FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


東長崎「吉㐂多」

お店のことは以前から知っていたものの中々伺う機会がありませんでした。

西武池袋線の東長崎駅から徒歩1,2分。銭湯の真前です。お店は道路から少し下がった半地下。店頭に酒瓶が並べられているあたり、酒飲みの期待感が高まります。

半地下

店頭



給料日前だからでしょうか。先客なし。店内はカウンター席数席と小上がりのお座敷。カウンターの上には、唸るような素晴らしい地酒の数々。いずれも蕎麦には好適とされる銘柄ばかり。

地酒

神亀酒造の「真穂人」を選びました。つまみには珍しい「めひかりの一夜干し」を。ところがその前に、ボリュウムのあるお通しが二品も。品書きを恐る恐る見返すと、何とこれで200円也。これは凄い。

お通し

めひかり

めひかりは、漢字で書くと目光り。その名の通り、生では大きな透き通った輝くような目が特徴。福島県沖など獲れますが、実が柔らかく、素人が網で焼くとボロボロになってしまいます。クセガないので、蕎麦前にも良いでしょう。

蕎麦屋さんには珍しく、銘柄豚の「梅山豚」(メイシャントン)の説明書きが置かれています。フレンチのビストロやトンカツ屋さんで食べたことがありますが、蕎麦屋さんでは初めてです。

梅山豚

では、折角なので「梅山豚せいろ」なる品を。

つゆ

蕎麦

アップ

梅山豚は残念ながら小さな肉片で、濃いめのつゆに煮込まれているせいか、しっかりとした食感。おつまみに焙りがあったので、肉の旨味を堪能したい方はそちらの方が良いかも。

手打ちの蕎麦はやや太め。見た目からして艶やかで美しい。噛むと実に強烈な腰の強さにびっくり。実に良いお蕎麦です。切片など全くない見事な繋がり。手打ちとしては量も充分。

そば茶

蕎麦湯の後には蕎麦茶も出していただけました。旨い酒と肴、そして素晴らしい蕎麦。言うことありません。

楊枝

ご馳走様でした。これはまた行かずばなるまい。楽しみが増えました。


食べログ
http://r.tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13105080/
スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1216-7d728712


Powered by FC2 Blog