具にしても美味しそうです。名付けて「天鴨ちらし」。どうでしょうか?

サンガ

手前のハンバーグのような物は、千葉県の郷土料理であるサンガ焼き。いわゆる「なめろう」を焼いたようなものとでも言えば良いでしょうか。お魚バーグですね。奥は店主のご母堂様手作りの漬け物でさっぱりと口直し。

お酒を次々に燗付けてもらうのも申し訳なく、冷やに切り替えました。
私が愛してやまない栃木の銘酒「四季桜」。”しきざくら”ではなく、濁らずに”しきさくら”と読みます。有名な一茶庵本店が栃木県の足利に在ったことから、一茶庵出身の翁系の店では定番となっています。このお店では常に何種類かの四季桜が用意されていることも私を惹き付ける大きな要因となっています。
大きな片口が出されてドボドボと。

片口

しきさくら

四季桜


玉子焼き二種。「だし巻き玉子」(定番の甘い玉子焼きと違い甘くないもの)に続いて・・・。

出汁巻き

鴨そぼろ

そぼろ

二つ目は、これまた驚きの「鴨のそぼろ入り玉子焼き」。鴨好きの私としては狂喜乱舞!

お次の料理は、何とわさび漬け三種類。見た目は違いがよくわかりませんが、それぞれに微妙に味わいが異なります。

わさび漬け

これまでで相当な数の料理がだされましたが、まだまだ続きます。

かえし煮

「鴨のかえし煮」(煮大根入りバージョン)。鴨料理三品目です。私としては悦楽の境地。豚の角煮を返し煮で出す店や、少し捻ってバーボン煮を出す店もありますが、蕎麦屋に一番ふさわしい肉は鴨でしょう。

チーズ

からすみ

チーズの味噌漬けと自家製からすみ。からすみは、異なる部位で二種類。見た目も味わいも違いがあります。

宴もたけなわとなり、四季桜の他のアイテムを出していただきました。

四季桜くらべ


いよいよ宴は佳境。粗挽きのそばがきが登場。

そばがき

う~ん、これは風味抜群。蕎麦の香りが匂い立ちます。ざらりとした舌ざわりも楽しい。

そばがきの次は主役のそば切りです。

三種

星

写真はクリックすると拡大表示されます。細切りの蕎麦の中に星が飛び散ります。三種類の産地の玄蕎麦をドイツ製の臼(トム臼)で挽いてブレンドしたものだという。これには唸りました。

更にもう一種類。

在来

アップ

こちらは対照的に穏やかな表情。

この日は在来種主体。雑誌dancyuには在来種特集の欄に秩父在来で掲載されています。在来種好きの私にはこれまた嬉しい限り。在来種は小粒で倒伏しやすく収穫量が少ないなど栽培が難しい面がありますが、野性味があり、咀嚼すると強く湧き上がって来る甘味が魅力的です。

いやはや、よく飲み、よく食べました。正に飲み食い。
この日集まった蕎麦食い仲間は、意外とも言えるほど蕎麦の好みが一致していることで嬉しい驚きがありました。
流行に流されず、自分のスタンスはぶれない。そんな百戦錬磨のつわもの揃いでした。


お店のHP
http://plaza.rakuten.co.jp/osmsobano1/
スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1158-d426b0b8


Powered by FC2 Blog