FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


7月で退職されることになった杉山料理長が腕を振るう月替わりの「野菜料理を食べる会」に参加させていただきました。

内 容
・杉山料理長の野菜料理のコース
・蕎麦(いつもは出し惜しみして使ってない希少なお蕎麦を打ちます)
・日本酒(5勺)3杯

これが行かずにおれるものか。希少なお蕎麦とは・・・? 期待感が膨らみます。

幟
この手の催しはすぐに予約が埋まってしまうほどの人気なですが、今日は意外なほど空いていました。顔見知りの常連さんはお見掛けせず、他のお客も少な目。皆さん年末年始で飲み疲れたのでしょうか? 

「今日はこんなお酒があります」とご主人がメニューに載っていないお酒を並べました。
うひゃひゃ。どれにも蕎麦屋酒には好適な地酒ばかり。

酒瓶

おっ、群馬泉か。最近遭遇してないなあ。これを燗でお願いしました。菊谷さんも交えて新年のご挨拶を兼ねて乾杯! 初めてお会いするご夫婦と相席となりましたが、蕎麦とお酒が好きな者同士。すぐに打ち解けて話が盛り上がりました。

徳利

最初に運ばれて来たお料理は、おろした蕪の葛あんかけ。蕪の甘味が出て口当たりが良く、やさしいお味。

蕪

次の料理は、赤芯大根の大根餅。辛くはありません。もっちりとしたお餅のような食感。

大根餅

お酒を追加。この店定番の「四季桜」。体が温まったので常温に切り替えました。

四季桜

あれれ、知らない内にワインも置くようになったらしい。山形のタケダワイナリーのベリーAと長野県の小布施ルージュ。試しにまずは赤だけだを出してみるのだという。気にはなるが、四季桜だ。

料理は次のお皿。正月気分が残る盛り合わせ。

盛り合わせ

手前は紅白なます。奥の盛り合わせ、手前の黒い粒は、むかごの塩蒸し。時計廻りに鴨ロースト・セリ入りの出汁巻き玉子、くわいの揚げ煮、その他。お酒が進みます。四季桜の揃いぶみ。

四季桜


次は、海老芋団子と蕎麦がきの白味噌仕立て。蕎麦がきを味噌仕立てでいただくのは初めてですが、実に結構なお味。蕎麦の香りが嬉しい。

白味噌

同席のご夫婦は、こちらのお酒を「篠峰」。

お酒

お次は、驚きの料理。水菜と数の子のゼリー和え。これを見たら、ワインが飲みたくなりました。我が愛する小布施のワイン。

ゼリー和え

小布施

さて、宴もたけなわ。いよいよ蕎麦の登場です。小盛りで2種類が用意されていました。

蕎麦

最初は、新潟産の蕎麦。極めて豊かな香り。食感は腰がありながら、もっちりとした弾力もあります。

アップ

今日のつゆは出汁が濃厚で、やや甘味が強い。

二枚目

鹿追

2枚目。比較的似たような蕎麦だが、1枚目よりはやや香りは控えめ。その代り、良く噛み締めると甘味が強烈に湧き上がって来る。これは他でもない、在来種の特徴だ。聞けば、私が最も好きな産地である北海道の鹿追産で、一昨年に収穫したものだという。言わば「ヒネ」だが、実に秀逸な味わい。

更にデザートが用意され、香り豊かな柚子ゼリー。

柚子ゼリー

お酒、野菜料理、蕎麦、デザート。どれも実に見事な味わいでした。至福の時を過ごさせていただきました。

杉山料理長は7月で退職され、栃木県の今市市に移られるそうだ。今後のご活躍を期待したい。
ありがとうございました。ご馳走様でした。


お店のHP
http://plaza.rakuten.co.jp/osmsobano1/


スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1420-5744274d


Powered by FC2 Blog