FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


今年は日本蕎麦の「冷やがけ」が一部でブームになっているようだが、ラーメンの世界でも冷たいスープの冷やしラーメンがある。山形の冷しラーメンが有名だが、坂内でも以前から冷しラーメンを出している。

坂内

増量

ビール(中瓶)とお目当ての冷しラーメンを注文。麺の増量サービス中だそうだが、これに加えて従来から日祝を除いてランチタイムは小ライスがサービスだ。両方を尋ねられたが私は大食漢ではないし、最近ではウエストが気になるのでどちらもご遠慮した。
アルコールを控えれば良いのだが、こればかりはドクターストップが掛るまでは止める気はない。量だけは控え目を心掛けよう。坂内では、ラーメン店としては珍しく会津の日本酒も用意している。和風のつまみがないのは残念。他の客の注文で、カップ酒(会津ほまれ)もあることに初めて気が付いた。

チャーシュー

麺より先に温められたチャーシューが来た。辛子ではなくわさび添え。和風冷しだからか。これをつまみにビールをいただく。まるでローストビーフをホースラディッシュでいただく気分。実際、チューブ入りの安価な練りわさびにはホースラディッシュを使っている製品が多い。「何ちゃってワサビ」だが、それを知った上でもこうした楽しみ方はある。温かいラーメンの時はあまり感じなかったが、チャーシューだけを食べてみるとかなり味が濃い。

冷しラーメン

ほどなく麺が来た。澄んだスープには氷が浮かんでいる。冷たいスープだと脂分は固まってしまうので、さっぱりとした味わいは東京ラーメンが郷土食である私には、共通したテイストで実に好ましい。

麺

喜多方ラーメン特有のもっちりとした平打ちの熟成多加水麺は食べ応え充分だ。

坂内はチェーン店ということもあり、いわゆるラーメンマニアが並ぶようなお店ではないが、他のチェーン店と比較しても客の年齢層が高いように思う。この日もは中高年の客が多かった。女性の一人客も多い。
その年配客の一人が「スープを薄味で」と注文していた。恐らくは塩分を控えたいのだろう。先ほどのチャーシューの味付けの濃さを思い出した。

世は健康志向の人が増え、ダイエットブームでもあるのだ。若い男性客だけのターゲットにした店ならともかく、年配客も多い坂内では、従来とは違ったサービスが求められるのではないか?
麺の増量やライスサービスは旧態然とした内容だ。小盛りメニューや「薄味ラーメン」があっても良いかもしれない。

7月12日からは、コンビニのローソンで「和風冷しラーメン」を発売したそうだ。
8月25日からは、みぞれ大根とゆず胡椒を使った「みぞれラーメン」が期間限定で販売されるという。復活祭と名付けた期間限定クーポンも配布されている。

個人的には、蕎麦屋のようにお酒ももっとゆっくりと味わえると良いのだが。そうすれば年配客の来客頻度も増し、回転率は落ちても客単価は上がるのではあるましか。フランチャイズで家族経営も多いように見受けられるが、アルバイトで良いから若い女性の店員さんに接客して欲しいと思うのは私だけだろうか・・・。その方が女性も入りやすくなると思うのだが。


「喜多方ラーメン 坂内・小法師」のHP
http://www.mensyoku.co.jp/index.htm
スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1313-67355b7e


Powered by FC2 Blog