FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


先月の開店。そろそろ落ち着いた頃かと思い、訪問しました。これまで長野県内に3店舗を構えていましたが、東京へは初出店です。経営は何と、あの「男前豆腐」シリーズを扱う三和豆水庵だそうだ。
豆腐料理が中心かな?などと思いながら、お店を目指す。

エントランス


入り口の看板に「蕎麦ダイニング」と書かれてあったとおり、このお店は個人や家族でが経営する古典的な蕎麦屋さんとは全く趣を異にします。店内は広く豪華で、場所柄もあって高級感があります。
BGMはJAZZが流れている。

品書きを見ると料理は信州サーモンや馬刺しなどが並び、意外にも豆腐料理は冷奴などはなく、巧みにアレンジされている。

お酒は各種地酒が並んでおり、その中から宮城の「伯楽星」のうすにごりをチョイス。おやっ、「本日のお通しです」と告げられて置かれたのは二段重ねの小さな重箱。

重箱

上段には、タラコでしょうか?小さな魚卵が入ったゼリー寄せ。下段は鶏肉。粕漬けを炙ったものか。このお店の力量を示すような実に力の入ったお通しです。

上段

鶏肉

料理は、信州ユキマスの刺身を注文。信州サーモンもありましたが、東京では更に珍しいこちらを。

ユキマス

ユキマスは、サーモンと違って白身で鯛かブリのような見た目で、しかもこりっとした食感で甘味があり、嫌なクサみは感じられない。

お酒のリストには日本酒の他にワインも実に数多くの品が載っており、サンセール、ゲヴェルツ・トラミネール、それに小布施まで揃っている。中々見事なランナップ。
小布施をグラスで所望したが、今夜は無いという。有る物の中からニュージーランドのピノ・ノワールをお願いした。つまみは赤ワインに合わせて蕎麦味噌の杉板焼きを。信州というと白味噌を思い浮かべますが、これはご覧のように赤味噌。

焼き味噌


ピノ

もり蕎麦を頼みました。蕎麦のメニューは昼と夜では異なるようです。

高山そば

アップ

蕎麦は、繋がりも腰もまずまず。つゆは個性的な香りで、味は塩気が強い。

タイミング良く蕎麦湯が出されたが、その湯桶の異形に驚いた。ティーポット?

蕎麦湯

食後、洗面所を使ったら用事や耳かきなどが用意されていた。高級フレンチの如し。
蕎麦マニアにはどうかと思いますが、ダイニングとしてデートや女子会には格好の雰囲気でしょう。

夏季休暇



お店のHP
http://www.timelyhit.ne.jp/kouzantei/index.html


スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1310-fd7c9a08


Powered by FC2 Blog