FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


普段は、もっぱら麺類ばかり食べている私ですが、友人に誘われて南インドカレーのお店を訪問しました。場所は八重洲地下街2番通りを京橋方向に歩いてすぐという、迷路のような地下街の中でも比較的わかりやすい立地。
今年9月の開店。無添加、ローファット。塩分も少なめのヘルシーなカレーだという。

エリックサウス

グランドメニュー

最近は街中でもやたらとカレーのお店が増えたように感じますが、南インドカレーのお店は少ないようです。
ビリヤニ?、ミールス?。馴染みのない単語が並びます。 カウンター席に案内されて、まずは飲み物の注文を。

アルコール

おや、ワインもあるのですね。ちょっと気を引かれながらも折角なので、インドのビール「キングフィッシャー」を。

キングフィッシャー

さてさて、カレーのメニューはどんなものがございますか?

カレーメニュー

チキンやマトンのカレーはお馴染みですが、サンバルとは珍しい。南インドの家庭的な菜食カレーだそうです。北インド料理が油やバター、生クリームなどを多用するのに対して、南インド料理は野菜や豆など中心に油の使用は極めて控えめで、ヘルシー志向だそうです。これは特に女性には嬉しいですね。

ライス

ライスとチャパティのメニュー。インドカレーでお馴染みのナンは北インド料理だそうで、この店では出していません。窯焼きのナン&タンドーリチキンにカレーというこれまでのインドカレーのイメージとはかなり異なります。

色々な味を食べ比べしたくて、セットメニューからエリックミールスと連れは菜食ミールスを頼みました。エリックミールスは、本日の野菜カレーに加えてもう2種類のカレーが選べるというので、マトンとキーマをチョイス。

3種類の調味料が用意されています。

調味料

3種類

真ん中の漬物は、和食で言えば梅干しのような存在で、カレーを食べた最後にライスとこの漬物で締めるのが一般的だそうです。素材は大根でしたが、成熟していない青いマンゴーや青梅などでも美味しく出来るそうで、味は梅干し同様、塩が効いています。
ピクルスはキャベツ。かなり甘い味付けで、いわば甘ラッキョウの代わり。口直しに良いですね。

ほどなく待望ののカレーが来ました。

エリックミールス

カレーは前述の3種類。ターメリックと香り米の2種類のライス、豆を材料にしたドーナツ、真ん中に載る薄い丸いものはパパドという揚げせんべい。更にはケラル風のキャベツの炒め物トーレ、セモリナ粉を練り上げたアジア風そばがきのウプマ、ソースとして使う無糖ヨーグルトなど盛り沢山。

黒板

キーマ&マトン

手前が挽肉のキーマカレー、奥がマトンカレーです。キーマは脂肪分の少ない部位を使い、辛さ控えめでマイルドに仕上げています。マトンの方は、スパイシーで何とも言われぬ旨味が引き出されています。これは美味しい!

香り米

タイ米とは違う最高級インド米のパスマティライス。より細長く、ふんわりとしています。掛けられているのは豆を挽いたスパイシーな、きな粉のようなふりかけでご飯が進みます。
ドーナツ型のものはワダ。ウラド豆を素材にパクチーやブラックペパーなどを加えて甘味を入れずに揚げたもので、青唐辛子のソースが合います。このソース、グリーンチャトニーが非常に美味。単に辛いだけでなく、ミント・生姜・コリアンダーなど各種スパイスをブレンド。

青唐辛子

説明

混ぜて

カレーは味別に個別の容器に盛られていますが、いろんな味を混ぜて食べても良いらしい。

キーマカレー

野菜カレー

揚げせんべいのパパドを砕いてライスにトッピング。パリパリとした食感が楽しい。

ヨーグルト

ライスにヨーグルトを掛けて食べるという日本人の感覚ではちょっと驚きの食べ方ですが、ヨーグルトは甘味が加えられていないので、カレーとの相性は抜群。さっぱりといただけます。

サンバル

これが、サンバル。豆と野菜を煮込んだ南インドのおふくろの味とも言うべき料理。サラッとしていて酸味があり、辛味のあるスープのようなものです。

ミールス

連れが頼んだミールズ。この盆には静謐さと華やかさ、それらの美しい調和を感じます。

デザート

本日のデザート2種類。このお店は中休みがないので、デザートとチャイでティータイムというのも悪くありません。

ダル・パヤッサム

ダル・パヤッサム。ココナッツを使った温かいお汁粉風のデザート。何だかホッとします。

チャイ

飲み物は、チャイをお願いしました。スパイス入りです。

連れが頼んだのは、インド風アイスクリームのマンゴークルフィー。ねっとりした食感で濃厚な味わい。

マンゴークルフィー

マドラスコーヒー

マドラスコーヒー。ミルクを高い位置から何度も注いで作る、いわばハンドメイドのカプチーノ。これも美味しい。

驚きと喜びの連続。カレーは今や日本の国民食になっていますが、本場のインドカレーは奥が深い。ことに南インド料理はまだ馴染みが薄いだけに、これまでのインドカレーのイメージを一変させるようで、誠に新鮮です。
メニューの種類が豊富なので、これは何度も再訪しないと全てを味わい尽くせません。


お店のHP
http://www.enso.ne.jp/store-information/erick-curry.html

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1414-22895133


Powered by FC2 Blog