FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


観光客で賑わう浅草寺の門前。観音通りの「雷門満留加」に行きました。新そばの張り紙が出ています。

暖簾

見本

品書き

今日はハッキリしないお天気でしたが、思ったより気温が上がりました。まずはビール。

飲み物

品書きには銘柄が書かれていませんでしたが、場所柄を考えれば予想通り。私は酒も銘柄をしきりと気にしますが、酒を飲まぬ友人からはソフトドリンクの銘柄もきちんと伝えるようにと言われています。彼はサイダーの銘柄が気に掛かると言う。

ビール

ゆっくりと蕎麦前をいただきたいところですが、週末の観光地ともなれば次々に客が訪れます。ビールと一緒に蕎麦を頼みました。季節メニューの「松茸そば」(1,500円)です。

松茸そば

蕎麦

松茸は、どうやったらこんなに薄く切れるのかと思うほどの薄切り。これじゃあ、独特の歯応えは楽しめませんが、お値段を考えれば致し方ない。むしろ松茸が脇役に徹してくれれば、蕎麦が主役の面目が保てるとも考えられる。

丼

一般的なラーメン丼とは違い、和食の麺丼は開口部が狭くて高さがあります。丼の中でつゆが対流するのだという。煙突のような効果で香りが立ちます。最近は、ラーメン店でこの形状の丼を使うことが増えた。これは和風出汁を多用する結果ではないかと思われる。開口部が広いと動物性の脂が浮き上がって蓋をすることになりますから。だから味や香りを撹拌するためにつゆの対流が必要となる。逆に昔風の東京ラーメンなら脂が少なかったので、その必要はなかった。チャーシューなど大きな具を広げるには大きな開口部が必要だ。

つゆは思ったほど真っ黒なほど濃くはなく、松茸の味が染み出て飲み汁として実に美味しい。蕎麦の風味はよくわからず。

私が食べ終えて外に出ると、車椅子の方がお店に入られようとされた。同伴の方が先に入られて「ベビーカーも駄目だってよ」と言いながら出てこられた。
浅草は世界的に有名な観光地であることは言うまでもない。年配客や外国の方も多い。身障者に対する対応や、トイレを男女別にすることなど、まだまだ未解決の問題は多い。料理がどうこうの前に、飲食店としての有り様が問われている。

それがホスピタリティだ。巡礼者を泊めるようなサービス精神が。

お断り


お店のHP
http://www.maruka.net/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1370-f35f5825


Powered by FC2 Blog