FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


新橋の「本陣房本店」に行きました。忘年会シーズンとあって夜の営業時間帯は満席であることが多いのですが、幸い二人掛けのテーブル席が空いていました。カウンターがないとどうしてもグループ客に占拠されがちです。

熱燗

まずは熱燗。有名な地酒の銘柄が揃っていますが、ちとお値段が高めなので、指定なしでお願いしたら「八海山」でした。お通しは大根と鶏つくねの煮物。

白木を多用した清潔感溢れるお店のインテリア同様、店名入りの立派な割り箸。高級感を演出しています。
箸置きが出されるのは個人的に嬉しい。


「たいわた」を頼みました。鯛の塩辛です。日本酒の肴としては大変結構ですが、予想外に量がたっぷりで驚きました。塩分摂り過ぎが心配。

たいわた

蕎麦は香りを楽しむ食べ物です。だから一般的に蕎麦屋では生臭さを嫌って生魚は出しません。本陣房グループの店では本格的な手打ち蕎麦を出しますが、蕎麦屋というよりは蕎麦居酒屋でしょうか。刺身も出します。全面喫煙可。お酒がメインのようです。

冷酒

お酒を今度は冷やでお願いして、肴をもう一つ、鴨好きな私はこの季節限定の「治部煮」を。金沢の郷土料理ですね。料理名の由来は、考案者の名前とも、ジブジブ煮る音からとも言われています。石田治部少輔三成を連想してしまうのは私だけでしょうか。

治部煮

鴨肉

この料理のポイントは、鴨肉を煮る前に小麦粉をコーティングしてツルリと食感にすることです。片栗粉をまぶすと書かれているレシピもありますが、片栗粉は煮汁に溶け出してドロドロになってしまいます。
つゆはサラリ、鴨はツルリとした食感の違いが美点でしょう。

しっかりとした蕎麦前をいただいたので、そろそろ蕎麦を。この店では基本のせいろの他、太打ちの田舎蕎麦、季節の素材を練り込んだ変わり蕎麦を出しています。
二種盛り、三種盛りもありますが、お腹が膨れたのでせいろのみを。

つゆと薬味

小せいろ

せいろ

せいろは、江戸蕎麦のクラシックスタイルとも言われる小せいろ二枚盛りで一人前。つゆはかなりの濃い口で濃厚な出汁が香ります。
この店の蕎麦はいつも腰が強く、シャープなエッジ感を持ちながら、たおやかさも併せ持つ。本陣房で修行して巣立った蕎麦職人も多数いらっしゃいます。

湯桶

使い古された湯桶が良い雰囲気。同じ湯桶をこれまで何人の人が使ったことでしょうか・・・。


お店のHP
http://www.honjinbou.com/honten.htm
スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1162-3c0851e0


Powered by FC2 Blog