FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


久々の訪問です。この近辺はよく通るのですが、一人でぶらりと入るような雰囲気じゃない。この日は仕事の打ち合わせを兼ねての予約訪問。

赤坂の路地裏に残る古民家を改造したお店。

白暖簾

先に店に着いたので、待ち人が来るまで先にビールを。蕎麦屋の定番、お通しは揚げ蕎麦だ。揚げ蕎麦を見て、太さとか色々チェックしてしまいますねえ。

エビス


すぐに連れが到着。とりあえずビールで乾杯してから日本酒と肴を。連れは定番の「京にしんのやわらか煮」、私は季節メニューから「春野菜の天婦羅」「稚鮎天」。天婦羅が重なるが、春の山菜と稚鮎は毎年この季節の楽しみだ。

京にしん

山菜

稚鮎

天婦羅は、いずれも塩添え。この季節、ほろ苦い食べ物は春の活動期の到来を身体に知らせる。

この店の日本酒のラインナップが良い。「九平次」「緑川」「黒龍」など蕎麦の香りや味を邪魔しない、スッキリとした純米系が揃う。
今回は酒器に驚いた。おやおや銀色に輝く金属製だ。

酒器

お酒をお代りして、だし巻き玉子を追加。やはり蕎麦屋の玉子焼きは旨い。

だし巻き


打ち合わせに加えて四方山話などをしているうちにラストオーダーの時間が近付いたので蕎麦を注文。

つゆ

田舎

今回は敢えて「生粉打ち」を注文。太打ちの田舎風ですが、粉の挽き方は細かく、うねるような躍動感がありながら鋭いエッジ感があり、繋がり良く、強烈な腰の強さ。これは見事だ。

蕎麦湯

蕎麦湯は、ご覧のようなどっしりとした陶器で出される。ポタージュ系でした。
連れは蕎麦に詳しい人ではありませんが、このお店の雰囲気と酒と料理にいたく感激。私は大いに面目を施すことが出来ました。


食べログ
http://r.tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13024654/
スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1247-22f1a5a4


Powered by FC2 Blog