FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


旧「菊谷」の店舗を引き継いだ「野饗」(のあえ)で、師弟対決とも言える新蕎麦を食べ比べる会が催されました。

野饗

食べ比べ

いつもは気ままにぶらり訪問が多い私ですが、この日はしっかりと事前に予約しました。暖簾をくぐると既に満席。しかもお弟子さん達も大勢応援に駆け付けていました。

先代の菊谷さんが利き酒師であることに加えて、野饗の現在のご主人は酒に関するライターだったという経歴の持ち主。だから日本酒のラインナップは充実しています。ところが、ちょっと気になるビールが用意されています。
それが、練馬金子ゴールデンビール

ゴールデンビール

つまみは、おまかせ五品盛りを。これはお通し。蕎麦の実です。

お通し

すぐに五品盛りの最初の料理が来ました。盛り合わせではなく、一品づつ。異様に驚きました。黒い粒々は畑のキャビアと言われるとんぶり。柔らかな葛練りです。

とんぶり

日本酒に切り替えます。選んだのは「千代むすび」。やはり蕎麦屋に日本酒は欠かせません。

千代むすび

次の料理が来ました。小松菜と桜えびのお浸し。何だかほっとします。

お浸し

次は二品盛り合わせ。里芋のきのこみそと、九条ねぎのぬた。きのこみそには驚き。里芋はプンと鰹節の香り。だし汁で茹でているようです。味は付けずに特製のこのみそで味わう趣向。

里芋とねぎ

少し客席が空いてきたのを見計らって、お酒をぬる燗で追加。

燗酒

五品盛りの最後は、秋鮭。鮭好きの私は嬉しい。

鮭

さて、いよいよ主役の蕎麦を。二種類の利き蕎麦です。

つゆ

最初に出されたのは緑の色が鮮やかな「野饗」の栃木産の十割。いかにも新蕎麦らしい香りと味わい。

栃木

続いて「菊谷」の新潟産の十割。こちらは十割なのにボソボソせず、非常に弾力があります。

新潟

二枚の比較。

比較

実に楽しい催しでした。菊谷氏を始め、懐かしいスタッフともお会い出来、思い出に残りそうな夜になりました。


お店のHP
http://noae.exblog.jp/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1397-38db15af


Powered by FC2 Blog