FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


練馬「176」

今日はクリスマス。2011年も残り僅かとなりました。

人伝にご主人が体調を壊されているとお聞きし、店の様子を伺いに出向きました。これまで、このお店にも随分とお世話になりました。

176

まずはお酒。いつもどおり、私の好きな四季桜をぬる燗で。この店では客席中央の大テーブル横の長火鉢に鉄瓶が掛けられ、徳利を湯煎して燗をつける。電子レンジでチンなどとは心意気からして異なる。効率的ではないかもしれないが、そうした手仕事こそ蕎麦屋の本分ではないか。

徳利

軽いつまみを求めて、焼きみそを。

焼きみそ

少し遅めの昼酒なので、あまりのんびりする時間がない。蕎麦を頼む。注文したのは、つけとろ。泡立てたとろろにつゆを合わせ、蕎麦をつけて食す。とろろは蕎麦のつなぎにも使われるだけあって、相性は抜群だ。

つけとろ

蕎麦

蕎麦は、江戸蕎麦のそれよりも心持ち太め。それだけに、しっかりとした腰と食感。簀子(すのこ)とほぼ同じくらいか。

簀子

どこぞのお店から引き継いだものだろうか。使い古された趣のある湯桶。

湯桶

会計を終えて帰りしな、凛として打ち場に立つ若い女性を見た。店主のお嬢さんだ。今やこの店を背負って立とうとする希望の星。今日の蕎麦も彼女が打ったものだろう。

看板


食べログ
http://r.tabelog.com/tokyo/A1321/A132102/13015824/


スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1411-23aa936b


Powered by FC2 Blog