FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


冬になると恋しくなるのが、ここ「おくむら」の鴨汁だ。場所はNHKの西門前。渋谷駅からは少し距離がある。センター街を抜けて、商店が少なくなったその先。北風を我慢しながら辿り着くと、冷えた体に熱々の鴨汁は地獄に仏のような気にさせてくれる。

おくむら

平日の昼時を除いては、比較的静かな店だ。駅から離れていることが幸いして、ほとんどが常連客か局関係者だ。

この店に来たら、真夏以外は迷わず日本酒を注文する。種類は多くはないが、「四季桜」や「東北泉」など蕎麦に良く合う酒が置かれている。

寒かったので、燗酒を頼む。燗なら本醸造が好適だ。「四季桜」のはつはな。

からすみ

日本酒には焙ったからすみが付く。私はこれが大好きだ。洋食でもパスタに用いたりするが、シンプルにスライスして焙るのが一番。

そしてお目当ての鴨汁。鴨肉は並木藪のような大きなものではないが、一口大に切られているので食べやすい。たっぷりの葱。つゆはいつも溢れんばかりにすり切りいっぱいだ。よくこぼさずに運べるものだと妙な関心をする。

鴨汁

熱々で、いつも上顎を火傷する。これを頼むと食べ終わるまで時間が掛かり、蕎麦だけの客には何人も抜かされることになる。酒の追加は、どうしても冷やになる。風邪など吹き飛んでしまうだろう。

つゆを全部飲み干すと腹はダボダボになるわ、塩分は取り過ぎるわという事になるので、途中で蕎麦を注文。

せいろ

この店には鴨南蛮はあるが、冷たい蕎麦の鴨汁蕎麦は品書きにない。私はいつも途中で蕎麦を頼んで、勝手に半分は鴨汁蕎麦にする。

蕎麦

蕎麦は、常にせいろと田舎の二種類が用意されている。田舎が人気のようだが、今回はせいろで。細切りで、量もたっぷり。後から来た客は「鴨南蛮を田舎で」と通な注文。田舎は50円増しで可能だ。

湯桶

今日もご馳走様でした。

来るときは渋谷駅から、帰りは地下鉄の代々木公園か小田急の代々木八幡駅、元気があればJRの原宿駅まで歩くのが私のルートだ。

地球温暖化の影響か、今年は落葉が遅い。銀杏並木は黄葉の真っ盛りだ。

黄葉

食べログ
http://r.tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13007314/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1407-92cc8d32


Powered by FC2 Blog