FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


巣鴨の「菊谷」で驚きの自家栽培蕎麦の第1回収穫祭が開催されました。予約制で12名限定。秩父の自家畑で蕎麦を栽培し、8.7kgの収穫があったという。何人前の蕎麦になるんだろうか?

お店に着くと既に何人かは先に着いておられ、顔見知りの方も。

店構え



今回のイベントは、お任せで酒肴数品、蕎麦は秩父産の蕎麦と食べ比べでもう一枚。お酒は3合程度を一升瓶で出すと趣向。
この日、用意されたお酒は定番の「四季桜 黄ぶな」の他3種類。一升瓶で出されたお酒を廻して、蕎麦猪口にグビグビと注ぐ。

上喜元

最初に出されたお料理は、鴨汁で煮た白菜。ご主人の義父の畑で無農薬で栽培したものだそうだ。白菜の甘味、鴨の風味が出たつゆの旨さ。

鴨汁白菜

初しぼり

春霞の初しぼり。新酒のフレッシュ感が魅力です。旨味が非常に強く出ています。

葛饅頭

とんぶりの葛饅頭。柔らかな葛の中にプチプチとしたとんぶりの食感面白い。

奈良萬

穴子の煮こごり。口の中で煮こごりがスッと溶けます。奈良萬は、奈良ではなくて福島県喜多方市に蔵元があります。スッキリとした味わいで燗酒に好適。

煮こごり

衝撃的な更科の揚げそば。揚げそばはお通しとしては定番だが、更科とは前代未聞。素揚げなので、蕎麦の甘味を感じます。

揚げそば

お次の料理は、ど~んと天婦羅の盛り合わせ。大振りな牡蠣とタラの芽。冬来たりならば春遠からじ。

天ぷら

続いて自家製の燻製盛り合わせ。鯖と鶏肉。鶏肉は1つがナラの木のチップ、もう一つが蕎麦殻を燻製のチップに使用したそうです。他にクリームチーズの返し漬けなど。

盛り合わせ

燻製やチーズが出て来たので、ワインが飲みたくなりました。こちらのお店では最近ワインも出すようになりました。しかも今宵は我が愛するココファームの農民ロッソがありました。発酵食品同士なので、相性は抜群です。

農民ロッソ

怒涛のように料理が続きます。鴨の返し煮。

返し煮

今回メインの秩父産自家栽培の蕎麦を使ったそばがき。そばがきの盛り合わせは初めて見ました。

そばがき

ここまででかなりの量の料理をいただきましたが、いよいよメインの蕎麦が出されます。

さらしな

これが驚きの更科。やや太目でしっかりとした食感。

さらしなアップ

蕎麦1

これが秩父産。在来種ですが比較的大粒だそうで、香りもしっかりとあり、噛み締めると強い甘味が湧き上がって来ます。

1アップ


もう一種類。こちらは冨山産の在来(だったかな?)。酩酊していて記憶が怪しい。

蕎麦2

香りは穏やかですが、しなやかな食感。

2アップ

う~、満腹です。

湯桶

そば湯の後にお茶もだしていただきました。

お茶

大いに飲みかつ食べ、蕎麦について語らいました。
ご馳走さまでした。


店主のブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/osmsobano1/
スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1425-519077f3


Powered by FC2 Blog