FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


フードアナリスト仲間に誘われて、9月14日(水)にグランドオープンするシュラスコレストラン「バッカーナ銀座」のレセプションパーティーに出席しました。

シュラスコとは、今でも車載式屋台でお馴染みのブラジルのバーベキュー。大きな肉の塊を巨大な鉄串で豪快に炙り、これまた大きな専用の包丁で切り分けます。

CIMG0771_20110914001005.jpg

場所は、銀座8丁目。資生堂パーラーの裏手になります。店舗はビルの地下1階で、吹き抜けの明るいエントランス。

エントランス

店内は茶系の木材をふんだんに使った落ちたインテリア。60坪、80席を擁する。お肉は焼き立てをテーブルでサービス。別にサラダやデザートはビュッフェ・スタイルでお好きな物をお好きなだけ召し上げることが出来る。

食器


オープニングレセプションではありましたが、長ったらしいスピーチはなし。開始時間に合わせてお店を訪れると、既に専用マシンで各種の肉が焼き上げられていました。屋内のレストランなので、キャンプのようなバーベキュー設備とは異なります。

シュラスコマシン

豪華なサラダ・バーの様子。

サラダバー

温料理

オリーブ

↓これは巨大なチーズです。

チーズ

各種デザートも充実。

デザート

お肉の準備が整うまで、まずはサラダをたっぷり。

サラダ

お酒は、せっかくなのでサトウキビから作られたブラジルの国民的蒸留酒「ピンガ」とライムのカクテル「カイピリニャ」を。お好みで甘味を調節可能。甘味抜きもOKです。私はそれを。

カイピリーニャ

さて、いよいよ焼き立てのシュラスコが登場。最初はソーセージから。

ソーセージ

次は大きな肉の塊が。香ばしい香りが食欲をそそります。牛肉、豚肉、鶏、しかも様々な部位が用意されています。肉を切る時は、客がトングで肉を掴んで自分の皿に盛ります。

カット

ソーセージ

↓これはガーリックステーキです。私の好きな赤身。

ガーリックステーキ

赤身

お次は、グッピン(背中のコブ肉)。柔らかくて脂が少なく、あっさりとした部位です。

グッピン

コブ肉

次々といろんな種類の肉が出させるので、この辺からは記憶が定かではありません。

カット

薄切り

次はまた赤身の見事な肉が・・・。「アルカトラ」と呼ばれるサーロイン/ランプ肉。極めて柔らかくてジューシー。肉汁が溢れます。

アルカトラ

シズル

肉の表面にたっぷりと岩塩をまぶしたポーク。これも旨い!

ポーク

適度な脂

おっと、ここで賑やかな音楽が流れて、ショータイムが始まりました!

ショー

サンバ

踊り


宴はまだ続きます。

↓これは何と焼きパイナップル。香りが立ちます。

パイナップル

「フェイジョアーダ」黒豆の塩煮込み

フェイジョアーダ

三種盛り

緑色の野菜は青汁の材料になるケール。カッサバとタラの煮込み。

まだまだお肉が回って来ます。

肉

牛肉

スペアリブも来ました。

スペアリブ

そろそろデザートを。お好みで選べます。

デザート


チョコレートファウンテンも登場。ドリンクもフリーです。

チョコレート


う~、満腹です。基本的に草食男子の私には、まとめて一週間分くらいの量のお肉でした。お腹がびっくりしていますが、とても美味しかった!
肉食女子にもお勧めです。心行くまで堪能してください。


お店のHP
http://bacana-ginza.jimdo.com/


スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1339-c7a0e4ff


Powered by FC2 Blog