FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


今年1月31日のオープン。池袋にはこれまでスペインバルやビール系のチェーン店などを除いて、ワインを気軽に楽しめるお店が少なかった。私的には 、ようやく待ち望んでいた形態の店が出来たという感じ。
場所は、本のジュンク堂の裏手を少し奥に入ったところ。

ゴッチス

看板

店の前まで行くと、開け放たれた厨房の窓越しに「いらっしゃ~い!」と威勢よく声を掛けられました。

店内はオープンキッチンの厨房を囲んだコノ字型のカウンターとテーブルが数卓。驚いたことにカウンターの客は私以外は全員女性でした。仕事帰りに気軽に食事に立ち寄れる雰囲気があります。手元のメニューの他、黒板に料理やワインが書かれています。

まずは白ワインのシャルドネをグラスで注文。ソーセージとフライドポテトを。

シャルドネ

フライドポテト

先にフライドポテトが来ました。細切りの典型的なフレンチフライ。個人的にはカントリースタイルだともっと嬉しい。

ソーセージ

ソーセージはホワイトタイプで、ジューシー。マスタードが美味しい。

栄養バランスを考えて、ピクルスを注文。何とキュウリの1本漬けです。

ピクルス

ここでワインをお代り。シチリアのネロダーボラ。好みのワインです。

赤ワイン

メインディッシュは、このお店ご自慢の角煮。

角煮

和風でも中華風でもなく、きちんと洋風の料理に仕上がっていますが、添えられているワサビのペーストでいただきます。箸でホロホロと崩れるほどに柔らかく煮込まれて極めて美味。

3種類用意されていたパスタの中から「マグロのスモークと深谷ねぎのペペロンチーノ」。

ペペロンチーノ

一見スープパスタかと思いましたが、オイリーでマグロはやや固め。深谷葱は千寿ねぎとならんで関東では代表的な白ねぎです。私は蕎麦屋で鴨と葱はよくいただいているので、出来れば筒切りにして表面を焼いて香ばしくして甘味を前面に押し出した方が好みです。女性には写真のような調理法が食べやすいかもしれません。

壁にボトルワインの品書きが書かれていましたが、どれも4,000円前後とお手頃。気軽に寄れて楽しく飲めるお店です。キャパは多くはないので、グループ客は予約必須です。


食べログ
http://r.tabelog.com/tokyo/A1305/A130502/13122199/
スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1222-81a64f02


Powered by FC2 Blog